貧血に効くヘルシーなジュース6選

· 9月 5, 2016
貧血をなんとかしたい、一日をもっと元気に過ごしたいと思っているなら、一日のはじめにこういったジュースをお試しください。一日の内に何度か口にしても構いません。

貧血とは、血液中の赤血球とヘモグロビンの量が減ってしまっている状態のことです。

肺から全身の細胞へと酸素を送り出す力が弱まることによって、ゆくゆくは他の問題を引き起こしかねません。

その結果、疲れや脱力感がひどくなったり、集中するのが難しくなったりします。また一般に肌は青白く、髪と爪はもろくなります。

この病気からの回復を早めるためには、鉄分豊富な食べものを多く摂るようにすることが大切です。

このミネラルは赤血球の量の増加、そしてその不足によって影響を受ける全ての機能の回復に関わっています。

つまり、鉄分や他の重要な栄養素を含むこれらのナチュラルジュースが貧血対策の助けとなるのです。

今回は貧血の予防として、また対処法として作れる、6種類の良質なレシピをご紹介しましょう。

1.貧血予防と対策に効くパセリのジュース

parsley

パセリは代替医療や料理において重宝される一般的なハーブです。

パセリにはビタミンや体の解毒を促す抗酸化物質に加えて、鉄分が豊富に含まれています。

このジュースの味は最高とは言えないことをお知らせしておかなくてはなりませんが、健康のために作る価値はあります。

材料

・パセリ 一握り

・レモン果汁 1個分

・水 コップ1杯(200ml)

作り方

・パセリはよく洗い、切り分けておきます。

・これをミキサーに入れ、水と絞りたてのレモン果汁を加えます。

・パセリのかたまりがなくなるまでしばらく混ぜ合わせます。

・できたらすぐに飲むようにしましょう。朝食の前がおすすめです。

2.ビーツとビール酵母のジュース

ビーツやその根は鉄分の含有量が多く、貧血の症状には理想的な野菜です。

疲労に打ち勝つ活性効果があり、またその栄養素はもろくなった髪や爪にとてもよく効きます。

材料

・ビーツ 1個

・ニンジン 1本

・ビール酵母 ティースプーン1杯(5g)

・水 コップ1杯(200ml)

作り方

・ビーツとニンジンをいくつかに切り、ミキサーに入れます。
・水とビール酵母を加え、しばらく混ぜ合わせます。

・かたまりがなくなり均一に混ざったら、取り出してすぐ飲むようにしてください。

3.ブラックベリー、イチゴ、リンゴのジュース

blackberry-smoothie

このおいしいジュースには鉄分だけでなく、血液の浄化を助ける食物繊維と抗酸化物質が含まれています。

材料

・ブラックベリー 2個

・イチゴ 3個
・リンゴ 1個

・水 コップ1/2杯(100ml)

作り方

・ブラックベリーとイチゴをよく洗い、ミキサーに入れます。

・リンゴを細かく切り、残りの材料を加えます。種を取り除くのを忘れないようにしてください。

・混ぜやすくするためにコップ半分の水を加え、しばらく混ぜ合わせます。

・ぜひ朝飲んでください。

4.ラディッシュとクレソンのジュース

ラディッシュとクレソンのジュースは低カロリーなので、貧血を防ぎ、虚弱や疲労に対する不安を抑えるために食生活に取り入れやすいジュースです。

材料

・クレソン 5束

・ラディッシュ 4個

・ほうれん草 2握り

・水 コップ1杯(200ml)

作り方

・野菜を洗い、ジューサーにかけます。

・水を加えて朝食の前に飲みましょう。

5.ニンジンとクレソンのジュース

shutterstock_28150114-500x334

ニンジンとクレソンは健康的な量の食物繊維、ビタミン、体を活性化する必須ミネラルを含んでいます。

定期的にこのジュースを飲むことで貧血の症状を防ぎ、活力が低下したときにも心身の状態を向上させてくれます。

材料

・ニンジン 3本

・クレソン 2束

・水 コップ1杯(200ml)

作り方

・さいの目切りにした野菜をミキサーに入れます。水と共に混ぜ合わせます。

・よく混ざったら取り出して、できるだけ早めに飲んでください。

・一日に2杯飲んでも構いません。

6.ニンジン、ほうれん草、セロリのジュース

この野菜ジュースは、長引く疲労や貧血のような困ったときに活力を向上させるビタミンやミネラルを含んでいます。

材料

・ニンジン 5本

・セロリ 1本

・ほうれん草 1握り

・水 コップ1杯(200ml)

作り方

・全ての材料をよく洗ったら、さいの目に切って水と一緒にミキサーに入れます。

・よく混ざるまでハイスピードで数分間混ぜ合わせます。

・できたてを注いで朝食の前に飲んでください。

これらのレシピのどれでも、貧血の対策に用いることができます。

とはいえ忘れてはいけないのは、これらは決して、薬や医師からの助言には代えられないということです。