がん性疼痛に対するオピオイド治療

24 9月, 2020
オピオイド治療により、がんの激しい痛みを抑えることができます。ただし、これらの薬は多くの副作用を引き起こす可能性があるため、使用には注意が必要です。オピオイド治療についてこのまま記事を読み進めてください。

がん患者は、激しい痛みに対処するためにオピオイドを使った治療を行うのが一般的です。多くの場合、腫瘍自体による圧力が原因で、激しく痛みと無力感が生じます。特定の治療や免疫システムのその後の変化が原因である可能性もあります。

現代社会において、がんは最も重大な健康問題の1つです。毎年何百万人もの人がこの病気で亡くなっていると推定されています。また、治療を受けているがん患者の約40%が痛みを経験しています。

残念ながら、がんの最終段階では、このタイプの痛みは患者の約80%に起こります。これは対処が難しい複雑な状況です。患者一人一人の特定の治療への反応には個人差がありますが、治療にはとても強い薬を使うことがよくあります。

現在、医学はこの分野で進歩を遂げており、少しずつですが、新しい治療ガイドラインが設定されています。今回の記事では、がんの痛みに対するオピオイド治療について話します。

がんの痛みの治療法

上で述べたように、がん性の疼痛を治療する際には、それぞれの患者に合う個別化された治療でなければなりません。つまり、患者のがんの種類、原因、さらには痛みの知覚によっても異なることを考慮に入れて、医師は各患者にこれらの条件を適応させなければなりません。

ただし、痛みの強度に応じて、がん性疼痛治療​​の一般的なパターンがあります。これは世界保健機関の基準に従ったスケールです。以下にご紹介する薬は痛みの強さの程度が小さいものから大きいものの順に並んでいます。

  • 第1段階:アセトアミノフェンや非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)などのシンプルな鎮痛薬は、軽度の痛みを発症している患者を対象としています。最も一般的なのはイブプロフェンとナプロキセンです。
  • 第2段階:これは2番目のレベルの治療で、中程度の痛みを持つ患者に使う弱いオピオイドです。このグループは前述したように、コデイン、トラマドール、またはジヒドロコデインを使用します。
  • 第3段階:医師は非常に激しい痛みに対処するときには強力なオピオイドを処方します。この治療にはメタドンやフェンタニルが含まれることもありますが、モルヒネが最も一般的に使用されています。残念なことに、患者の半数以上が、ある時点で第3段階の投薬を必要とします。
がん性疼痛に対するオピオイド治療 ケシの花

痛みを分類するために、医師はそれぞれの患者を適切に診断して評価する必要があります。この際には、痛みのスケールを使用します。痛みのスケールは、痛みのさまざまな特性にスコア付けを行い、痛みを軽度か耐え難いものかのいずれかに分類します。

一般的に、痛みは複数のメカニズムが起こる結果なので、いくつかの薬を組み合わせて、痛みに対処する必要があるかもしれません。

オピオイド薬とは何ですか?

オピオイド薬は、ケシの実から採取されるアヘンから作られる医療用麻薬と呼ばれる薬で、脳の受容体やオピオイド受容体に作用し、中枢および末梢神経系全体に行きわたります。

これらの薬は、受容体に加わって神経刺激を抑制します。つまり、刺激を遅くすることにより痛みの伝達をなくすことが可能になります。

ただし、これらの薬には多くの副作用があることの留意してください。まず第一に、モルヒネなどのオピオイドの大部分には中毒性があり、依存症につながる可能性があるという点に注意することが大切です。また、疲労感や衰弱感が高まる可能性があるだけなく、呼吸抑制障害など、呼吸器系の問題につながるリスクの可能性があることも忘れないようにしましょう。

したがって、医師は投与量に十分な注意を払う必要があるだけでなく、患者は医師などの専門家の監督下でのみオピノイドを使用する必要があります。

こちらもご参考に:トラマドールとは? その使い方と副作用

がん性疼痛に対するオピオイド治療

がん性疼痛に対するオピオイド治療 注射器

第2レベルの薬:弱いオピオイド

上記で示したように、このステップで使用される最も一般的な薬物はトラマドールとコデインです。このタイプのオピオイドは、さまざまな方法で患者に投与することができます。薬剤がゆっくりと効果を発揮するのか、すぐに効果を出したいかによって異なる上、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)など他の薬剤と一緒に使用することもできます。

例えば、コデインは経口摂取用の薬ですが、肝臓または腎臓に問題のある患者は、その使用を避ける必要があります。

第3レベルの薬:強力なオピオイド

強力なオピオイドは、がんの痛みがほとんど耐えられない場合のためのものです。その中の一つ、モルヒネには幅広い用途があるため、最も一般的なオピオイドです。

モルヒネには、鎮痛作用の「有効限界」がないため、医師は投与量を変更することがあります。しかし、過剰摂取は死亡につながる可能性があるため、投与量の制限は副作用によって決まります。

ご存知ですか?:オピオイド鎮痛剤とその使用目的について

オピオイド治療:結論

がんによる疼痛に対処するオピオイド治療は複雑であり、医師は各患者の特性に応じて処方する必要があります。今回ご紹介したように、オピノイド治療を選び、治療のガイドラインを設定するのは、必ず医師である必要があります。

  • Farmacoterapia del dolor oncológico. Analgésicos y coadyuvantes | Farmacia Profesional. (n.d.). Retrieved October 18, 2019, from https://www.elsevier.es/es-revista-farmacia-profesional-3-articulo-farmacoterapia-del-dolor-oncologico-analgesicos-13114984
  • Uso de opioides en el tratamiento del dolor oncológico – BTA – CADIME. (n.d.). Retrieved October 18, 2019, from http://www.cadime.es/es/boletin_terapeutico_andaluz.cfm?bid=37#.XanYj-gzbIU
  • Tratamiento con opioides del dolor oncológico. (n.d.). Retrieved October 18, 2019, from http://scielo.isciii.es/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S1131-57682003000100001