胃食道逆流症(GERD):症状と治療法

1月 6, 2020
胃食道逆流症は、一般的に予後が良好な慢性疾患です。その症状の強度には個人差があり、断続的な寛解期間が特徴的です。

胃食道逆流症は、引き起こす要因がないまま、胃の内容物が食道に逆流することを特徴としています。

一方、生理学的な食道逆流は主に、胃の膨満による一過性で自発的な下部食道括約筋の弛緩によるものです。

胃食道逆流症は、それに苦しむ人々の生活の質に影響を与えますが、それを病理とみなすには、十分に激しい症状を発症している必要があります。

胃食道逆流症は慢性疾患であり、予後は良好で、断続的な寛解期間が特徴です。

胃食道逆流症の原因

胃食道逆流症(GERD):症状と治療法 苦しむ患者

胃食道逆流症の発現は多くの要因が考えられますが、最も重要なのは下部食道括約筋の機能不全です。

さらに、胃食道逆流症を促進する要因には以下が含まれます。

  • 食道の運動
  • 上部食道括約筋
  • 食道の浄化メカニズムと胃内容物

多くの場合、胃食道逆流症は裂孔ヘルニアに関連しています。これは、裂孔ヘルニアが逆流を促進するためです。

症状

胃食道逆流症には多くの症状がありますが、一般的な症状の発現から食道炎にまでおよびます。

頻度は低いものの、狭窄、食道の潰瘍、バレット食道などの合併症を発症する可能性があります。

症状のばらつきは、胃食道逆流症の発症期間や逆流した物質の量と攻撃性などの要因に依存します。

最も一般的な症状は次のとおりです。

  • 胸焼け:胃食道逆流症の最も特徴的な症状で、みぞおちから燃えるような感覚です。
  • 胃酸の逆流:二番目に一般的な症状で、胃の内容物の口への自発的な逆流を伴います。これは、特定の位置または腹圧の増加によって起こる傾向があります。
  • 胸の中央部の痛み:食道のけいれんによって引き起こされる急性または突然の症状です。痛みの原因は様々ですが、食物摂取に関連する痛みの場合は、胃食道逆流症を疑います。
  • 嚥下障害または窒息感
  • 嚥下痛:痛みを伴う嚥下障害ですが、これは胃食道逆流症の一般的な症状ではありません。この症状が現れた場合は、食道炎の兆候である可能性があります。

胃食道逆流症の症状が現れると、かなり確実な診断へと繋がります。

一般的には、内視鏡検査などの検査をせずに診断することができます。

患者の症状で気になる点がある場合や、従来の治療の効果がない場合は、食道、胃、十二指腸内視鏡検査 (EGD)を実施する必要があります。

発見:胸焼けと胃炎を改善する自然療法

胃食道逆流症の治療

胃食道逆流症の治療は、症状の緩和と食道炎の治療を目的としており、医師は起こりうる合併症の予防や治療を行います。

他の治療としては、ライフスタイルの変更、衛生および食事療法、薬物療法、そして極端な場合には手術が含まれます。

衛生および食事の改善

胃食道逆流症(GERD):症状と治療法 腹部を抑える女性
健康的な食事は、胃食道逆流症のコントロールに不可欠です。一般的には、軽い食事をとり、刺激物を避けることが推奨されます。

ライフスタイルや食生活の改善、そして衛生状態の維持は、患者の生活や症状に合わせてカスタマイズする必要があります。

また、変更に対してどのような臨床反応が起こるのかに注意する必要があります。

太りすぎや肥満の患者は、体重を減らすだけでなく、喫煙習慣や飲酒の習慣を減らすか完全にやめることをお勧めします。

枕を高くすることに加えて、以下のアドバイスに従ってください。

  • 重い食事を避け、軽い食事を頻繁に摂取するようにしてください。
  • 胃酸が逆流する原因となる食品を見つけて、その食品を避けましょう。
  • ストレスをコントロールしてください。
  • 定期的に運動するように心がけてください。
  • 食べ物を噛むのに十分な時間を費やしてください。

続きを読む:胃炎をコントロールするための3つのコツ

治療は、胃酸の分泌を抑制または中和することに基づいています。

プロトンポンプ阻害剤は、GERDの治療に一般的に使用される薬の一つです。

このタイプの薬は、胃液の分泌を完全に抑制し、症状を緩和しながら、食道炎を治療して再発を抑制します。

一方、制酸薬は効果的かつ迅速に胸焼けを軽減します。

胸焼けよりも逆流が優勢な場合は、消化管機能改善薬が有用です。

また、H2ブロッカーであるヒスタミンH2受容体拮抗剤は、胃酸の分泌を部分的に抑制します。

患者が食道炎にかかっていない場合、医師は胃食道逆流症の治療にこれらの薬を使用します。

胃食道逆流症が生活の質に悪い影響を及ぼしていませんか?

胃食道逆流症を引き起こす要因は様々で、症状を悪化させることもあります。

胃食道逆流症には多くの治療法がありますが、必ず医師の診察を受けて適切な治療法を見つけてください。

  • Badillo R, Francis D. Diagnosis and treatment of gastroesophageal reflux disease. World J Gastrointest Pharmacol Ther. 2014;5(3):105–112. doi:10.4292/wjgpt.v5.i3.105
  • John M. Eisenberg Center for Clinical Decisions and Communications Science. Opciones de tratamiento para la ERGE o enfermedad por reflujo del ácido estomacal: Revisión de la investigación para adultos. 2012 Feb 29. In: Las Guías Sumarias de los Consumidores. Rockville (MD): Agency for Healthcare Research and Quality (US); 2006-. Available from: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK97820/
  • Clarrett DM, Hachem C. Gastroesophageal Reflux Disease (GERD). Mo Med. 2018;115(3):214–218.
  • Herbella FA, Patti MG. Gastroesophageal reflux disease: From pathophysiology to treatment. World J Gastroenterol. 2010;16(30):3745–3749. doi:10.3748/wjg.v16.i30.3745
  • Sandhu DS, Fass R. Current Trends in the Management of Gastroesophageal Reflux Disease. Gut Liver. 2018;12(1):7–16. doi:10.5009/gnl16615
  • Ness-Jensen E, Hveem K, El-Serag H, Lagergren J. Lifestyle Intervention in Gastroesophageal Reflux Disease. Clin Gastroenterol Hepatol. 2016;14(2):175–82.e823. doi:10.1016/j.cgh.2015.04.176