早く痩せる方法4選

· 3月 10, 2019
リバウンドせずに痩せるには、ただダイエットをするだけではなく、長期にわたって健康的な食習慣と運動を維持することが必要です。

何回、痩せようとして失敗に終わったことがあるでしょうか? なぜ、何度も何度も失敗するのかその原因は分かっていますか?

今日は、楽しくできて簡単に早く痩せられる方法をご紹介したいと思います。

信じられませんか?

この記事を読んで、早速ここで紹介する秘訣を実践してみて下さい。

 

1.ダイエットを止める

野菜とフルーツ

ダイエットをするのに、開始日を設定するのがなぜ問題なのか、知っていますか?

それは、ダイエットを厳しい罰のように捉えてしまうようになるからです。そうなると、いつダイエットが終わるのかということばかり考えるようになってしまいます。

そんなことをするよりも、健康的な食習慣とそれが体にもたらす効果について学ぶことに時間を費やす方が賢明でしょう。そうすることで、食べる物を一つ一つ選択することが自分の体にどのような影響をもたらすのかということが分かり自分に有害な影響を与える食べ物は避けられるようになります。

また、自分に適した食事の量を知ることも大切です。

ダイエットと言うと、野菜とサラダしか食べてはいけないと思う人が多いですが、各個人に合わせてよく考えられた食事には全ての食品群が含まれており、時には本当はあまり食べるべきではないけれどつい食べてしまうような食べ物も食べてもいいように設計されています。

食べ物が自分にどのような影響を与えているのかが分からない、あるいは自分に合った食べ物が分からないという場合は、栄養士と話してみるのがいいでしょう。必要なことを全て教えてくれるでしょう。

あわせて読みたい:体重を減らすのを助けるドリンクレシピ5選

2.全身運動をする

スイミング

痩せることを考えた時、目に見える部位について悩みがちです。そのため、ある特定の部位のみをターゲットにした運動をしている人を見かけることが多いです

体には脂肪を貯めやすい部位というのがあります。ですが、どの筋肉も均等に強化することが大切です。そうすることで以下のような健康状態を確実に手に入れられます。

  • 心拍数が速い状態を保っていられる
  • 心臓の健康状態が良くなる
  • 心臓が強くなる

1日に何時間も運動する時間がない場合は、1日おきに強度の違う様々な種類の運動をするようにしましょう。

3.自分が食べたものを正確に記録する

健康な食事

もし自分の何がいけないのかが分からなかったり、自分が何を食べているのか把握できていないと、痩せるのに必要な努力を自ら妨害してしまっていても分からなくなります。

何が原因かを知るには自分が食べた物を正確に記録することが一番良いでしょう。

例えそれがどれだけ少量でも関係ありません。もし食べ物を口にしたのであれば、記録しましょう。最低でも4週間記録してみると、以下のようなことが分かるようになります。

  • どの食べ物を一番頻繁に食べているのか
  • どの食べ物は全然食べていないのか
  • どの食べ物を1日のうちに一番よく食べているのか
  • その日の気分はどうだったのか
  • 体に良くない食べ物が無性に欲しくなるのはいつなのか

こうした情報があると、必要に応じて体重増量と闘うための食事計画や運動計画を立てたり、自分の習慣を見直したりするのに役立ちます。

例えば、痩せない理由が落ち込んだ時や午後に甘いものが無性に欲しくなるせいである場合は、そうした時は甘いものを食べる代わりに少し運動するようにしたりすると良いでしょう。それから運動した後に、スムージーを飲んで、欲しかった甘味を満たすと良いでしょう。

こちらも読みたい:減量効果抜群!ビーガンダイエット

4.適度な睡眠を取る

睡眠 早く痩せる

人は1日に6時間~8時間寝るべきだということはご存知ですね。とは言え、実はこれを実践できていない人がほとんどです。例えスケジュールが過密になっていたり、少しの時間しか眠りたくなくても、痩せるには適度の睡眠を得ることが必須となることを自覚しておくべきです。

寝ないと、食欲ホルモンであるレプチンが生成されます。そのため、夜遅くまで起きている人は往々にして必要以上に食べてしまうのです。

これからは、睡眠スケジュールをもっと真面目に考え、実践しましょう。8時間睡眠が無理なら、少なくとも途中で起きることなく6時間寝るように努めましょう。