エクササイズボールを使ってお尻を引き締める5つの方法

· 11月 9, 2017
今日ご紹介する、エクササイズボールを使ったエクササイズは、お尻の周りを引き締め、お尻の筋肉を強化します。また同時にお尻以外の部分にも働きかけます。

硬くキュッと引き締まったお尻になることは女性の憧れですが、残念ながら一晩でお尻が引き締まることはありません。

キュッと引き締まったお尻になるには、かなりの肉体的努力と食の面での努力が必要です

しかし、難しいエクササイズをしなくてはいけないということもありません。

今日は、エクササイズボールを使ってお尻を引き締める5つの方法をご紹介します。

時間がない、ジムに通うのはちょっと…という方も自宅で手軽に始めることができます!

エクササイズボールを使ってお尻を引き締める方法

1. 壁を使ってスクワット

エクササイズボールを使ったスクワット

スクワットは脚やお尻の筋肉を鍛え、強くするにはぴったりのエクササイズです。

スクワットを行うことで代謝が再活性化し、余分な脂肪を取り除くのに役立ちます。

これは特に、体の中でも脚やお尻に蓄積された脂肪を取り除くのに効果的です。

方法

  • エクササイズボールを壁と背中で挟みます。背中はちょうど真ん中あたり、腰の上でボールを押さえましょう。
  • 足は肩幅に開き、背中はまっすぐであるよう気を付けましょう。
  • 次に軽く膝を曲げ、椅子に座るかのように腰を低く落とします。
  • スクワットしている間は膝が足よりも前に出ないようにします。
  • 最初のポジションに戻ります。15回を1セットとして4セット行いましょう。

2. 片足でスクワット

1の姿勢で行うスクワットの上級版です。このスクワットは片足ずつ行いましょう。

方法

  • エクササイズボールを壁と背中で挟みます。背中はちょうど真ん中あたり、腰の上でボールを押さえましょう。右足を上げ、前方へストレッチします。腰を落とした際に、足と膝が一直線になるようにします。
  • バランスを保つよう集中しましょう。ゆっくりと片足でスクワットします。
  • 全ての体重が片足にかかるようにします。
  • 最初のポジションに戻ります。これを15回繰り返しましょう。
  • 足を左足に代えて同じように行います。

3. 骨盤を持ち上げるエクササイズ

エクササイズボールで腹筋を鍛える

骨盤を持ち上げるこのエクササイズの利点は、お尻の筋肉を強化することだけではありません。

お腹や腰椎部分にも効果があるのです。

方法

  • マットの上に仰向けに横になります。エクササイズボールをふくらはぎの下に置きましょう。
  • 腕は体の横に置きます。お腹とお尻の筋肉をほぐし、腰を天井に向けて高く上げます。
  • 脚を再びストレッチさせます。腰を低くし、最初のポジションに戻しましょう。
  • 15回を1セットとし、3セット行いましょう。

こちらもご参考に:3週間でぺったんこの お腹 にする6つの椅子エクササイズ

4. バックワーズキック

伝統的なスラストと似ているこのエクササイズでは、ヒップ、お尻、脚の筋肉を強くすることができます

この場合、脚をエクササイズボールでサポートし下向きの動きを容易にしましょう。

方法

  • 体の後ろにエクササイズボールを置きます。背中はまっすぐに保ちます。手はヒップの両サイドに置きます。右足を上げます。
  • お腹とお尻の筋肉に効いていることを意識します。バランスを失わずにもう片方の脚は曲げた状態で後ろ向きにキックしましょう。
  • 最初のポジションに戻ります。片足につき15回繰り返しましょう。

こちらもお試しください:自宅で簡単!お尻を引き締めるエクササイズ5選

5. ボールを使ったコントララテラル

エクササイズボールで引き締め

お尻の筋肉強化には、エクササイズボールを使ってコントララテラルを行うと良いでしょう

また、耐久性やバランスを保つ力をつけることができます。

方法

  • エクササイズボールの上にうつ伏せに寝ます。左足と右腕を床につけて体をサポートしましょう。右足と左腕を同時に挙げます。
  • 挙げた状態をできるだけ長い時間キープしましょう。3秒たったら最初のポジションに戻します。
  • これを10回繰り返します。終わったら逆の足と腕を行いましょう。
  • これを3セット行います。慣れてきたら回数を増やしても良いでしょう。

あなたもエクササイズボールを使ってエクササイズしてみませんか?

長い時間かけなくてもできるエクササイズを何週間か続けていると、筋肉や強さに変化が見えてくるはずです。