鼻ニキビを解消する4つの家庭療法

アロエとティーツリーオイルの組み合わせは鼻ニキビの予防と解消のどちらにも効果的です。
鼻ニキビを解消する4つの家庭療法

によって書かれた Elena Martínez Blasco

最後の更新: 25 9月, 2022

鼻の上にできるニキビは、どうも気になってしまう症状で、鼻は顔の中心にあるので残念ながらとても目立ってしまいます。

中にはたくさんできてしまい、自然に治す方法が見つからなく困っている人もいるでしょう。

もしあなたもその中の一人なら、今回紹介する天然の家庭療法を試して、鼻ニキビを予防、そして対処しましょう。

一緒にニキビを治して綺麗な肌を取り戻してみませんか?

なぜ鼻にニキビができるのか?

まず、鼻にニキビができるのにはいくつか理由があります。

これから紹介する治療薬は家庭でも作ることができます。この方法を実践して、あなたの美容ルーティーンに取り入れてみましょう。

ニキビ

天然の家庭療法

1.ローズマリーカモミールスチーム

最初の治療法は「スチームバス」を使ってニキビを解消します。

これはスチームで毛穴を開き、そこにハーブの薬用成分を注入するので直接肌に浸透していき、効果が現れるのです。

カモミールは抗炎症性を持ち、ローズマリーは感染症を和らげます。この2つが組み合わさることでとても効果的なスチームバスが作れるのです。また、この家庭療法は週に1回行うのが理想的です。

材料

アドバイス

  • まず、水を沸かします。そこに残りの材料を入れて5分間煮ます。
  • 火を止めたら、その液体から出るスチームを30センチ離れた所から顔に当てます。その際、やけどしないように気をつけてください。
  • タオルを頭にかけて、スチームがとどまるようにしましょう。
  • そのスチームバスを2から5分間続けてください。
スチーム

2.重曹とココナッツオイル

スチームバスで毛穴を広げた後は、肌を深く綺麗にして、角質を取り除くのに最適な時間です。

これを行う為には重曹とココナッツオイルを使用します。

ココナッツオイルは肌に栄養と潤いを与え、鼻にニキビができないように防いでくるのです。

材料

  • ココナッツオイル:15ml
  • 重曹3g

アドバイス

  • ペースト状になるまで材料を混ぜます。
  • 潤っている鼻にそのペーストを塗って優しくマッサージします。
  • お好みで顔全体にペーストを使用しても構いません。
  • 最後に水でしっかりすすいでください。

3.アロエとティーツリーオイル

鼻を脂っぽくせずに、潤いだけを与えたいなら、水分が豊富で肌を保護してくれるアロエを使ってください。

これは傷ついた肌に効果的な材料です。また、ティーツリーオイルは抗菌性を持っているのでニキビができるのを防ぐのに最適です。

材料

  • アロエ:45g
  • ティーツリーエッセンシャルオイル:6滴ほど

アドバイス

  • 材料を混ぜるだけで使用できます。、それを保管する時は密閉容器に入れてください。
  • 使用する際は目に入らないよう気をつけてください。
アロエ

4.木炭粘土マスク

鼻からニキビを取り除きたいなら、毛穴から老廃物を吸収して取り除いてくれる材料が必要です。その天然デトックス材の役割を果たしてくれるのが木炭と粘土の2つなのです。

粘土に含まれるミネラルは毒素を吸収し、木炭の粒状のテクスチャーが強力なクリーナー、そしてエクスフォリエーションとして働いてくれます。そして、この素晴らしい材料が組み合わさると、非常に効果的なニキビ解消マスクになります。

材料

アドバイス

  • まず、3つの材料全てを混ぜますが、プラスチックや金属で作られた道具や容器は使用しないでください。ガラス、セラミック、または木材のものを使うようにしましょう。
  • 湿り過ぎても、乾燥し過ぎてもないペーストを作ってください。
  • それを鼻に塗って、15分間、または乾燥するまで待ちます。
  • 仕上げに、洗い流して保湿してあげましょう。
こちらの記事もおすすめです。
リンゴ酢で顔を洗うとどんな効果があるの?
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
リンゴ酢で顔を洗うとどんな効果があるの?

オーガニックのリンゴ酢の使い道は様々です。料理だけでなく、スキンケアにも使うことができます。今回はリンゴ酢のスキンケアへの効果についてお話したいと思います。美容製品は数多くありますが、その中でもリンゴ酢にはお肌に対して非常に興味深い効果があるのです。リンゴ酢で顔を洗うとどんな効果があるのでしょ...



  • Carson, C.F., Hammer, K.A. and Riley, T.V. Melaleuca alternifolia (Tea Tree) Oil: a Review of Antimicrobial and Other Medicinal Properties. Clinical Microbiology Reviews. 2006; 19(1): 50-62. Disponible en: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1360273/pdf/0029-05.pdf
  • Diomedi A, Chacón E, Delpiano L, et al. Antisépticos y desinfectantes: apuntando al uso racional. Recomendaciones del Comité Consultivo de Infecciones Asociadas a la Atención de Salud, Sociedad Chilena de Infectología. Rev. chil. infectol.  2017;  34(2): 156-174.
  • Larrondo Muguercia R, González Angulo A, Hernández García L. Micosis superficiales: Candidiasis y pitiriasis versicolor. Rev Cubana Med Gen Integr. 2001; 17(6): 565-571.
  • Pedraz J, López-Bran E. Protocolo diagnóstico de las lesiones pustulosas. Medicine – Programa de Formación Médica Continuada Acreditado. 2018; 12(48): 2877-2881.
  • Querol Nasarre I.. Dermatitis atópica. Rev Pediatr Aten Primaria. 2009;  11(Suppl 17): 317-329.
  • Saz Peiro. Utilización terapéutica de la arcilla. En: Peloterapia: Aplicaciones medicas y cosméticas de fangos termales. Edit: Hernández Torres. 2014: 279-286)
  • Schencke C, Vásquez B, Sandoval C, del Sol M. Rol of the Miel in the Morphophysiologic Process of the Reparation Wounds. Int. J. Morphol. 2016; 34(1): 385-395. http://dx.doi.org/10.4067/S0717-95022016000100056
  • Vara-Delgado A, et al. Uso de la manzanilla en el tratamiento de las enfermedades periodontales. AMC. 2019; 23(3): 403-414.
  • Vargas Marcos F. La contaminación ambiental como factor determinante de la salud. Revista Española de Salud Pública. 2005; 79(2): 117-127
  • Varma SR, Sivaprakasam TO, Arumugam I, Dilip N, Raghuraman M, Pavan KB, Rafiq M, Paramesh R. In vitro anti-inflammatory and skin protective properties of Virgin coconut oil. J Tradit Complement Med. 2018; 9(1):5-14. doi: 10.1016/j.jtcme.2017.06.012. PMID: 30671361; PMCID: PMC6335493.