重曹で健康な体を手に入れよう

4月 8, 2016
重曹は、美容、健康に、そして家事などに昔から重宝されています。 その未知数とも言える可能性を探るために、世界中では現在でも様々な研究が続いています。

ベーキングソーダと呼ばれることもある重曹は、がんや糖尿病などの慢性疾患をはじめとする、多くの疾患の予防と症状の改善に役立つと言われています。

本記事では重曹の持つ特性と健康効果についてご紹介します。

重曹の健康効果

juusou2

腫瘍学者の一部は、重曹が腎臓や肝臓などの重要な臓器への化学療法と放射線治療の副作用を軽減する効果があると述べています。

アシドーシスやその他の関連疾患の症状を緩和するときに、水に重曹を少量溶かしたアルカリ性飲料が使われることがあります。

また、重曹をヨウ素や塩化マグネシウムなどの物質とと組み合わせることで、様々な医療処置の役に立つとも考えられています。

重曹の主な利点の1つは、体内を自然にアルカリ化させる作用です

こちらの記事もご参考に:体内をアルカリ性にするための生活改善

体内が酸性に傾くと、より多くの病気や疾患が起こりやすいと言われるのは、私たちの細胞は、弱アルカリ性の環境でより良く機能するという事実からです。

そのためには、食生活を改善して血液中の適切なpH値を維持することが欠かせませんが、ファストフードなどの不健康な食生活やライフスタイルなどが体内に酸性環境を作り、それが様々な疾患につながります。

体のpH値が酸性になると、癌、胃炎、骨粗鬆症、糖尿病、心臓病などの慢性疾患のリスクが大きくなります。

この点で、重曹は組織内の血管を拡張することにより、多くの酸素の運搬のを助け、体内のpH値を正常にまたはわずかにアルカリ性に戻すのを助けて、私たちの健康の強力な味方になります。

特に重曹は、関節炎、痛風、インフルエンザ、腎臓結石、糖尿病などの深刻な疾患の予防に役立つと言われています。

こちらの記事もご参考に:腎結石とたたかう6つの自然療法

juusou3

経済的で安全、かつ効果的な重曹は、常に正確かつ適量を使えば、私たちの健康を促進する自然療法として活用することができます。

ただし重曹をはじめとする自然療法を開始するときは、まずは医師に相談し、現在の健康状態や服用薬などに悪影響を及ぼさないかを確認することが大切です

一部のケースでは、重曹が、のどの渇き、頭痛、足の腫れ、虚弱といった副作用を引き起こす可能性があります。

絶対に知っておきたい重曹を使った自然療法5選

あなたへおすすめ