氷食症:氷や冷たい飲み物への欲求

氷食症は、氷を食べたい、または氷のように冷たい飲み物を飲みたいという欲求です。氷食症は何で構成され、その影響はどのようなものがあるのでしょうか? この記事では、それについて詳しく説明します。
氷食症:氷や冷たい飲み物への欲求

最後の更新: 09 8月, 2021

氷食症は、氷を食べたい、または氷のように冷たい飲み物を飲みたいという欲求です。神経障害や精神障害が原因である可能性があります。しかし、この状態が発生する以前に何の病気もないのに、単に冷たい製品を食べることで得られる快感を求める人のケースも報告されているのです。

その結果どのようなことが起こり、原因はなんなのでしょうか?

以下では、冷たい飲み物の摂取がどのような影響を及ぼし、なぜ氷食症が発症するのかを見ていきます。また、冷たい飲み物の摂取が健康であるかどうかを明らかにします。

冷たい飲み物を飲むことの効果

冷たい飲み物を飲むことによる健康への悪影響の可能性について警告する科学記事はありません。

しかし、『European Journal of Applied Physiology』に掲載された記事によると、冷たい飲み物を摂取すると、体の体温調節に変化が生じると言います。ただし、中長期的にどのような変化があるのかは不明です。

一方、非常に低い温度で食物を摂取すると、熱発生とカロリー消費が増加すると主張する人もいます。 しかし本当のところ、この程度の増加は、減量ダイエットにおいて十分なほど重要ではないようです。

氷食症
冷たい飲み物の消費による有害な影響についての証拠は見つかっていません。しかし、いくつかの研究は、それが体温調節に変化をもたらすことを示唆しています。

氷食症の起源

この執着には、複数の原因がある可能性があります。その1つには、有機体の鉄の不足、言い換えれば、貧血に苦しんでいる可能性があります。 実際、『World Journal of Surgery』に発表された研究は、この健康問題を冷たい飲み物を飲みたいという欲求に関連付けています。

さらに、減量手術を受けた患者は、このタイプの障害に苦しむリスクが高い可能性があります。また、妊娠中の女性においてもこの状態は比較的よく起こるかもしれません。しかし、 ニューメキシコ大学医学部の専門家は、非経口的に鉄溶液を投与することでこの問題を解決できると主張しています。

氷食症は健康上のリスクを引き起こさない

この現象に関連する貧血の存在によって引き起こされる可能性のある問題を超えて、氷食症自体は中長期的に危険ではありません。患者が氷を噛みたいという願望を感じた場合にのみ、この状態は危険な場合があります。

この習慣は、歯茎の進行性の衰弱と口腔の健康問題を引き起こす可能性があります。さらに、科学者は氷の頻繁な消費を虫歯や口腔細菌感染のリスクの増加と関連付けています。

ただし、他の強迫性障害と同様に、患者は治療を受ける必要があります。そのためには、原因を特定し、問題の根本的な解決策を提案することをお勧めします。貧血の場合、治療法は鉄やビタミンB12の摂取量を増やすなど簡単です。

ただし、この状況が心理的または精神医学的問題の一部である場合、問題はより複雑になります氷食症は、一部の自閉症の子供や脳の発達に問題のある子供にも発生する可能性があります。このタイプの場合、治療には、教育者の存在が重要な役割を果たす学際的な治療が含まれます。

一方、子供が室温または高温でもゆっくりと飲み物を飲むことに慣れるように、栄養士が一連の方策を提供することもできます。このようにして、野菜クリームなどの栄養価の高い調理済み食品を拒否することを回避します。

氷食症
この障害は健康被害とは見なされません。ただし、角氷を過剰に食べると、歯の問題を引き起こす可能性があります。

続きを読む: 虫歯の原因とは?

氷食症:覚えておくべきこと

氷食症は、氷を食べたり冷たい飲み物を飲みたいという強迫観念を引き起こす病気です。これは通常、体内の鉄欠乏症の存在に関連しているため、貧血の状態に関連しています。妊娠中の女性に比較的よく見られます。

しかし、医師はそれを脳の発達におけるある種の問題と関連付けることがあります。自閉症の子供に現れるかもしれません。そしてそれはその解決をさらに複雑にします。原則として、氷を頻繁に噛まない限り、健康上のリスクを伴わない習慣です。

この習慣をずっと持っている人は、口関連の問題に苦しむ可能性が高くなります。例としては、虫歯や他の種類の細菌感染症があります。

いずれにせよ、氷や凍った飲み物を飲みたいという制御できない欲求がある場合は、遠慮なく医師に相談してください。そうすることで、問題の原因を見つけ、適切な解決策を確立することができます。

こちらの記事もおすすめです。
歯の膿瘍と治療法
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
歯の膿瘍と治療法

歯の膿瘍は、基本的に歯や歯茎で起こる感染症です。非常に不快なだけでなく、時間とともに悪化し、急性の刺すような痛みを引き起こす可能性もあります。歯茎の炎症が起こると、歯科医は患部を注意深く診察し、膿ができていないかを調べます。膿がある場合は、膿瘍が発症していることを意味します。



  • Barwood MJ., Goodali S., Bateman J., The effect of hot and cold drinks on thermoregulation, perception and performance: the role of the gut in thermoreception. Eur J Appl Physiol, 2018. 118 (12): 2643-2654.
  • Van Osdol AD., Kalles KJ., Fredickson KA., Kothari SN., A different kind of craving: incidence and treatment of pica after laparoscopic roux en y gastric bypass. World J Surg, 2017. 41 (9): 2324-2328.
  • Epler KE., Pierce A., Rappaport VJ., Pica in pregnancy: an unusual presentation. Obstet Gynecol, 2017. 130 (6): 1377-1379.