排便活動を促す10の食べ物

9月 9, 2018
便秘の主な原因はストレス、繊維質の少ない食生活、ダラダラとした生活です。ですが、特定の食べ物を食べることで便秘を改善することができます。

便秘は排便活動の滞りです。通常、2〜3日以上排便活動がない状態が便秘とされます。主な原因はストレス、繊維質の少ない食生活、ダラダラとした生活です

 

排便活動を促すバナナ

バナナ 排便活動

バナナに含まれる繊維は消化を促します。また、バナナにはカリウムが豊富に含まれていますので、毎日食べることで体の電解質が再生されます。バナナは天然の通じ薬として働きます。バナナのフラクトオリゴ糖が腸管の細菌を助けます。

こちらも読みましょう『小麦粉を使わない、乳製品も使わない栄養満点のバナナブレッド』

排便活動を促すベリー類

ベリー類に含まれる抗酸化物質は排便活動を促し、排便しやすくします。大腸を健康にクレンジングしたいのなら、ベリー類を食べましょう。特に、ブルーベリー、いちご、ブラックベリー、さくらんぼ、クコの実が良いでしょう。

排便活動を促すオオバコ

オオバコ 排便活動

インディアンハーブであるオオバコは、繊維が豊富で、腸、大腸の洗浄を促します。そのため、正常な排便活動を取り戻すことができるでしょう。水分吸収能力は腸管輸送を刺激します。

こちらも読みましょう『消化を促すフルーツとハーブ』

排便活動を促す玉ねぎ

様々な料理の薬味として使われる玉ねぎは、天然の通じ薬としてもとても効果的です。生で食べれば、胃液の分泌が活性化され、腸内フローラの健康が改善されるでしょう。肝臓、膀胱、胃、膵臓を強化する物質、キニーネのような役割をします。

排便活動を促すにんにく

にんにく 排便活動

にんにくの欠片一つには肝臓を自然に洗浄し、酵素を活性させ、毒素の排出を助けるアリシンとセレニウムがたっぷり詰まっています。

みじん切りしたにんにくを料理に加えたり、調理して食べると体のデトックスを促すことができます。また、にんにくには胃がんと闘う効能があるのです。

排便活動を促すレモン

レモンは様々な病気に効くと利用されています。レモンにはクエン酸が含まれているために便秘を軽減します。消化を促し、大腸の老廃物を除去してくれるでしょう。

以下のようにレモンを使うと良いでしょう。

レモン1/2個、ぬるま湯1カップ、塩ひとつまみ、ハチミツ大さじ1杯(20g)を準備しましょう。レモンを絞ってぬるま湯に入れます。塩とハチミツを加えて混ぜます。作ったらすぐに飲みましょう。

排便活動を促すリコリス

リコリス 排便活動

リコリス、特に根の抽出部は何千年もの昔から使われてきました。通じ薬として利用することもできるでしょう。

リコリスのお茶を1杯飲むと、消化が助けられ、排便が促されます。腎臓の機能を助け、消化を正常化し、肝臓を守ってくれる効能があるからです。

排便活動を促す洋ナシ

洋ナシは便秘を解消してくれるでしょう。繊維が豊富に含まれているため、腸を簡単に洗浄してくれるでしょう。洋ナシにはペクチンが含まれています。ペクチンは腸の動きを正常化し、デトックスを促してくれます。

排便活動を促すトマト

トマト 排便活動

サラダに使われたり様々な料理に使われる人気者のトマトは、腸の動きを改善します。トマトは丸ごとやジュースなど、生で食べることを専門家は推奨しています。それも他のものを食べる前に食べましょう。ですが、通じ薬として効果的なトマトレシピもあります。

トマト2つ、水1/4ℓ、砂糖大さじ1杯(15g)を用意します。まずはトマトの皮をむき、一口大に切ります。砂糖と一緒に水に入れて火にかけます。45分程火を通しましょう。時折かき混ぜます。

排便活動を促すオートミール

オートミールには繊維、ミネラル、健康的な炭水化物、ビタミンが含まれていることで有名です。太りすぎを防止し、便秘などの消化トラブルを改善し、コレステロールを下げる効果があります。

便秘を軽減するためには、オートミール大さじ3杯(30g)とオレンジジュースをグラス1杯(200ml)、牛乳または飲むヨーグルト250mlを混ぜます。スムージーやシェイクにオートミールを加えるのも良いでしょう。

  • Sabater-Molina, M., Larqué, E., Torrella, F., & Zamora, S. (2009). Dietary fructooligosaccharides and potential benefits on health. Journal of Physiology and Biochemistry. https://doi.org/10.1007/BF03180584
  • Kaume, L., Howard, L. R., & Devareddy, L. (2012). The blackberry fruit: A review on its composition and chemistry, metabolism and bioavailability, and health benefits. Journal of Agricultural and Food Chemistry. https://doi.org/10.1021/jf203318p
  • Yang, J., Wang, H. P., Zhou, L., & Xu, C. F. (2012). Effect of dietary fiber on constipation: A meta analysis. World Journal of Gastroenterology. https://doi.org/10.3748/wjg.v18.i48.7378
  • Ceranic, M., Kecmanovic, D., Pavlov, M., Sepetkovski, A., Kovacevic, P., Stamenkovic, A., … Rankovic, V. (2006). Plantago ovata. Acta Chirurgica Iugoslavica. https://doi.org/10.2298/ACI0601009C
  • Borlinghaus, J., Albrecht, F., Gruhlke, M. C. H., Nwachukwu, I. D., & Slusarenko, A. J. (2014). Allicin: Chemistry and biological properties. Molecules. https://doi.org/10.3390/molecules190812591
  • Nicastro, H. L., Ross, S. A., & Milner, J. A. (2015). Garlic and onions: Their cancer prevention properties. Cancer Prevention Research. https://doi.org/10.1158/1940-6207.CAPR-14-0172
  • Vanisha S. Nambiar and Hema Matela. (2012). Potential Functions of Lemon Grass ( Cymbopogon citratus ) in Health and Disease. International Journal of Pharmaceutical & Biological Archives.
  • Nassiri Asl, M., & Hosseinzadeh, H. (2008). Review of pharmacological effects of glycyrrhiza sp. and its bioactive compounds. Phytotherapy Research. https://doi.org/10.1002/ptr.2362
  • Mälkki, Y., & Virtanen, E. (2001). Gastrointestinal effects of oat bran and oat gum a review. LWT – Food Science and Technology. https://doi.org/10.1006/fstl.2001.0795