【食道異物】どんな状態で、治療法は何か

食道に食べ物が挟まってしまったような感じがする、「食道異物」と呼ばれる状態があります。その詳細と治療法について紹介しますので、ぜひお読みください。
【食道異物】どんな状態で、治療法は何か

最後の更新: 14 8月, 2022

食道異物とは、食道内に食べ物が詰まることです。この現象は、咀嚼に問題があり、飲み込む機能に支障をきたすことで起こります。または、食道の筋肉が思うように働かないために起こる場合もあります。

後者の場合は、病気やケガが原因かもしれません。いずれにせよ、問題を解決するためには、問題を特定することが重要です。

その前に、消化は口から始まるということを、多くの人が意識していないことを指摘しておきます。急いで食べると、咀嚼がうまくいかず、その後のすべてのプロセスに支障をきたすことになります。

この最初の機械的な破砕は、胃液がその機能を最適に発揮し、栄養素の迅速な吸収を達成するために不可欠なものです。

消化の基本的な生理機能

食べ物が飲み込まれると、そこから蠕動運動(ぜんどううんどう)と呼ばれる動きによって食道を下りていく過程が始まります。これは、消化管を形成している筋肉の働きによるものです。

もしこの蠕動運動が正しく行われないと、食べ物が口と胃の間のどこかに詰まり、不快な感覚を覚えることがあります。このような状態は、「食道異物」と呼ばれています。

実は、この食塊は嚥下障害によって引き起こされることもあるのです。これは、雑誌「Communication Disorders, Audiology and Swallowing」に掲載された研究によると、嚥下障害に付けられた名称です。

この障害は、何歳であっても、たとえ小児期であっても起こり得ます。嚥下障害の最も一般的な原因としては、アレルギー、びまん性痙攣、機能障害、胃食道逆流症、オピオイド機能不全などが挙げられます。

一般に、嚥下障害の症状は、食道への粘液の貯留、胸痛、食物の挟み込み、喉の締め付け感、体重減少などです。この症状に悩む患者は、食事の際に問題や不快感を感じるため、しばしば食べ物を拒否するのが普通です。

食道異物 酸逆流
胃部での極端な酸性は、食道部での詰まりを引き起こします。

こちらもお読みください:蠕動運動の驚くべき仕組みを学ぼう

食道異物について受診するタイミング

食物に食べ物が詰まるのがたまにしか起こらない場合は、専門医に相談する必要がない場合もあります。単に咀嚼がうまくできていないことが原因かもしれません。また、食べ方が悪いことが原因の場合もあります。食習慣全般を改善することで解決することが多いので、不要な不快感を感じることはないでしょう。

しかし、食後に常に喉が詰まるような感覚がある場合、喉に何かが詰まっているような感覚がある場合、呼吸困難が伴う場合は、医師に相談することが一番です。極端な例では、食後に嘔吐することもあり、食あたりは本当に緊急事態です。

このような場合、まず病歴聴取を行い、それに伴ってX線検査を行い、食物がある場所を評価します。その後、インパクションを正しく評価・診断するために、内視鏡検査が実施されることもあります。

治療法としては、食道の筋肉を弛緩させ、胃への食物の移動を改善する薬物を使用します。ブチルスコポラミン、グルカゴン、カルシウム拮抗薬、ベンゾジアゼピン系、硝酸塩などがこれにあたる。後者は組織の弛緩を促進することが示されています

こちらもお読みください:消化を改善する5つのハーブ

食道異物を防ぐ方法

多くの場合、食道異物を予防することは可能です。この現象は、単に早食いや噛む回数が少ないことが原因で起こることもあります。

実際、早食いでもこの症状に悩まされるリスクは高まります。したがって、最初の消化プロセスが効率的に行われるようにしながら、飲み込むのに時間をかければ十分であることが多いのです。

また、加工食品や嗜好性の高い食品よりも新鮮な食品を優先的に摂取することで、この障害の発生頻度を抑えることができます。

しかし、食道の構造や機能に問題があってインパクションが起こる場合は、必ず医師の診察を受けることをお勧めします。場合によっては、食道に狭窄や狭窄があり、食物が食道を通過するのが複雑になっていることがあります。

逆流が起こると、人によっては食べ物が詰まることがあります。この場合、症状を悪化させる刺激的な食べ物が食事に含まれないように制限する食事療法を実施するのが最善です。実際、Current Opinion in Gastroenterology 誌に掲載された研究でも、このことが確認されています。

この疾患の治療には、予防と早期治療が重要な鍵となります。逆流が長期間続くと、食道上皮が変質してしまうことがあります。

食道異物を防ぐ 内視鏡検査
医師により、緊急の場合に閉塞を特定して治療するために内視鏡検査が行われることがあります。

食べ物の詰まりは消化器系の問題

食物の詰まりは、大きな不快感を引き起こす可能性のある消化過程の障害です。場合によっては、緊急受診の理由となることさえあります。

しかし、通常は食習慣を改善し、適切な食事を心がけることで予防することができます。もし、それが続くようであれば、より複雑な診断検査を行い、起源を評価する必要があります。

食道インパクションの発生と密接に関連する食道外疾患があることに留意してください。例えば、肥満や体重増加が挙げられます。体脂肪率が高くなると、食道も含めて体内にある臓器が圧迫されます。

こちらの記事もおすすめです。
胃食道逆流症の人にオススメの食生活
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
胃食道逆流症の人にオススメの食生活

食事をすると胃食道逆流症に苦しむ人が多くいます。食道は単純な筋肉ではありません。食道の周りにはいつも閉じている筋肉があり、食べ物が食道に入る時に開くのです。胃酸が上がってくる、つまり逆流するのを防いでくれるのです。今日は、胃食道逆流症に苦しむ人におススメしたい食べ物について見ていきましょう。



  • Etges, C. L., Barbosa, L. R., & Cardoso, M. (2020). Development of the Pediatric Dysphagia Risk Screening Instrument (PDRSI). Desenvolvimento do Instrumento de Rastreio Para o Risco de Disfagia Pediátrica (IRRD-Ped). CoDAS32(5), e20190061. https://doi.org/10.1590/2317-1782/20202019061
  • Bahadoran, Z., Mirmiran, P., Kabir, A., Azizi, F., & Ghasemi, A. (2017). The Nitrate-Independent Blood Pressure-Lowering Effect of Beetroot Juice: A Systematic Review and Meta-Analysis. Advances in nutrition (Bethesda, Md.)8(6), 830–838. https://doi.org/10.3945/an.117.016717
  • Sethi, S., & Richter, J. E. (2017). Diet and gastroesophageal reflux disease: role in pathogenesis and management. Current opinion in gastroenterology33(2), 107–111. https://doi.org/10.1097/MOG.0000000000000337