不安感を消し去ってくれる自然療法

· 1月 8, 2016
もし、慢性的に不安感を感じている場合は、より深刻な問題を抱えている可能性がありますので、専門家に相談することをお勧めします。

不安感は突然、何の前触れもなく私たちを襲います。時として動悸が早くなったり、冷や汗、身震い、腹痛、目眩、吐き気などの症状さえも伴います。

今日はそんな不安感を消し去ってくれる自然療法をご紹介します。きっと心のバランスを取り戻せるでしょう。

不安感とは?

不安感を消し去ってくれる自然療法について詳しく見ていく前に、こうした方法は、突然の不安感に襲われた場合に効果があるという点を覚えていてください。もし、慢性的に不安感を感じている場合は、より深刻な問題を抱えている可能性がありますので、専門家に相談することをお勧めします。

 

息苦しさ

呼吸は、体の神経系のバランスを整える重要な役割を果たしています。一般的に、人は激しいストレスを経験した場合、呼吸をすることを止めたり、あるいはどうにか生きていける程度にまで呼吸が遅くなったりします。

そのため、不安感を感じた時には、少し座ったり横になり、目を閉じて呼吸に集中する必要があるのです。吸い込んだ息は、まずお腹から胸に移動し、吐き出す時はその逆に進みます。

数分後には、呼吸は元どおりに感じられるでしょう。

不安感.ヨガ

合わせて読みたい:ストレスに打ち勝つ4つの呼吸法

 

マグネシウムを入れたお風呂

自宅で出来る簡単かつ効果のある方法の一つとして、“水”を使う方法は欠かせないでしょう。楽しみながら不安感を解消するなら、お風呂に入ることをお勧めします。

マグネシウムを加えたお風呂に入ると、不眠症、緊張感、苛立ち、痛み、炎症に効果があります。またストレスを感じている時にも良いでしょう。

まず、100g分の粉末マグネシウムと、お好みのエッセンシャルオイルを準備しましょう。自然の香りは気分を良くします。特に柑橘系の香りは神経系に働きます。

次に温かいお風呂を用意し、上記の材料を湯に混ぜます。

20〜30分程ゆっくりと浸かってください。その後は冷ためのシャワーを浴びることをお勧めします。

不安感.リラックス

 

パッションフラワーティー

植物の力を侮ってはいけません。植物には五感の働きを取り戻してくれる力があります。パッションフラワーで作ったハーブティーとその他のハーブを組み合わせることもできます。パッションフラワーは、緊張感を和らげ、動悸、苛立ち、筋肉の緊張といった症状を和らげる働きがあることで知られています。

こちらもご覧ください:5種のハーブティーで緊張を和らげよう

 

フローラルトリートメント

この方法はバッチフラワーレメディとして知られており、花のエッセンスを利用して気持ちを和らげる自然療法です。自分自身に集中して目の前の状況をコントロールし、体のバランスを崩すことなく穏やかに行動することができるでしょう。

この療法は時として単に“レスキュー”と呼ばれることもありますが、バッチフラワーは緊急的なレメディ(治癒法)として知られています。

バッチフラワーレメディは長期間に渡って取り入れるようにしましょう。副作用などはありませんので、小さなお子さんや妊娠中の女性にも安全だとされています。

不安感に襲われた時は、コップ一杯の水にバッチフラワーレメディを4滴落とします。そして数分かけてゆっくりと飲みましょう。気分がよくなるはずです。

 

お腹のクレイパック

体の神経系と消化器系の関連性とは何でしょうか? 栄養士やセラピストなどの専門家によると、消化機能が正常に働いていない時、苛立ちや不安感をもたらすなど気分にも影響することを指摘しています。

あなたの感じる不安感が、体の消化機能のバランスが不安定になっている為だと感じるなら、古くから伝わるこの治療法を試してみてください。

必要なものは赤粘土だけです。下腹部に塗り、少なくとも30分間そのままにしておきます。一晩中でも構いません。粘土を塗った上からはタオル等でカバーしておくと温かさが保てるでしょう。

粘土を取る時は、温かいシャワーで洗い流しましょう。