ヒートショックの原因と特徴

ヒートショックは、夏にもよく見られます。軽い不快感だけでなく、死に至ることもあります。
ヒートショックの原因と特徴
Iván Losada

によって書かれ、確認されています。 カイロプラクター Iván Losada.

最後の更新: 20 12月, 2022

英語でcold shock response (コールドショック反応)とも呼ばれる「ヒートショック」とは、消化器系や脳の灌流にも関係する心肺反応です。この記事では、これがなぜ起こるのかを解説します。

この症状は、脳の灌流不足が主な原因ですが、消化器系と関係することが多いようです。実はこれは、例えば暑い夏に飛び込む水と体の温度差によって引き起こされる浸漬反射の結果なのです。

この現象は冬場だけでなく夏場でも多く見られ、水に入ったときの急激な温度変化に直接関係しています。暑さと日差しの結果として、体温を正常な範囲に保とうとするメカニズムによって、血管が拡張するのです。

血管拡張は体温を発散させ、発汗とともに体温を正常な範囲に保つ働きがあります。したがって、急に血管収縮を起こすと、体より冷たい水に入ったときにヒートショックに繋がります。

消化器系のイラスト。
ヒートショック反応は、消化の過程で消化器系に回った脳への血液の灌流が不足することなどが原因であることが多いようです。

ヒートショック反応は、具体的にどのような原因で起こるのか

私たちが食べたものは、消化の過程で蠕動運動によって胃液と混ざり合います。この過程では、大量の血液が必要となります。したがって、血流の再分配を強制的に行い、消化器官を優先させ、他の臓器やシステムを犠牲にすることになるのです。

消化過程は、加水分解の出現において最も重要な要素ではなく、「潜水反射」であることに注意してください。

熱射病は、コールドショック反応の原因です。

こちらもお読みください:心臓発作を抱える人が食べるべき食品

潜水反射とは

潜水反射は、体、特に頭が水の中に入ったときに起こります。体温と水温の差と、水に浸かった時の急激な温度差によって引き起こされます。

通常、心拍数の低下と、血管、特に皮膚の血管の収縮による血液の再分配が起こるからで、これは、脳に十分な血液と酸素を供給するためと、体温の急激な変化を避けるために起こります。

潜水反射は子供でかなり顕著です。また、特に敏感な人はめまいを起こします。さらに、失神や、心停止による突然死につながることもあります。

体は、脳への血液や酸素の到着を管理するため、他の臓器や組織への供給を減少させます。心臓への血液や酸素の供給が急激に大きく減少すると、心停止が起こり、突然死や溺死に至ることがあります。

ヒートショック反応と消化のプロセス

消化は、食物の成分をより小さな消化可能な分子に分離するプロセスです。これらの分子は、最初に栄養素の再吸収のために小腸に渡ります。

消化が完了するまでの時間は個人差があり、摂取した食物の量や種類に関係します。例として下記を挙げます。

  • 脂肪分の多い食事を大量に摂ると、消化にかかる時間が長くなる
  • 野菜、果物、単純炭水化物の摂取は、消化を促進する

食べ物が胃の中に留まる時間は、血流の再分配を引き起こし、数分から数時間にも及びます。食後に眠くなることがあるのは、このためです。これは、脳に到達する酸素の量が減少することが原因です。

消化のプロセスが終わっていない人が、体温と大きく異なるプールに飛び込むと、ヒートショック反応が起きると言えるでしょう。この潜水反射は、軽い不快感から心停止による死亡まで引き起こす可能性があります。

ヒートショック応答の症状

  • 耳鳴り
  • ぼやけた視界
  • 寒気
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 意識の喪失
めまいがする人の視点。

予防策

  • 大きな水の中に入る前に、消化の時間を尊重する。この時間は、摂取した食物の量や成分によって異なるので注意しましょう。これは、必要な時間を条件づけるためです。
  • 体温を上昇させるような激しい運動は避ける。これは主に水温になるべく近づけるためです。
  • 急な潜水は避ける。前腕、肩、顔、首、腹部などを少量の水で濡らすようにします。これは、水中に潜る前に、体温と水温のバランスをとるためです。
  • 激しい運動の後は、冷たい飲み物を摂取すると、加水分解につながる可能性があるので、避けてください。

ヒートショックが起こったら

CPRのイラスト。
重症の場合、蘇生法が必要になる場合があります。

ヒートショックに関しては、知識と予防が重要です。したがって、上記の危険因子をすべて回避する必要があります。

ヒートショック反応がすでに起こっている場合は、反応を起こしている人を水から引き上げ、水気を拭き取って正常な体温に戻るように助けます。失神や心肺停止が起きている場合は、救急隊員が到着するまで心肺蘇生を行いましょう

こちらの記事もおすすめです。
海で安全に泳ぐには?プールとの違いとは?
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
海で安全に泳ぐには?プールとの違いとは?

海とは、芸術のひらめきの源であり、観光名所であり、漁師の生活であり、旅行の目的地であり、そしてくつろぎの場所です。人生の中の最も単純で、最も心地よい喜びのひとつである「オープンウォーターで泳ぐこと」を可能にしてくれます。まだ海で泳いだことがないようであれば、この記事から海での泳ぎ方のヒントを参...



  • Boland M. Human digestion–a processing perspective. J Sci Food Agric. 2016 May;96(7):2275-83. doi: 10.1002/jsfa.7601. Epub 2016 Feb 5. PMID: 26711173.
  • Shattock MJ, Tipton MJ. ‘Autonomic conflict’: a different way to die during cold water immersion? J Physiol. 2012 Jul 15;590(14):3219-30. doi: 10.1113/jphysiol.2012.229864. Epub 2012 Apr 30. PMID: 22547634; PMCID: PMC3459038.
  • Giezenaar C, Lange K, Hausken T, Jones KL, Horowitz M, Chapman I, Soenen S. Acute Effects of Substitution, and Addition, of Carbohydrates and Fat to Protein on Gastric Emptying, Blood Glucose, Gut Hormones, Appetite, and Energy Intake. Nutrients. 2018 Oct 7;10(10):1451. doi: 10.3390/nu10101451. PMID: 30301241; PMCID: PMC6213197.

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。