動脈静脈クリーニングに良い10食品

· 2月 19, 2016

動脈と静脈をきれいに浄化することで、動脈硬化などの病気の予防になります。

動脈と静脈を健康に保つことは、私たちの健康全般に重要な役割を果たします。

時間の経過とともに、いくつかの要因が動脈の閉塞を引き起こし、血行問題や死を招く恐れのある心臓疾患などにつながるリスクを高めます。

しかし、動脈と静脈を浄化する効果がある食品を積極的に取り入れることで、様々な病気の予防効果が期待できます。

世界中で頻発する死亡原因の一つが、動脈硬化症です。

私たちの免疫力を弱め、感染症などを引き起こすなど、とても深刻な病気です。

閉塞性動脈硬化症に加えて、動脈閉塞と静脈高血圧症や心臓病、こうした病気を予防する上で毎日の食生活が大きな影響を与えます。

本記事では、動脈と静脈を浄化する効果のある食品をご紹介します。

にんにく

にんにく

にんにくは動脈をきれいにする最も効果的な食品の一つと言われて今す。

強力な抗酸化作用を持つニンニクが、悪玉コレステロール値を低下させると同時に善玉コレステロールを増やます。

さらに、血液の循環を促進しながら、高血圧を予防します。

こちらもご参考に:高血圧と高コレステロール血症に効く/ショウガ・ニンニク療法

オートミール

オートミールは、特に朝食にお勧めです。

消化がいいことに加え、一日を通して私たちの体にエネルギーを与えてくれます。

動脈壁に蓄積されやすいコレステロールをコントロールしながら、動脈硬化や心臓病を予防します。

こちらもご覧ください:前の晩から用意できるチアシードとオートミールの健康朝ごはん

りんご

りんご

カリフォルニア大学、スポーツ栄養のディレクターと教授のリズ・アップルゲート博士によると、 りんごは、コレステロールで結合する食物繊維のペクチンと呼ばれる物質を含んでいます。

しかも、リンゴに含まれるフラボノイドが、心臓病になる確率を50%まで減らしてくれるというのです。

脂肪の多い魚は、「優れたオイル」で知られるオメガ3脂肪酸が豊富で、体内機能を正常に整えながら動脈の閉塞を予防する効果が期待できます。

特にオススメなのが、サケ、サバ、マグロ、マス、ニシン、イワシです。

ターメリック

ターメリック

ターメリックの主要成分はクルクミンには、炎症に抵抗する抗炎症作用があるため、心臓を守る素晴らしい効果が期待できます。

ほうれん草

いくつかの研究によると、ほうれん草はビタミンAとCが豊富で、酸化コレステロールや動脈硬化を予防する助けをします。

ナッツ

ナッツ

ナッツは動脈閉塞を予防するのを助けるのに優れており、静脈のお掃除を刺激します。これらの優れた作用は、一価不飽和脂肪酸とオメガ3脂肪酸の有含量の結果で、動脈の健康には極めて重要です。最高レベルのナッツは、ヘーゼルナッツ、アーモンド、ピーカンナッツ、ピーナッツです。

オリーブオイル

エクストラ・バージンオリーブオイルは、健康に様々な有益の作用があり、その中でも心臓病予防の能力があります。この製品は酸化しにくい一価不飽和脂肪酸で、コレステロールが動脈壁に付くことを防ぎます。

トマト

トマト

リコピンの重要な摂取元であるトマトは、悪いコレステロールが動脈壁に蓄積されるのを予防する効果のある抗酸化物質です。

研究によると、毎日トマトを食べると、動脈中で血小板を形成するリスクを大幅に減らすとのことです。

ザクロジュース

他のジュースに比べて、ザクロジュースは、高い抗酸化レベルを持っていると科学的に証明されています。

この作用のおかげで、ねずみを使った研究によると、ザクロジュースは動脈硬化によって損われた動脈を治療することに長けていることが明らかになりました。

Alvarez, B. G., & Docampo, M. M. (2005). Arteriosclerosis. In Measuring Immunity: Basic Biology and Clinical Assessment. https://doi.org/10.1016/B978-012455900-4/50316-0 Fishbein, M. C., & Fishbein, G. A. (2015). Arteriosclerosis: Facts and fancy. In Cardiovascular Pathology. https://doi.org/10.1016/j.carpath.2015.07.007