閉所恐怖症について知っておきたいこと

閉所恐怖症は、閉じ込められることへ強い恐怖を感じることです。閉所恐怖症の人はそんな状況では不快感や不安に襲われます。この記事では、閉所恐怖症について知っておく必要のあるすべてのことを説明します。
閉所恐怖症について知っておきたいこと

最後の更新: 12 2月, 2022

エレベーターに乗らずに6階まで階段で上がることを好んだり、バスや地下鉄の使用を避けたり……こういった行動は、閉所恐怖症の人が閉鎖空間を恐れているために行う行動である可能性があります。

一見、閉所恐怖症は日常生活に影響を与えていないように見えるかもしれません。結局のところ、バスに乗りたくなければ自転車に乗ればいいし、エレベーターは階段に置き換えることができます。

しかし、この恐怖症は進行して他の症状に広がる可能性があるだけでなく、恐怖症を持つ人の人生に重大な制限をもたらし、なりたい自分でいる自由が奪われる可能性があります。それはつまり、その時の環境に左右される自分の人生において、受動的な立場でいないといけないという恐怖です。

このことを念頭に置いて、閉所恐怖症とは何か、そして対処法にどんなものがあるかを詳しく見ていきましょう。

閉所恐怖症とは

すべての恐怖症と同様に、閉所恐怖症は、恐怖の対象や、刺激の存在または予想によって引き起こされる過度で非合理的な恐怖です。具体的なケースで起こる状況的恐怖症であり、閉ざされた場所にいることや滞在することで、外に出ることや脱出することが困難になる恐怖症です。

閉所恐怖症というと、エレベーターや日光浴など、閉鎖的でコンパクトな空間に限られるイメージがありますが、さまざまな形や場面で表現される可能性があります。これは、恐怖症の人が、あらゆる状況を恐怖の刺激と結びつける可能性があるからです。例えば、トンネルの中や飛行機の中、あるいは試着室や公共交通機関の中でも起こり得ます。

恐怖症の人にとって最も困難なことの1つは、回避です。自分が恐れているものに直接または間接的に関連する特定の状況を避けるようになるのです。このため、日常生活に大きな支障をきたすことも少なくありません。

恐怖症は、正の強化によって維持されることもあります。例えば、ある人は、自分の「ニーズ」を大切にするために多大な努力をし、特定の対処法に依存するようになるかもしれません。このような場合、彼らは、自分が状況をある程度コントロールできるという感覚を得ます。しかし、その代償として、ある種の体験が奪われてしまうのです。

一方、ある人の恐れは、肉体的な危害を被ったり、他の人の前で自分を馬鹿にしたりすることかもしれません。実際、閉所恐怖症は広場恐怖症の臨床像の一部としても発生する可能性があります。

閉所恐怖症 危険であると考える状況
閉所恐怖症の人は、自分が危険であると考える状況を避けるために日々のルーチンを修正します。

閉所恐怖症の症状

どこかに閉じこめられることへの恐れの症状のいくつかは次のとおりです。

  • 発汗
  • 神経質と不安
  • 呼吸困難
  • 頻脈または急速な心拍
  • 血圧の上昇
  • めまいと頭痛

また、恐怖症は、不安、うつ病、パニック発作などの他のタイプの障害と一緒に発生することが多いことを覚えておきましょう。したがって、そのような症状を無視したり、重要でないものとして軽視することはお勧めできません。

こちらもお読みください:不安症のあなたが避けるべき7つのこと

閉所恐怖症に対処する方法

恐怖症に対処するために適用できるさまざまなテクニックがあります。治療に関しては、閉所恐怖症の人にとって 認知行動療法は非常に成功率が高いそうです。

その他の対処方法は次のとおりです。

  • リラクゼーション:不安を感じているときにそれを止めるために、呼吸法と落ち着きを身につける必要があります。また、数字を逆算するなどの練習も有効です。不快な状況から気をそらすことができるからです。さらに、リラックスするための癒しのフレーズを書き留め、必要なときに手元に置いておく人もいます。
  • 心理教育:これは、患者さんが何に苦しんでいるかを説明し、対処法を強化し提供しようとするもので、あらゆる治療において不可欠な対処方法です。ここでは、恐怖のトリガーとなるのは何かを学習し、予測し、察知して、適切なタイミングで対処できるようにすることが目的です。
  • 参加者モデリングは、専門家が用いる手法で、どのような行動をとればよいかを段階的に示していくものです。
  • ライブエクスポージャー:閉所恐怖症を治療するための段階的アプローチの最後のステップの1つで、最も効果的な手法の1つとされています。患者は通常、セラピストと協力して恐怖のレベルを階層に分けて対処し、患者が徐々に暴露を受け入れるようにし、耐えることが困難なレベルの状況に陥らないようにするために行われます。適応を指導するために、セラピストと一緒に行うのがベストです。しかし、この方法の目的は、本人がこれらの経験を徐々に内面化し、自分の人生に活かしていくことです。最初は通常、恐れているものから逃げようとするものですが、その場にとどまり、エクササイズを実践し、不安が少しずつ減っていく様子を観察することが大切です。
閉所恐怖症に対処する方法 症状を軽減する
閉所恐怖症の症状を軽減するためのリラクゼーション法を教えることは、治療アプローチの一部です。

不安に取り組むことはプロセスです

恐怖症は、その進行度合いや複雑さが異なります。例えばヘビ恐怖症の人は、田舎やヘビの多い地域の近くに住んでいなければ、日常生活で大きな困難や支障はないでしょう。

しかし、血液恐怖症の方は、日常生活が少し複雑になってしまうかもしれません。だからこそ、恐怖症には注意を払うことが大切なのです。 介入が早ければ早いほど、予後は良くなり、高い生活の質を達成しやすくなります。

重要なのは、不安を取り除くのではなく、不安に対処し、管理することを学ぶことです。閉所恐怖症のような恐怖症を克服することになると、不安を味方として使用し、それを敵と見なさないことを学ぶことが重要です。

This might interest you...
孤独からくる恐怖に打ち勝つ6つの方法
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
孤独からくる恐怖に打ち勝つ6つの方法

あなたは孤独からくる恐怖を感じていませんか?これまで誰かと付き合ってもうまくいかず、この先に希望が見えないという気がしていませんか?友達だと信じていた人が裏切り、あなたの元を去ってしまったということはありませんか?自分には孤独しかないと思っていませんか?



  • Gil Pérez, Patricia, Abeledo Alfonso, Ahyní, & García Martín, María del Carmen. (2017). Uso de la relajación-visualización en la claustrofobia previa al tratamiento irradiante. Medicentro Electrónica21(2), 165-168. Recuperado en 18 de enero de 2022, de http://scielo.sld.cu/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S1029-30432017000200014&lng=es&tlng=es.
  • Bonet, J. I. C. (2001). Tratamientos psicológicos eficaces para las fobias específicas. Psicothema, 447-452.
  • Bados, A. (2005). Fobias específicas. Manual de terapia de conducta, 1,169-218.