肌に潤いを与えるために大切な4つのこと

8月 6, 2018
あなたが思っている以上に肌を保湿することは大切で、しっかり肌をケアすることはあなたの幸せにも影響します。

乾燥肌は美容の問題ですが、体や心の健康問題と同じように重要なものです。また、肌が乾燥していると様々なダメージの影響を受けやすくなるので、しっかり保湿することは欠かせません。

さらに、肌に潤いを与えることは傷や怪我を防ぐ良い方法です。同様に、糖尿病を患っている人や血液がサラサラでない人も肌には特別な注意をするように心がけましょう。

また、肌が潤っていないと肌の再生が止まってしまい、見た目も悪くなります。

あなたが気づいていなくても、肌が汚いと顔色や見た目が悪くなり、自信や日々の態度にも影響を与えるので気をつけなくてはいけません。

保湿のアドバイス

多量の水を摂る

水を摂る

これは単純なことかもしれませんが、多くの人が飲むべき量の水を摂取していません。

時間やスケジュールに追われることで、喉の渇きさえ忘れてしまうことがありますが、正しく体を機能させるためには少なくとも1日1.5リットルを摂取する必要があります。

また、ここで言う水分は「水」を意味しており、ジュースやスムージーではありません。水の成分が私達の体を上手く機能させるのです。他の飲み物は別の作用を持つ成分が含まれており、水から得られる効果を持っていません。

もし水を飲む時間や機会を見つけるのが難しくても、現在のテクノロジーを駆使して、飲むタイミングを思い出すことが出来ます。水を飲むタイミングを知らせてくれるアプリなども多く存在するので、是非利用してみてください。

こちらもお読みください:水を十分に飲んでいないという7つのサイン

週に2回、肌をしっかり洗浄(スクラブ)する

毛穴は汚れや脂などでよく詰まることがあります。そして、毛穴が詰まると黒ずみが出現するだけでなく、他にも悪い影響が現れるのです。

その中の一つに、詰まった毛穴が、水や有益な物質の吸収を妨げてしまうことがあります。

また、顔色が良いと細胞の再生を助けるので、毛穴の詰まりはそれを妨げている石のようなものなのです。

スーパーに行くと肌を洗浄する多くの製品がありますが、出来るだけ天然のもの、または自家製のものを使って対処するのが良いでしょう。自分で作ることで、何を自分の顔の上に塗っているのか理解することが出来るのです。

化粧に気を付ける

化粧に気をつける

中には化粧に依存しているような人もいるでしょう。メイクに時間をかけると、とても良い仕上がりになるのは皆知っています。

しかし、それが長期的に続いてしまうと肌は傷みます。

咳や鼻水が出る時のように、私達の体は変なものが入ってくるとそれに反応するように作られています。その現象と同じように、過剰な化粧は肌を乾燥させる、またはあぶらっぽくしてしまうのです。

最も良いのは特別な時だけ化粧をすることです。もし毎日したくても、週に2回は化粧無しで出かけてみてください。

この単純な変化で驚くような違いが肌に見られます。

トナーを使う

トナーを使う

トナーは肌を整えてくれるスキンケア製品で、「肌を整える」は「肌を強化する」という意味を持っています。そして、他の体の部分と同じように、肌もビタミンなどの栄養が必要な時があります。

この問題をケアするには2つの選択肢があります。1つは合成された製品、もう1つは天然製品です。

もちろん天然の方がお勧めです。また、天然、または自家製の製品を使うだけでなく、肌のに時間をかけることも大切です。

私達はいつも時間と闘っており、自分の為に使える時間はやるべき事を全てこなした後に残った時間のみとなりがちですが、自分の為に時間を割いて、その時間を使って日々の心配事を忘れ、心をクリアにしてみましょう。

このように、肌の潤いを保つ方法はたくさん存在します。

ある方法では怪我のリスクを軽減することにも繋がり、別の方法では見た目を良くする効果もあります。

今回紹介した全ての方法に加え、自分自身に時間を与えて甘やかす時も必要です。これは、健康的な生活には必要不可欠なことなのです。

あなたへおすすめ