睡眠不足による悪影響7種

7月 13, 2017
睡眠不足が慢性化すると、集中力の欠如や肌状態の悪化など、心身の健康に様々な悪影響を及ぼします。十分な睡眠時間を確保し健康維持を心がけてください。

きちんと睡眠時間を取れていますか?

睡眠習慣は「良い」と言えますか?

仕事や毎日の用事に追われ夜遅くまで起きていることで睡眠不足になる人が多いですが、あまり気にしない人が多いのも事実です。

しかし睡眠不足が続くと心身の健康に悪影響を及ぼすのをご存知ですか?

十分な睡眠時間は、食事、水分補給、そしてリラックス時間と同じくらい私たちにとって大切なのに、しばしば忘れられがちです。

リラックスする時間と睡眠時間は別物です。テレビを見たり本を読みながらリラックスすることはできますが、何かをしながら睡眠をとることはできません。

深刻な不安障害


睡眠時に私たちは体内の修復を行い、1日のストレスによる筋肉の緊張をほぐします。そのため、睡眠不足が続くとストレスが溜まり、次の日を元気に迎えるのが難しくなります。

私たちの体と心のつながりは非常に深く、十分な睡眠をとってストレスを軽減しない日々が続くと、アドレナリンが慢性的に分泌されることで不安が募り、不安障害を発症するリスクが高まります。

毎日十分な睡眠時間を取るように心がけることで心身の健康を保ってください。

うつ病

睡眠不足によって起こるのがうつ病です。

睡眠不足により神経伝達物質のバランスが崩れ神経細胞やシナプスの接続が消えてしまうと言われています。

うつ病の症状が現れたり落ち込んだ気分の時は、十分な睡眠がとれているか考えてください。人生の何かが原因でうつ状態になっているのではなく、睡眠不足が原因かもしれません。

集中力の欠如

驚くべきことに、睡眠は思考回路や学習に多くの影響を与えます。つまり睡眠不足が続くと認知機能にダメージを与えます。

睡眠時間が7時間以下の日々が続くと、注意力、警戒心、論理的思考、そして問題解決力などに深刻な影響を及ぼし、学習機能が正常に働かなくなります。

また記憶力を強化するためには睡眠サイクルが非常に重要な役割を果たすため、睡眠不足が続くと、学習したことを記憶できなくなります。

肥満の発症や血圧の上昇

メラトニンは、満腹(レプチン)や空腹(グレリン)を感じるホルモンのバランスを保ちます。睡眠不足により、グレリンの分泌が増加し、レプチンの分泌は低下するため、睡眠不足が体重の増加や肥満の原因になります。

また十分な睡眠が取れない人は疲れやすいため、運動をしない傾向や健康に悪い脂質や糖分の高い食事をとる傾向があり、1日の睡眠が5−6時間の場合は血圧が上昇します。

睡眠はストレスホルモンをコントロールし、健康的な血圧を維持するのに効果を発揮しますので十分な睡眠をとることが大切です。

免疫系疾患

睡眠時に免疫系は、サイトカイン、抗体、そして感染症を撃退する細胞を生成します。細菌やウイルスなどの外的物質から私たちの体を守るために必要な時間です。

睡眠不足が続くと免疫系は、体の強さと活力を回復させる時間がなくなるため、感染症などから体を守る自己防御機能が低下し、病気にかかりやすくなります。また、長期的に見ると糖尿病や心疾患などの慢性疾患を発症するリスクが高まります。

肌の早期加齢

睡眠不足によって起こる症状の一つに目の下のたるみがあります。

睡眠時間が6時間以下だと、ストレスホルモンであるコルチゾールが大量に分泌され、コラーゲンの生成を阻害するため、肌の健康、滑らかさ、そして弾力やハリが失われます。

市販のクリームなどの美容製品を使っても肌の加齢症状が回復しないときは、十分な睡眠時間が取れていないことが原因かもしれません。

いつもより早く就寝し、十分な睡眠時間を確保してください。

睡眠不足を予防して健康維持

慢性の睡眠不足にお悩みの方は今回ご紹介した症状をすでに発症し、実感しているかもしれません。

これらの症状にお悩みの方は、生活習慣の改善を心がけることで、驚くほどの効果が期待できます。

メインイメージ転載元 © wikiHow.com

あなたへおすすめ