人の平均寿命は計算できる?

8月 23, 2018
人の寿命は計算することができるのでしょうか?今回はそれが事実かどうか、お話したいと思います。

答えは「イエス」で、人の平均寿命は計算できます。事実、そのための数式もあるのです。

平均寿命を計算するというのは、人があと何年くらい生きるかどうかを知るということです。ですがそのためには健康状態、教育、国や住居などの社会的状況も知る必要があります。そして、その集めたデータをもとに計算されるのです。

また、違う地域(国など世界中)に住む人々の寿命と比べることもできます。このような情報を使って、人口統計学のデータや世界の人口の増減が作られるのです。

国連は、各国の平均寿命が人間の進化レベルを測る主な指標の1つであると捉えています。

 

人間の寿命計算表

平均寿命

ある期間における推定人口を測る生命表では、年齢別、性別、死亡率のデータを見ることができます。

計算するには地域別、性別、年齢別の出産数と死亡数の実際のデータを使用します。これらのデータを死の確立に変換し、その後生命表を使って平均寿命をはじき出します。

ですが平均寿命を計算するには、人口統計学的変数に関する定期的な統計が必要になります。当然、それは簡単に見積もることができるものではありません。

出生時を基準に平均寿命を計算されるのは一般的に行われているのですが、これは3つの基準に基づいて計算されています:

・性別

・年齢

・地域

計算は3年ごとにすることを推奨されています。これは表作りと平均寿命の計算が複雑であること、つまり死の数字が増減しやすいためです。

加えて市町村やその他部落などの居住地のような地域別の計算はおススメしません。たった1年の間でさえ大きな変動がある可能性があるためです。

こちらもご覧ください:老化を遅らせるための9つの習慣

 

あなたの世代は仮説的、それとも実在的?

仮説と実在

その世代が仮説的か実在的かによって、この計算は特定の目的を果たすことに役立つ可能性があります。

もし仮説的ならば、特定の年または期間が似通った状況にあるその他の世代に基づいて寿命を決定することができます。

もしその世代が実在的で特定のグループのこれまで生きてきた年数(年齢)がわかっている場合、そのグループ各個人の年数を研究することができます。

 

数学演算と公式

 

数学演算

数学演算は特定の年齢(x)の世代の生存年数がまず必要になります。

一般的にx=0の時、出生時から分析して、その年齢の人口の中で特定の年齢から生存している年数の合計を分類した後に平均値を出します。

一般公式は ex=Tx/lx です。

Txはその人が年齢xから生きてきた年数。

・lxは特定の年齢xに至るまで生きた人数。

加えて、別の列も計算する必要があります。それぞれの年代のある年齢から生きてきた生存年数Txの合計です。通常はその前の列、特定の年齢に至るまで生きた人数lxから引き出され、これはその特定の年齢xからその人が何年生きるかを加算することで導き出されます

 

生存データ

5つのアイディア

前記した計算とは逆に、数式が完全な表からでなく省略されたものからの場合、年齢の間隔が五分位数であるのが普通です。これは最初の年の死亡率とその後4年間の死亡率を指します。

こちらもご覧ください:正直な人の5つの習慣

 

平均寿命の比較

個人の寿命を計算するのにはたくさんの計算表が存在し、それには多くのメリットがあります。計算には生まれた国、性別などのデータを入力するだけ簡単にできます。

また、特定のデータベースでは、それぞれの国の平均寿命と比較したり、死亡する確率のある日にちを予測することもあります。

世界中のあらゆる場所の計算が可能ですし、あなたの住んでいる国が長寿か、それとも若くして亡くなる人が多いのかも知ることができるでしょう。

この計算は様々な条件や状況から変化しますが、今回紹介したように平均寿命は計算することができるのです。

 

あなたへおすすめ