禁煙するための15ステップ

· 10月 26, 2017
タバコをやめるには、まず吸いたくなるような環境に身を置くのを避けましょう。意志を強く持ってください。喫煙は過去の習慣です。それをやめる事は健康に素晴らしいメリットをもたらします。

タバコはいつでもやめられます

体に害を及ぼす前に、今すぐにでも喫煙という悪い生活習慣を取り除きましょう。

色々なやり方を試してもタバコをやめることが出来なかったりして、諦めてしまっていませんか? 「タバコをやめる最後のチャンスです!」などといううたい文句で紹介されている商品や方法が世の中にはたくさんあります。それでも結局はやめられなかったという方も大勢います。

あっという間にやめられる魔法のようなものはありません。また、全ての人に効果のある方法もありません。それぞれ個人の性格に合ったものを探さなければならないのです。

これからご紹介するステップを1つ1つ実行してみてください。禁煙を成功させて、幸せな人生への扉を開きましょう。

人は癖、求めるもの、ぴったりと合う禁煙法などそれぞれ皆違います。どのような方法が自分に合うか分からなければ、いくつか試してみてから決めても良いでしょう。

 

タバコをやめる時に通る3つの段階

タバコをやめる過程で誰もが通る3つの段階があります。

・まず準備段階として、タバコをやめるんだと言う強い意志が必要になります。

・次は吸うのをやめる段階です。禁断症状が過度の緊張や迷いを生じさせ、またタバコを吸おうと心を揺るがします。ここが一番大事な段階です。

・最後に、これを維持する段階です。出来るだけ長くこの段階を安定させることが大切です。ここでやめてしまってはまた逆戻りです。

この過程を知っておけば、いつ何が起こるのか、どう対処したら良いのかということが見えてきます。それが成功のカギとなります。

 

準備段階におけるヒント

太陽に向かってヨガのポーズ

喫煙は社会的要因がもととなって始まります。そして様々な心理的要因が‛タバコをやめる’事の障害となっています。要はニコチンへの心理的依存が原因なのです。

ですので準備段階では、適切で確実な計画が必要となります。

 

吸いたくなる、吸う事の出来る環境を減らしていく

1.タバコを吸う機会のある場所や時間帯をリストにしてみましょう。

2.その機会や環境を減らしてください。

・例えば、朝目覚めてすぐにタバコが吸いたいと感じるとします。ガムやキャンディーを代わりに口に入れます。

 

心理的要因を減らす

3.心理テクニックとして、自己認識を変えていくという方法があります。自分は‛ノンスモーカー’だと言い聞かせましょう。

4.周りの人に「タバコをやめる」という宣言をするのではなく、「もうたばこはやめた」と宣言てください。

5.タバコをやめる事に気持ちが集中すると、迷いが生じます。自分はこうなりたい、タバコはやめたのだ、と考えましょう。

最も大切な段階、行動を起こす段階でのヒント

目をつぶり額に手をやる男性

さて、準備段階を終えたら次は最も大切な段階へと突入します。タバコをやめるという行動を起こそうとしています。心理的、身体的依存はとても強く、それを切り離すのはとても難しいものです。

 

吸える状況、環境をコントロールする

6.タバコを吸いたくなる場所や環境があります。カフェやジム、毎週友達と集う場所などがそうでしょう。

7.今までの行動を変えて、新しい習慣を身に付けましょう。

8.マインドフルネスのクラスに行く、ヨガをする、ダンスクラスに行く、スイミングクラスへ行く、絵画クラスヘ行くなどすると良いです。

・今までの習慣を変えるために脳に違う刺激を与えます。それと同時に心身の健康にも良いアクティビティです。呼吸や集中、リラクゼーションの方法を知ることで、不安感をコントロールする事が出来るようになります。

9.タバコを吸いたくなる環境がどういうものかを知ることで、自分を上手に制御する方法を学ぶことが出来ます。

10.自分は意志の強い人間だという事を認識するでしょう。

 

ニコチンの量を減らす

11.今吸っているタバコよりもニコチンの少ないタバコに切り替えてみます。ですがこれは2週間程度に収めてください。

 

維持する段階

なんとかここまでやり遂げて来ました。

ですがたとえ5カ月吸わないままでいたからと言っても、まだまだ維持の段階にきているとは言えません。事実、後戻りしてしまう可能性はまだ残っています。

依存性はまだ残っており、頭痛やイライラ、不安と言った形で吸いたくなる気持ちが顔をのぞかせます。

簡単ではありません。1年たってもまだ「吸いたい」という気持ちに苦しむ人もいるのです。

禁煙を始めて半年以上経っているとしても、心を強く持ってこれを更に続けていかなければなりません。以下のステップに従ってください。

12.タバコをやめる理由を見失わないでください。

13.喫煙を実行している自分の意志の強さを認めましょう。また逆戻りしないモチベーションとなっている幸福感など、今の気持ちを大切にしてください。

14.スポーツやヨガなど、吸いたくなる気持ちを紛らわしてくれるものにフォーカスしましょう。

15.最後に、同じような経験をした人とそれを分かち合う事も良い助けとなります。

このように目標をしっかりと定め達成し、自分自身に誇りを持ってください。