長生き効果のある食品7選

7月 7, 2018
すべての食品に同じ栄養分が含まれているわけではないため、様々な食品をバランスよく食べることが大切です。バラエティーに富んだ多くの食品をバランスよく摂取するためには、どの食品を選んだらいいかを知ることが大切です。

多くの食品からバランスよく栄養素を摂取することで、体内のバランスを整えて健康維持を促進するため、長生きにも高い効果があると言われています。

つまり、栄養価の高いバランスのとれた健康的な食事を心がけてジャンクフードや加工食品を避けることで、健康を促進するため、長寿へとつながります

本記事では、タンパク質、炭水化物、ビタミン、そしてミネラルなど私たちの体に必要な栄養素が含まれている食品をバランスよく食べることで、体内にエネルギーを補給しながら、健康を促進して長生きを促進する方法をご紹介します

なぜバランスのとれた食事が必要なのか?

バランスのとれた健康的な食事によって予防が可能な疾患:

  • 肥満
  • 高血圧
  • 心血管系の問題
  • 貧血
  • 骨粗鬆症

体内機能を正常に保つために必要な栄養素を含む食品をバランスよく食べるためには、多様な食品群から選んで食べましょう。

バランスのとれた食事に含むべき食品:

  • 豊富な果物や野菜
  • 魚や魚介類を週2回以上
  • オリーブ油やキャノーラ油などの健康に良い脂肪
  • 少量のナッツ
  • 少量の赤身肉
  • ブロッコリー、緑茶、トマトなどの抗酸化物質

ご存知ですか?:気分を改善する健康食品6選

長寿に効果があると言われる食品

ここからは、長寿効果があると言われる栄養価の高い食品をご紹介します。これらの食品の中には「スーパーフード」と呼ばれる人気の食品もあるため、毎日の食事にぜひ取り入れてください。

1. ブロッコリー

ブロッコリー

  • ブロッコリーはビタミンAとDの含有量が高い野菜で、抗酸化物質をはじめとするその他の栄養成分も多く含まれています。
  • 水分量が多いため、体重の増加を心配することなく、大量に食べることができます。
  • またビタミンB群を含むブロッコリーは、心臓血管系の健康維持に役立ちます。
  • 白内障および黄斑変性を防止する天然化合物であるルテインおよびゼアキサンチンを含みます。
  • 蒸し焼き、オーブンでの調理、グラタンなどに最適な調理が簡単な食品です。

2. トマト

  • 水分と健康効果のある炭水化物を含むトマトには、カリウムなどのミネラルに加えて、大量のビタミンAおよびCが含まれています。
  • トマトのカロテノイドは、抗酸化物質として作用し、慢性疾患や心血管疾患を予防します。
  • トマトに豊富に含まれるリコペンの量は、その栽培方法と完熟度によって異なります。

3. レンズ豆

レンズ豆

  • マメ科の植物であるレンズ豆には、肉類と同様に豊富なタンパク質が含まれています。
  • マグネシウム、亜鉛、リン酸塩などのミネラルが豊富に含まれています。
  • ビタミンB群、特にその中でも葉酸を豊富に含むレンズ豆に含まれるビタミンは、細胞、ホルモン、赤血球の形成に関与しています。
  • 便通を促進しながら、免疫および神経系を強化します。
  • レンズ豆に含まれる炭水化物は、身体に豊富なエネルギーを提供して体内を正常に保つ効率の良いエネルギー源となります。

こちらの記事もご覧ください:レンズ豆の優れた効能8つ

4. ひよこ豆

  • ひよこ豆はレシチンが含まれているマメ科の植物です。レシチンはコレステロール値と中性脂肪を低下しながら血液のバランスを整える特別な脂肪です
  • ひよこ豆に含まれる可溶性繊維は、脂肪を体外に排出する作用のある繊維の一種です。
  • オメガ3と6脂肪酸が豊富に含まれています。オメガ3と6脂肪酸は、心血管系を保護し、血流に脂肪が蓄積されてプラークが形成されるのを防ぎます。
  • 肝硬変や肝炎につながる体内の毒素を排除し、肝臓の健康をサポートします。
  • 血液循環、筋肉、静脈および動脈の弾力性を改善するマグネシウムを豊富に含んでいます。

5. アボカド

アボカド

  • カロリーの高いアボカドですが、私たちの体内に健康な脂質を供給する果物です。
  • オレイン酸などの不飽和脂肪を含んでいます。
  • カルシウム吸収や心臓血管の健康を助けるマグネシウムやカリウムなどのミネラルも含まれています。
  • ビタミンCとB6だけでなく、優れた抗酸化物質であるビタミンEが豊富に含まれています。

6. 鮭

  • 鮭、または 「脂分の多い魚」には、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれているため、血漿中のコレステロール値および中性脂肪値を低下させます。
  • 血中に凝塊ができないように作用する鮭は、他の魚と同様に、優れたタンパク質供給源となります。
  • ビタミンB群が含まれている鮭は、体が脂肪、タンパク質、炭水化物も吸収するのに役立ちます。

7. ダークチョコレート

ダークチョコレート

バランスのとれた食事を心がける時に「チョコレートを食べてはいけない」わけではありません。

実は、カカオと炭水化物を主成分とするダークチョコレートには、タンパク質や健康にいい脂肪をはじめとする栄養素が豊富に含まれています。

  • コレステロール値を上昇させない飽和脂肪酸であるステアリン酸を含みます。
  • 血液の浄化や血液の循環を促進する効果のあるテオブロミンを豊富に含みます。

その他の推奨事項

  • 一日を通して少量の食事を5回食べるのが理想的です。
  • 揚げ物、脂肪が多い食品、食用着色剤を含む食品は避けてください。
  • 1日に2〜3リットルの水を飲みましょう。
  • 週3回以上の運動を行なってください。
あなたへおすすめ