動脈瘤の発見とその防止

· 12月 8, 2015

医療専門家は、動脈の血管壁が弱くなることに起因する動脈の異常な膨張を、動脈瘤であると定義しています。このような動脈の深刻な状態は一般的に50歳以上の女性によく現われる症状ですが、これを早期に発見し、動脈瘤の発生を未然に防止する方法について以下の記事をお読みください。

動脈瘤:あなたが知っておくべきこと

血管

一生動脈瘤と縁がない人がいるかと思えば、生まれた時から動脈瘤の心配がある人もいるなど、人によって動脈瘤ができるできないの確たる原因は未だ判明していません。

危険な動脈瘤が発生するのは、主に心臓を出発点とした大動脈から枝分かれした主要な動脈、例えば膝(膝窩動脈)、脳、腸(腸間膜動脈)および脾臓(脾臓動脈)などの付近です。特に妊娠中の女性の場合は、脾臓動脈に動脈瘤が発生することがよくあります。

動脈瘤の症状は、それがどこにできたかにより異なります。動脈瘤が体の表面近くにできた場合などは、その部分に痛みを感じたり血管内の血圧変動を感じたりすることがあります。逆に、脳の内部のような深い部分に動脈瘤が生成された場合などには、自覚症状が全く無いような場合もしばしばあります

ただし、脳内にできた動脈瘤が破裂することなく大きくなってしまった場合などには、周囲の脳神経を圧迫することになり、次に示すような症状を引き起こすことがあります。

  • 頭痛
  • 物が二重に見える
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 平衡感覚異常
  • 肩凝り
  • 人と会話をしたり、人の話を理解することができない
  • 光に対する過敏症
  • 嘔吐
  • 発作
  • 失神

もしも動脈瘤が破裂してしまった場合には、急激な血圧の低下、痛み、めまい、心拍の急上昇などの症状を引き起こす可能性があり、最悪の場合には死亡に至る危険性があります。

約5%の人は脳動脈瘤が発症する可能性があると言われていますが、遺伝的な要因や循環器系統に疾患がある人などでは、そのリスクがより増大する傾向にあります。

動脈瘤を見つける方法

医者

脳内にできる動脈瘤は最も危険な疾患です。脳動脈瘤の発生原因は、多分に不健康な生活習慣や他の疾患を患っていることによります。脳動脈瘤の破裂の可能性がかなり早い段階で察知されている場合には、破裂後速やかな処置をとることにより生存は保障される可能性が高いでしょうが、許容される時間は30分ほどしかありません。

脳動脈瘤があることを自分で知っている患者は全体の40%しかいませんので、そういう方は前述の速やかな対処をして命をとりとめますが、自分の脳の異常を知らない残りの方々はほぼ生き延びることはできません。

脳動脈瘤は、ほとんどの人において痛みなどの症状が発現しませんし、もし定期健診などでその兆候が発見されたとしても、それが今後危険な動脈瘤に成長していくかどうかはおそらくその時点では判断することができないでしょう。ただし、脳動脈瘤が破裂寸前まで成長してしまった場合には、破裂する前にセンチネル頭痛として知られている 薬による治療に反応しない重度の慢性頭痛が発症しますので、そういう痛みが続く場合には、自身が非常に危険な状態であるとして、医師に告げて処置を受けるべきです。

動脈瘤が破裂すると、脳と中枢神経系を保護する薄い外側組織との間に動脈内の血液が流れ出します。同時に非常に激しい頭痛が起こるとともに目を開けていられなくなります。また、吐き気、めまい、嘔吐、身体の片側の感覚の喪失、複視といった症状を感ずる間もなく、身体中の力が抜けて気を失ってしまうでしょう。

脳動脈瘤患者の半数未満ですが、脳動脈瘤破裂から生還し、脳神経系統の後遺症もない状態で生存していますので、自身が感じた耐え難いほどの頭痛が、爆発事故、落下その他の事故による外傷のせいではない場合には、直ちに医師の診察を受けることをお勧めします。

動脈瘤を防ぐ方法

予防を心がけることは、動脈瘤を回避する最善の方法です。そのためにするべきことは以下のとおりです。

まずは主治医に相談してみましょう

頭痛

あなたの年齢に応じた健康状態のデータなどを毎年の定期健康診断においてしっかり把握しておくことは、身体の異常の兆候を早期に見つけるためにとても重要なことです。また、医師が正しい診断を行うためには、あなたの家族の病歴も正確に把握しておく必要がありますので、あなたの近親者の誰かが動脈瘤を発症したことがあるような場合には主治医に正しく伝えてください。

現在では、コンピュータ断層撮影(CTスキャン)、磁気共鳴イメージング(MRI)、脳脊髄液及び血管造影の分析等様々な検査ができますので、これらを併用することにより脳動脈瘤の兆候を見逃す可能性は小さくなっています。

健康的なライフスタイルをお勧めします

あなたが動脈瘤のリスクを少しでも小さくするための最善の方法は、以下のとおりです。

  • 禁煙
  • 薬物やアルコールを乱用しない
  • 健康的な生活、バランスの取れた食事をする
  • 週に少なくとも2~3回の運動をする
  • 太り過ぎに注意
  • 適正なコレステロール値を維持し、血圧にも留意する

自分のストレスレベルをコントロールするには

運動

ある種の不安感やストレスの少ない生活を送ることは、動脈瘤を発症する可能性を低減させるのに役立ちます。気分を害するような事柄を避けたり、深刻な状況になる前に物事を解決するなどして気持ちを極力安らかに保つようにしてください。そのためには、十分な休養をとるための休暇をとることはとても良いことです。

また、少なくとも毎晩6-8時間の睡眠をとることを忘れないでください。十分な睡眠は健康のためにとても良いのですよ。

以上述べた方法をあなたが楽しみながら実行できるように、我々からの提案を次のようにリストにしました。

  • 読書。
  • 公園の散歩。
  • 子供と一緒になって遊ぶこと。
  • 園芸。
  • チェス。
  • ヨガやピラティス(一種の身体調整法)。
  • 水泳。
  • 楽器演奏。

そのほか、瞑想などもストレスを軽減しますので、動脈瘤を防ぐための良い方法と言えるでしょう。

あなたへおすすめ