グルテンフリーダイエットが有害と言われる理由

· 3月 23, 2019
グルテンをすべての食事から取り除く「グルテンフリー」ダイエットが人気ですが、実はビタミンやミネラルの欠乏症を引き起こす可能性があります。

グルテンフリーダイエットという言葉を聞いたことはありますか?

現在人気が高まっているグルテンフリーダイエットですが、人気だというだけで、医師の指導とは関係なくグルテンフリーダイエットを始める人がいます。

 

グルテンに対する耐性がないグルテン不耐性を発症している人「以外の人」がこの食事法やダイエットを行うことで、深刻な健康問題を引き起こす可能性があります。

ある特定の炭水化物を食事から取り除くことで、減量効果があると期待する人が増えた結果、グルテンフリーダイエットの人気が高まっています。

しかし、減量目的で食事療法を行う場合は、グルテンフリーダイエットではない食事療法に関して、栄養士や医師に相談して、自分に合った方法で、食生活を改善する必要があります。

グルテン不耐性を発症しているかもしれないと疑っている人は、医師の診察を受け、適切な検査を受けることが大切です。

グルテン不耐性を発症してないない人が自己判断でこのダイエットを始めると、次のような健康上の問題を発症する可能性があります。

ビタミンとミネラルの欠乏症

グルテンを排除したグルテンフリーの食事を始めると、腸が栄養素を吸収できなくなることで、ミネラルとビタミンの欠乏症を引き起こす可能性があります。

グルテンを含む食品を食べないようにすると、これらの欠乏症が起こるのは一般的ですが、医師の指導によるグルテンフリーダイエットならば、これらの欠乏症を補うサプリメントが医師から処方されたり提案されます。

ビタミン

医師などの専門家の指導を受けずにグルテンフリーダイエットを行う人は、欠乏症というマイナス面に目を向けない傾向がありますが、特に、鉄とビタミンBが欠乏します。

欠乏症がひどい場合は、日常生活を行うのに支障をきたす可能性もあるため、体に必要な栄養素をバランスよく食べる食生活を維持することが大切です。

こちらもご参考に:鉄欠乏症ってどうなるの?

胃腸管の問題

グルテンフリーダイエットのもう一つのリスクは、便秘になりがちだという点です。

グルテンを含む食品には食物繊維も多く含まれているため、グルテンを含む食品を食べないようにするあまり、食物繊維が不足する傾向があります。

食物繊維は、腸の活動を正常に保つ働きがあるため、普段から便秘に悩んでいる人や、腸の機能に問題がある場合は、必要ではない限りはグルテンフリーダイエットを避けることが大切です。

こちらもご覧ください:ダイエットに最適な食物繊維が豊富な食べ物

どうしてもグルテンフリーダイエットを行いたい場合は、食物繊維を食事に加えてください。

  • ナッツ
  • シード
  • オーツ麦
  • キヌア
  • とうもろこし

グルテンフリーダイエットは、厄介な便秘の症状を引き起こす可能性があることに加えて、体重が増加する人が多く報告されています。

これは、腸に蓄積される毒素によって引き起こされます。

ただし、食物繊維が豊富に含まれた食品を積極的に食べることで、再び腸が活性化されて、体重が元に戻ることがほとんどです。

高レベルのヒ素を消費する可能性

グルテンフリーダイエットを行なっている人は、代用品として米を使用することが多くあります。

しかし、米には少量のヒ素が含まれているため、ヒ素が体内に蓄積されると心臓の健康問題を引き起こす可能性があります。

グルテン不耐症を発症している場合は、医師が適切な食事法を指導します。

すべてを米で代用するのではなく、食生活の一部として取り入れ、他の全粒穀物と一緒にバランスよく摂取することを心がけてください。

経済的ではない

現在では、多くのグルテンフリー食品が販売されていますが、一般的な食品よりもはるかに高価です。

通常は、グルテンフリーダイエットとは治療の一部なので、多少の投資は必要だと考えてください。

グルテンフリー

お財布に優しい方法で体重を減らしたいと考えている場合は、できる限り天然の素材を使った健康的でバランスの良い食事を心がけることが大切です。

地元の食品や季節の野菜や果物を取り入れて、毎週のメニューを決めれば、栄養バランスのとれたお財布に優しい食生活を維持することができるでしょう。

加工食品を食べる傾向がある

グルテンフリーと呼ばれる食品は、グルテンを食品から取り除くために、いくつかの加工が行われています。

その結果、人工甘味料が含まれている食品や、新鮮ではない食品、または保存料が含まれた食品を食べることになります。

新鮮さと柔らかさなどを維持するために脂肪分が加えられている食品も多く、心臓の健康問題、脂肪肝、そして糖尿病などを引き起こすリスクが生まれます。

  • Vazquez-Roque, M., & Oxentenko, A. S. (2015). Nonceliac Gluten Sensitivity. Mayo Clinic Proceedings. https://doi.org/10.1016/j.mayocp.2015.07.009
  • Bel’mer, S. V, Mitina, E. V, Karpina, L. M., & Smetanina, N. S. (2014). [Iron deficiency anemia and anemia in chronic celiac disease in children]. Eksperimental’naia i Klinicheskaia Gastroenterologiia = Experimental & Clinical Gastroenterology.
  • Welstead, L. (2015). The Gluten-Free Diet in the 3rd Millennium: Rules, Risks and Opportunities. Diseases. https://doi.org/10.3390/diseases3030136