COVID-19のパンデミック:顔に触れないためのヒント

25 5月, 2020
新型コロナウイルスの感染が広がるリスクを軽減するための推奨事項の1つが、できるだけ顔に触れないようにすることです。今回の記事でその理由と、触れないようにするためのアドバイスをご紹介します。

新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックの間は、顔に触れてはいけないと専門家は説明しています。

なぜ、顔に触れないことがそれほど重要なのでしょうか?

新型コロナウイルスの蔓延を防ぐ方法については、多くの研究が進行中ですが、現段階では、顔、特に目、鼻、口に触れないことが大切です。

顔に触れてはいけないと言われる理由を理解するために、まず新型コロナウイルスが私たちの体内にどのように侵入するかを学ぶ必要があります。

そして、新型コロナウイルスへの感染を予防するのに役立つと言われている方法もご紹介します。

新型コロナウイルスの入り口はどこですか?

目、鼻、口はすべて、COVID-19をはじめとする感染性病原体の入り口となります。

新型コロナウイルスは感染症であり、他の多くの感染症と同様に、目、鼻、口から感染します。

COVID-19ウイルスは、感染した人が咳、くしゃみ、または息をする際に、鼻や口から排出される水滴によって人から人へと広がります。

この感染は、人と人との直接の接触によってだけ発生するのではなく、様々なものの表面にウイルスが落ちて付着することでも起こります。新型コロナウイルスは、物の表面に付着すると長時間生き残るとされています。

感染者の鼻や口から出たウイルスが付着した表面に触れ、ウイルスが手についた状態で自分の顔に触れると、感染につながる可能性があります。

言い換えれば、顔がこのウイルスの入り口の1つである場合、特別な注意を払い、ウイルスが体内に侵入して感染を引き起こすリスクを減らすことが大切です。

一見するとシンプルな対策ですが、とても効率的な予防措置であり、過去にも他の感染症のリスクを軽減するのに役立ちました。

風邪やインフルエンザなどの、より一般的な病気にも同じ予防措置を適用することが推奨されています。

COVID-19のパンデミック:顔に触れないためのヒント マスクをつける女性

続きはこちらから:買い物時に新型コロナウイルスへの感染を防ぐ方法

新型コロナウイルスの蔓延防止に役立つその他の対策

新型コロナウイルスは、最大で数日間、洗浄されない表面上に残る可能性があります。

そのため、よく触れるものの表面や接触部分を常に清潔に保つことが大切です。

これは、ドアノブ、電子機器、エレベーターのボタン、公共の手すりなどです。

頻繁に掃除や消毒を行うことで、これらの表面に付着するウイルスの量を減らすのに役立つと同時に、健康な人にウイルスが広がる可能性を減らすのに役立ちます。

これは、新型コロナウイルスのパンデミックだけでなく、他の感染性および非感染性の病気の感染手段なので、予防措置を講じることで、新型コロナウイルスの蔓延を減らすだけでなく、他の感染症の伝播を減らし社会全体の健康維持にも役立つ効果があります。

新型コロナウイルスのパンデミックに対する保護対策

  • 石鹸と水を使う頻繁な手洗い、または消毒剤の使用
  • 社会的距離(ソーシャルディスタンス)の維持
  • 顔、特に目、鼻、口に触れないようにする
  • 漂白剤と水で作る溶液でよく触れるものの表面を洗浄する
COVID-19のパンデミック:顔に触れないためのヒント くしゃみをする女性

こちらもご参考に:食べ物は新型コロナウイルスに汚染されますか?

顔に触れないためのヒント

顔に触れないことは不可能に思えるかもしれませんが、最初は触る回数を減らす対策を講じましょう。

顔を触るのは無意識の習慣ですが、以下のヒントに従って、できる限り触らないように心がけることが大切です。

  • ティッシュを使う:顔がかゆくなったり、鼻や目などをこすりたくなる場合に備えて、ティッシュを手元に置きましょう。ティッシュは使ったらすぐにゴミ箱に捨ててください。
  • コンタクトレンズの使用を避けてください。
  • 咳やくしゃみをするときは、口と鼻をティッシュペーパーで肘の内側で覆う:繰り返しになりますが、ティッシュを使用したら、すぐに処分してください。ウイルスが手に付着する可能性を減らします。
  • 強迫的な行動を避ける:常に手を忙しくするか指を交差させて強迫的な行動によって顔を触るのを避けましょう。
  • 顔に触れる原因を見つけて改善する:顔に触れる原因には、かゆみ、アレルギー、コンタクトレンズの使用、くせなどがありますが、触る原因を認識して改善するように心がけましょう。

顔に触れないように気をつけるよりも、手を頻繁に洗う方が簡単に身につく習慣だと考える人も少なくありません。

これは、顔に触らないようにすることは、多くの人にとって無意識の習慣だからです。

修正するのが難しくても、顔を触らないように努力をする必要があります。

少なくとも、顔に触れてはいけない理由と顔を触ることで健康に悪影響を及ぼす可能性があることを理解し、できる限り顔を触る回数を減らす努力をしましょう。

  • Velavan, T. P., & Meyer, C. G. (2020, March 1). The COVID-19 epidemic. Tropical Medicine and International Health. Blackwell Publishing Ltd. https://doi.org/10.1111/tmi.13383
  • Centers for Disease Control and Prevention. (2020). Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) Situation Summary. 2020-01-30)[2020-02-01]. Https://Www. Cdc. Gov/Coronavirus/2019-Ncov/Summary. Html. Retrieved from https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-nCoV/summary.html
  • Sun, P., Lu, X., Xu, C., Sun, W., & Pan, B. (2020). Understanding of COVID-19 based on current evidence. Journal of Medical Virology. John Wiley and Sons Inc. https://doi.org/10.1002/jmv.25722