肺がんの原因と診断

· 5月 10, 2018
がんとは、他の組織に侵入する制御不能の成長により細胞がDNAに欠陥または突然変異を起こし、それが蓄積することで癌細胞となることを指します。

肺がんは、現代社会の主要な死因の1つです。

残念ながら、肺がんは初期段階での検出が困難な疾患であり、効果的な治療法を確立することが困難だと言われています。

肺がんと診断されるのは進行している場合が多く、進行した肺がんの治療は楽観的なものではありません。

ほとんどの場合、細胞は損傷したDNAを自ら検出し修復することができますが、 細胞がひどく損傷して修復できない場合、一部の細胞があらかじめ遺伝子で決められたメカニズムによって,なかば自殺的に脱落死する現象であるアポプトーシスを活性化します。

癌は、損傷した細胞が増殖・分裂し、異常に広がりそれ自身を破壊します

肺がんの正確な原因を特定するための研究は現在進行中ですが、ある特定の危険因子が細胞を癌化させることが証明されています。

これらの危険因子には、遺伝や汚染された空気などの要因が含まれていますが、最も明らかな肺がんの危険要因は喫煙、つまりタバコです。

タバコとの関連性

肺がんとタバコの関連性

1876年に初のたばこ圧延機が導入されて以来、多くの人がタバコを手にする機会が増えました。以前は肺がんは一般的な病気ではありませんでしたが、タバコの普及により、肺がんの症例数も増加しました。

現在、すべての肺がんの症例のうち約90%がタバコ使用に関連しています。そして残りの10%が ラドンガス、大気汚染、そして毒素などの要因だと言われています。

たばことその煙には、70種類以上の発癌性化学物質が含まれています。 それらのいくつかは次のとおりです:

  • ヒ素(殺虫剤)
  • ベンゼン(ガソリン添加剤)
  • 鉛(非常に毒性の高い金属)
  • カドミウム(電池の成分)
  • イソプレン(合成ゴムの製造に使用)

タバコの煙は、タバコの特性成分であるニトロソアミン(TSNAs)で満たされており、癌性が非常に高い成分だと考えられています。

体細胞の不動性繊毛の重要性

たばこの煙は私たちの体内の健康に害を及ぼし、特に呼吸気道の細胞の一部である不動性繊毛を殺します。

不動性繊毛は、毒素、発癌物質、ウイルスおよび細菌を排除する役割を担っているため、タバコによって不動性繊毛が傷ついたり破壊すると、有害な物質はすべて肺に蓄積され、毒素やウイルス、そして細菌の感染から癌の発症までさまざまな問題を引き起こす可能性があります。

こちらの記事もご参考に:  禁煙するための自然療法

危険因子

  • 遺伝:遺伝以外は全く原因や病歴がない人が肺がんを発症することがあります。
  • 高濃度のヒ素を含む飲料水:これは肺がんの発症リスクを高める危険がありますが、どのようなプロセスで発がんに繋がるのかは明らかになっていません。
  • 喫煙: 肺の腺癌の原因は不明のままですが、喫煙者が非喫煙者よりも肺がんになりやすいのは一般的です。 ただし最も一般的で危険とされているリスク要因の中には、受動喫煙、ラドンガス、大気汚染、職場での被曝などがあります。

受動喫煙

受動喫煙

喫煙者は、周りの人を肺がんを発症する危険にさらします。 喫煙者と一緒に暮らす非喫煙者は、かなりのタバコの煙に曝されるため、非喫煙者と暮らす人と比べて、肺がんを発症する可能性が20%〜30%高いと言われています

こちらの記事もご覧ください: 禁煙するための15ステップ

 

ラドンガス

このガスにさらされた喫煙者は、非喫煙者よりも発症のリスクが高まります。 ラドンガスは天然ガスですが、家庭に滲み出て地下室などのスペースに蓄積されます。

大気汚染

大気汚染は肺がんの発症に寄与しています。 ディーゼル車の煙などによって空気中に散布される汚染物質により、肺がんを発症する可能性があります。 肺がん症例の約5%は大気汚染物質に起因すると推定されています。

職業による被曝

喫煙は肺がんを形成する最も危険な要因の一つですが、特定の化学成分や製品にさらされるのも肺がんを発症する危険因子だと考えられています。

その中でも、アスベスト、ヒ素、ベンゼンなどの化学物質は、肺がんを発症する危険性を増加させます。アスベストに最初にさらされてから数年後には肺がん(中皮腫)を引き起した症例もあります。また最初のステップから数十年後に肺がんを発症することもあります。

症状

肺がん患者に現れる一般的な症状の一部をご紹介します:

  • 疲労
  • 胸の痛み
  • 体重減少
  • 息切れや喘鳴
  • 慢性的な咳

肺がんの種類
肺がんの種類

 

  • 小細胞癌:肺がん患者全体ののケースの約10%を占めています。 この形態の癌は、急速に進行します。
  • 非小細胞肺癌(NSCLC): 最も一般的なタイプの肺がんで、すべての肺がん症例の約90%に相当し、他の組織や器官にはより遅い速度で進行します。

肺がんで形成される腫瘍の約5%はカルチノイド腫瘍である一方で、他の種類の腺様嚢胞癌、リンパ腫、および肉腫などの癌性腫瘍は非常に珍しいことがあります。

また他の部位に発症したがんが肺に広がることがありますが、これは肺がんとはみなされません。

 

診断

残念なことに、肺がんの初期段階では目に見える症状が現れないことがよくあり、一般的な症状のみでがんの疑いが見つからないケースがあります。

ただし肺がんの症状を示さない人の約25%が、胸部X線撮影または日常的な健康診断の最中に肺がんだと言う診断を受けることがあります。

定期検診で肺がんが見つかった場合や、疑いがあるときは、すぐに精密検査を行うべきです。

患者の痰を使った生体検査を行って、肺がんであるのか、そしてそうならばどのステージなのかを調べる検査が行われます。

予防

肺がんの予防

最も推奨される(そしてその方法と効果が明確な)予防方法は、禁煙をするか、喫煙の量をかなり減らすことです。

禁煙に成功した人は、肺がんのリスクが禁煙開始から10年以内にもともと喫煙していなかった場合のリスク程度にまで減少することがわかっています

また、他の病気の予防と同様に、健康的なライフスタイルを維持して、化学物質や有害物質にさらされないように注意を払って生活することが大切です。