太もも&お腹まわりの脂肪の落とし方

7月 14, 2016

ダイエットしたいと考えている方は多いと思いますが、身体には脂肪を燃焼させにくい部分があります。今回は脂肪が落ちにくいと言われている太ももとお腹まわりの脂肪燃焼について考えてみたいと思います。健康的になりたいという方、太ももやお腹周りの脂肪とさよならしたい方、準備はいいですか?

 まず毎日のエクササイズにプラスして、バランスの取れた食生活が大切になります。どちらが欠けてもダイエットはうまくいきません。脂肪分の多い食べ物は控え、ビタミンCと抗酸化物質を含むもの、例えば果物や豆類、緑茶などを積極的に採ることをおすすめします。

ビタミンCには体内のブドウ糖を脂肪に変えずにエネルギーに変える働きがあり、抗酸化物質は、ダイエットで不足しがちな栄養を補い、老化を進行させる活性酸素を除去する働きもあります。さらにお腹まわりと太ももの脂肪を減らすため、毎日の生活にぜひ取り入れてほしいポイントをいくつかご紹介したいと思います。

ランニング・ウォーキング・自転車

2-walking

この3つのエクササイズはストレス軽減にもつながり、体にも心にも良い効果をもたらします。足を動かすことで太ももにも効いてきます。毎日歩くこと(例えば家から会社までなど)また家族とサイクリングを楽しむことが、太ももやお腹まわりの脂肪を減らすことにつながるのです。

太もも、お腹まわり以外のエクササイズ

お腹の脂肪を落とすには腹筋運動だけすれば良いと考える方もいるかもしれませんが、脂肪を落とすためにはすべての筋肉が関係してくるのです。私たちの身体には「代謝」というシステムが働いていますが、この食べたものの栄養素を素早くエネルギーに変えてくれるのです。栄養素が太ももやお腹まわりに直結するわけではないのです。

ヨガ

3-yoga-1024x683

ランニングやウォーキング、自転車のように、ヨガも心身ともに影響を与えます。ヨガを行うことで心も落ち着きますし、また筋肉も鍛えられ姿勢が良くなるなど、健康的かつ魅力的なスタイルを手に入れることができます。

糖分を控える

糖分を多く含むものをなるべく採らないようにしましょう。体に悪いというだけではなく、お尻やお腹まわりによけいな脂肪をつけてしまうことになります。糖質を摂取すると血糖値が上昇します。その上昇を抑えるためにインシュリンというホルモンが分泌されるのですが、このインシュリンにはエネルギーとして使われなかった糖質を中性脂肪に変えてしまう性質もあるのです。

ダイエット商品に頼らない

お店では様々なダイエット関連の商品が並べられています。効果があるものもあれば、あまり効果が見込まれないものもあるでしょう。覚えておいてほしいのは、これらの商品はダイエットに劇的に効く魔法のようなものではないということです。ダイエットに確実に効果があるのは、やはり健康的な食生活と毎日のエクササイズなのです。

毎日のエクササイズ

バランス運動

まず足を肩幅くらいに開いて立ちます。ひざを曲げ手で床をタッチします。体をゆっくり戻しながら左足に体重を乗せ、右ひざを曲げ右手ですねを支えバランスをとります。数分間このポーズをキープし、最初のポーズに戻ります。反対側も同じように。20回程度繰り返しましょう。

足上げ運動

4-planks

床に四つん這いになり、片方の足をできるだけ遠くに伸ばします。胴体からまっすぐ伸ばすようにしましょう。次にひざを伸ばし両手と片足のみで体をしっかりとまっすぐ支え、できるだけ長い時間そのままキープします。最初のポーズに戻り、数秒休憩してから反対側の足も同じように行いましょう。

レッグサークル

床に仰向けに寝なって足を上げ、空中に円を描くように足を動かします。足はまっすぐに伸ばし、ゆっくり丁寧に動かします。最初に右方向、次に左方向など、円を描く向きを変えて行ってください。30秒ほど行い、数秒休憩し、反対側の足も同様に行います。

フラフープ

5-hula-hoop

フラフープは楽しいだけでなく、お尻まわりに効果的なエクササイズです。腰で10回から15回ぐらいは回せるように頑張りましょう。柔軟性を高め脂肪を燃焼させるためにも、毎日行うのが理想です。

シザース(はさみ運動)

床に仰向けになり、足をまっすぐ伸ばしたまま90度の角度まで持ち上げます。(足を天井に向けるイメージ)片方の足を上げ、もう片方の足はおろすというようにはさみのように交互に両足を動かします。50回程度行いましょう。

お尻まわりやお腹まわりの脂肪を落としたいと思ったら、足やお尻、腕などその他の部分のエクササイズも忘れずに行ってください。

今回ご紹介したポイントはいかがでしたか?水泳やバスケットボール、テニスなどお好きなスポーツを楽しんでください。一定の量のエクササイズを毎日行うことが大切です。見た目が素敵になるだけでなく、体の内側も健康になれること間違いなしです。

あなたへおすすめ