不安感を自然に緩和する食品10選

12月 8, 2017
今回ご紹介する食品を毎日の食事に取り入れることで、不安感を解消しながら穏やかな精神状態を保つことができます。

不安感を緩和する効果のある食品があるのをご存知ですか?

不安感や不安障害に悩む人々は、不快な症状や孤独感に悩まされる日々を送っています。副作用や薬に依存しないという確約のある薬や治療はありませんし、不安感が深刻でない場合は薬を処方されないことがあります

本記事では、神経システムに効果的に作用することで、精神状態のバランスを保ちながら不安感を緩和する10の食品をご紹介します。

不安感は予防できるのか?

不安感には様々な症状があります。その一部をご紹介します。

  • 頻脈
  • 発汗
  • 震え
  • 胸の痛みや圧迫感
  • 呼吸困難
  • 消化機能の問題
  • 筋肉の緊張や痛み

不安感が解消されないとこれらの症状が悪化する傾向があります。

医師の指導の元で治療が行われない場合は、神経系の機能を正常に保つ成分を含む食品を毎日の食事に取り入れることで、不安感を緩和することをお勧めします。

不安感を緩和する食品

1.カカオ

カカオ

ピュアカカオまたは純ココアと呼ばれる食品には、幸せホルモンと呼ばれる神経伝達物質であるセロトニンの生成を促進する、トリプトファンやアミノ酸が豊富に含まれています。

そのため、ピュアココアが含まれているチョコレートを大さじ2−4杯程度摂取するか、ココアパウダーをスムージーや料理に取り入れて摂取してください。

ただしカカオには刺激物質が豊富に含まれていることをお忘れなく。

2.オーツ麦

オーツ麦は栄養価の高いスーパーフードで、活力を維持しながら神経系をリラックスさせ、緊張感や不安感を緩和します。

このため、毎日の食事に取り入れたい穀類の一つです。またグラノーラやオーツ麦パウダーなどとして摂取する方法もあります。

3.ビール酵母

ビール酵母

ビール酵母は、神経バランスの乱れを正常に保ちながら、私たちの肌、髪、そして爪の状態を改善する、ビタミン、ミネラル、そして必須アミノ酸が豊富に含まれています。

季節の変わり目などに不安感に襲われたら、状況に応じて摂取するのが良いでしょう。

4.レタス

レタスに薬用成分が含まれていることはあまり知られていませんが、実は、不安感や不眠症などの精神疾患を予防・緩和するのに理想の野菜です。

サラダなどで食べるか、レタス茶として摂取してください。ただし残留農薬を防ぐためにも、必ずオーガニックのものを選んでください。

5.アボカド

アボカド

アボカドに豊富に含まれるビタミンB群は、セロトニンとドーパミンを分泌することで、心の状態を改善して正常に保つ効果があります。

またスーパーフードと呼ばれる果物であるアボカドには豊富な栄養素が含まれているため、生のままサラダ、クリーム、ソース、ドレッシング、そしてスムージーなどとして毎日の食事に取り入れてください。

6.玉ねぎ

玉ねぎに含まれるフェノール化合物が不安感を緩和します。サラダやソース、そしてスープやシチューとして、玉ねぎを積極的に毎日の食事に取り入れましょう。

7.クルミ

クルミ

クルミは、マグネシウムやオメガ3脂肪酸が豊富に含まれたとても美味しいナッツで、これらの成分が中枢神経に直接働きかけます。

クルミを食べる予定の前日に、8時間水につけると消化されやすく、治癒効果が高まります。

水につけた後は、そのまま食べたり、サラダ、サンドイッチ、またシェイクやアイスクリームに加えることができます。

8.アーモンド

アーモンドは不安感を解消するおすすめのナッツです。アーモンドには、クルミと同様にマグネシウムと脂肪酸が豊富に含まれている上、決断力を高める亜鉛というミネラルも含まれています。

9.緑の葉野菜

緑の葉野菜

緑の葉野菜には葉酸をはじめとする豊富なビタミンが含まれているため、不安感、うつ病、そしてその他の精神疾患の症状を緩和する効果があります。

体内を強化し、エネルギーを補給しながら精神状態を改善するためにも、グリーンスムージーを飲むのがおすすめです。

10.バナナ

バナナは美味しく栄養価の高い果物で、緊張感やストレスを緩和しながら筋肉をリラックスさせるミネラルであるカリウムを豊富に含んでいます。

毎日バナナを1本食べることで、不安感などの症状を自然に緩和します。

 

あなたへおすすめ