正直な人の5つの特徴

· 12月 14, 2017
自分の意見や考えを他人に見せない人や、人生に対する考え方が違う人もたくさんいますが、正直な人は適切に自分の考えを口にしながら、状況に応じて適切な行動をします。

人生を楽しむ正直な人たちは、問題に直面してもそれを乗り越え、より強くそして幸せに成長していきます。

その理由はとても簡単です。正直な人は常に賢くある必要も、すべてを知っている必要もないことを知っているからです。また、正直な人は自分の考え方と行動がしっかりと一致しています。

ただし、常に正直でいることは心理的に見ても簡単ではありません。正直な心と行動は、自分を成長させながら、常に自分自身と他人に対し公平であることが求められます

本記事では正直な人の特徴をご紹介します。

 

1.真実を口にするのを恐れない

常に、真実を口にする勇気や、真実のために立ち上がる気持ちがないのなら、正直さは全く意味を持ちません。

正直な心を持つ人は、不正、脅迫、一方的な意見、また嘘などを認めず、他人にも正直さを求めます。

他方で正直な心を持ち、それを実行するのが簡単ではないことを多くの人が知っています。

偽善に満ちた心に負けないよう、常に心を強く持つことが大切です。

こちらもお読みください:自分に嘘をつく5つのパターン

 

2.自分の限界と間違いを認識

空を見つめる正直な人

自分が正直ではないのに、他人に正直さを求めるのは間違っています。

日常生活において、多くの人が正直さについて口にしますが、実際にそれを実践できている人は少数です。

それが実践できている人は、自分の内面と正直に向き合い、自分の限界を知っています。また自分の「闇」ともいうべき欠点や間違いを認識し、自分の改善すべき弱点を自覚し、それを徐々に克服していきます。

他人との調和を大切にする行動を心がけ、偽善的な行動は避けながらも、謙遜の心と他者への敬意を大切にするのが正直な人々でしょう。

 

3.正直な人は率直な人

率直であるというのは、他人に自分の秘密を全てさらけ出すことでも、傷つきやすい人間であることでもありません。

正直さは率直さと同義であると言われるのは、正直で率直な言葉は、それを発した人の性格と調和しているからです。

他人への偏見や先入観なく、常に一貫した行動や他人との関係を保つのが正直な人です。

率直であるのは簡単なことではありません。私たちの生活は常に変化していきますし、他者との関係に問題が生じることもあります。

ただし正直な人は、自分が好きではないと感じることや自分の主義・主張に反することがあれば、それを明確にして正します。

 

4.自分の信義のために戦う

女性と窓

 

最も正直で、控えめで、気高い人は、実は最も孤独を感じている人、または周りの人に拒絶されていると感じている人かもしれません。

正直さは時に闘争的だと受け取られます。周りの人が公平な態度を取らない時や敬意を払わない時、本当の意見を口にすることを恐れないことで、正直さを受け入れられなかったり拒絶されたりします。

つまり、ときに正直な人は周りの人々を不愉快にします。扱いやすい偽善的な人を好む傾向が社会にはあるからです。

こちらもお読みください:孤独を感じずに自分らしくいられる方法

 

5.正直な人は周りにインスピレーションを与える

芝生に横になる女性

正直な人は自分の意見や考え方、そして行動が首尾一貫しています。自分の価値観と行動がバランスよく調和しているため、その正直さに感謝している人にインスピレーションを与えます。

正直な人のずけずけとした言い方に対して、反発心を抱いたことはありませんか?

この反発心は一般的な感情ですが、賢い人は正直な人の言動に感謝をし、その価値を理解します。

正直な人は、私たちの人生をよりシンプルにそして美しく輝かせる、良き友人、家族、そして同僚となります。

あなたの周りに正直な人がいるのなら、彼らを大切にして、彼らから多くを学び、多くの時間を一緒に過ごすことで正直さの価値を実感することができます。

私たちの周りにいる正直な人は、私たちがより良い人間になるためのインスピレーションを与えてくれる、社会から私たちへの贈り物なのです。