肌のシミを薄くする方法

11月 29, 2019
日焼けしてシミができちゃった? 一刻も早く薄くしたい? 色素沈着を薄くするのに役立つ自然療法をいくつかご紹介します。どれも自宅で簡単にできるものです!

今年は何回日焼けしましたか? 日焼けすれば、素敵な小麦肌が早く手に入ると思うかもしれませんが、シミになってしまうかもしれません。結果として、お肌にムラが出て、色素沈着のある不均一なスキントーンになってしまいます。でも大丈夫。この記事でご紹介する自然療法でシミを薄くすることができます!

シミを薄くする方法

まず、スキンタイプに適した日焼け止めを塗ることの重要性を強調しなければいけません。正しい日焼け止めの使用は、これ以上の日焼けを食い止めてくれます。

また、正しい日焼け止めは、すでにできてしまったシミが薄くなるスピードをアップしてくれます。

それに加え、下記の救済策も役立ちます。

砂糖&蜂蜜のスクラブ

古くなったお肌の角質除去は、スキントーンを明るくする最良の方法の1つです。ただし、うまく行うためには、毎日または1日おきにスクラブをしましょう。

スクラブをするにあたって最良の方法は、砂糖と蜂蜜という、非常にシンプルな材料を使用することです。

  • 角質を取り除くために蜂蜜を使うのは、お肌に潤いを与え、調子を整え、落ち着かせるのに不可欠です。
  • 砂糖(白糖でもブラウンシュガーでもOK)はスクラブを作るための鍵です。砂糖の顆粒が角質を取り除いてくれます
  • 蜂蜜と砂糖を混ぜた後、固すぎる場合は、水で伸ばしてください。
砂糖と蜂蜜 肌のシミを薄くする方法

砂糖と蜂蜜は、古くなった皮膚細胞を取り除く2つの成分です。

レモン水

レモンはスキントーンを明るくするために大活躍の成分です。つまり、日焼けでできたシミを薄くすることができます。

ただし、レモン水を使用した後は、日焼けや黒ずみのリスクが高まるため、日光にお肌をさらさないでください。

  • レモン水をお肌に塗るタイミングは夜です。
  • レモン汁を絞り、少量の水を加えるだけレモン水は完成です。

こちらもお読みください:レモンウォーターを飲むことで得られる効能

アロエベラで保湿

砂糖と蜂蜜で角質を除去し、レモン水を塗ったら、あとは保湿をすれば完了です。

肌を適切に再生するには、できるだけベストの成分で保湿することが非常に重要です。最も人気のある天然保湿剤の1つは、アロエベラです。

アロエベラは、誰もが常備しておくべき植物です。どんなタイプの火傷にもよく効きます。

  • 使用するには、アロエの葉を切り取り、開いて、中のゼラチンを直接シミに塗ります。これで、肌に潤いを与えるだけでなく、日焼けで火照った肌を落ち着かせます。
  • 角質除去後、アロエベラのジェルを塗ることで、できるだけ早くシミを薄くすることができます。最良の結果を得るには、継続的に塗るようにしましょう。

また、アロエベラがお肌に吸収されるよう、夜に塗りましょう。日中にアロエを塗ると、ベタベタしますし、適切に吸収されない可能性があるため、夜に塗るのがお勧めです。

こちらもお読みください:日焼け の症状を緩和する5つの自然療法

アロエベラ 肌のシミを薄くする方法

アロエベラは肌を再生し、保湿と鎮静を促進します。日焼けによるダメージからより迅速に回復するためには、継続的に使いましょう。

シミの出現を防ぐ方法

上記でご紹介した自然療法は確かに重要ですが、最も重要なのはとにかく不必要に日焼けしない、ということです。日焼け止めを塗るだけでは不十分なこともあります。太陽への露出を抑え、長時間陽に当たらないようにしましょう。

最善の方法は、日光を避けるか、または適切な服を着ることです。

今一度、考えてみましょう。「日焼け止めは十分に塗っているかな?」「スキンタイプに合ったものを使っているかな?」

同様に、太陽から身を守るための他のアイテムもお忘れなく。たとえば、サングラスを着用し、帽子をかぶり、ショールを羽織って肩を覆うなど。要するに、これらのアイテムは、日焼けやシミを予防するのに役立ちます。

日焼けをすると、女性が嫌なシミが増えるだけでなく、皮膚がんを発症するリスクも高まります。ですので、太陽から身を守ることは非常に重要です。日焼け対策グッズはさまざまなものがあるので、ぜひ活用してください。

結局のところ、予防が最善の治療法ですよ!

  • Castañeda Gameros, Paola, & Eljure Téllez, Juliana. (2016). El cáncer de piel, un problema actual. Revista de la Facultad de Medicina (México)59(2), 6-14. Recuperado en 28 de junio de 2019, de http://www.scielo.org.mx/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0026-17422016000200006&lng=es&tlng=es.
  • Rodríguez Domínguez, Ileana, Santana Gutiérrez, Odalis, Recio López, Orlando, & Fuentes Naranjo, Marilín. (2006). Beneficios del Aloe Vera l. (sábila) en las afecciones de la piel. Revista Cubana de Enfermería22(3) Recuperado en 28 de junio de 2019, de http://scielo.sld.cu/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0864-03192006000300004&lng=es&tlng=es.
  • Suárez, S., & Jazmín, D. (2015). Plan para elaboración y comercialización de una crema corporal aclaradora, que contenga dióxido de titanio y extracto de limón, para mujeres que presenten hiperpigmentación, en la ciudad de Guayaquil (Bachelor’s thesis, Universidad de Guayaquil. Facultad de Ciencias Químicas).