低体温症の治療について

12月 4, 2019
低体温症は生命を脅かす状況ですので、一刻も早く体温を正常に戻すことが重要です。

体温が著しく低下した場合、「低体温症」とみなされます。この状態に陥ると、深刻な損傷を防ぐために緊急の医療処置が必要です。この記事では、低体温症を治療するためのさまざまな方法をお伝えします。

 

低体温症とは

低体温症

「低体温症」とは異常に体温が下がった状態を指す医学用語です。一般的に、体温が35°Cを下回ると、人は低体温症とみなされます。

多数の条件により低体温症が起こる可能性があります。

前提として、人体には寒さから身を守る一連のメカニズムがあります。体温が下がると、熱を発生させて体を安定させるように機能します。

しかし、極限状態が続くと、体は失われた熱を回復できなくなります。体温が35°Cを下回ると、体が機能しなくなります。これは、体の発熱量が、失われる熱に比べて低いためです。

そして、重要な臓器と血管が損傷を受け始めます。この状態が適切に治療されない場合、合併症により死亡する可能性があります。

こちらもお読みください:鉄欠乏症ってどうなるの?

低体温症の種類

患者の重症度に応じて、低体温症は3種類に分類されます。症状は通常徐々に現れ、時間とともに悪化します。

次のことに注意してください。

  • 軽度(33-35ºC)。最も一般的な症状は、悪寒または振戦、混乱状態または見当識障害、および運動困難です。肌の色が変わり、触ると非常に冷たい状態です。
  • 中等度(30-33ºC)。意識を失い始め、呟きを発することがあります。また、激しい眠気と体力低下を感じることもあります。
  • 重度(30ºC未満)。意識を失い、心拍数と呼吸のリズムが遅くなり、衰弱します。また、血圧は推奨基準を下回ります。

低体温症の治療法とは

低体温症
暖かい服装と飲み物で、軽度の低体温症は治療できます。

応急処置とは、緊急時に適用するための簡単なガイドラインのことです。事故の種類に関係なく、医療処置を待っている間に被害を最小限に抑えることができます。

低体温症の場合は、すぐに119番に電話をして、被害者の状態を確認してください。脈拍と呼吸を確認し、必要に応じて心肺蘇生法を適用する必要があります。

こちらもお読みください:緑茶・生姜・シナモンで体力を回復しよう

次に、患者をより適切な温度の場所に移動します。濡れた衣服を脱がせ、毛布や新しい衣服で覆い、体温を回復することができれば尚よし、です。

避難所が見つからない場合は、患者に熱を与えて濡れた服を乾かし、体温を上げなければなりません。可能であれば、温湿布を貼ったり、患者に体を近づけて温めることもできます。より深刻な合併症を引き起こす可能性があるため、直接的に熱を与えることは奨励されません。

患者に意識がある場合は、飲み物や温かい食事を与えることができます。いずれにしても、被害者を落ち着かせるためにアルコールを飲ませることが推奨されます。

実行すべき医療処置は何か

医療チームが到着すると、患者を安定させるために最も適切な治療ガイドラインを実行します。

軽度の低体温症の場合、受動加熱を使用して治療を開始します。この技術は、失われた熱を回復するために暖かい液体や毛布を使用します。

ただし、より深刻な状態の場合、患者は意識を失ったり、落ち着かなかったりする場合があります。この状況下では、医師により低体温を緩和するために、下記のテクニックが実行されます

  • 点滴で水分補給をする。通常、食塩水が使われます。
  • 加湿酸素を使用して、患者の気道を加熱する。
  • 体の特定の領域に、可変量の生理食塩水を適用する。通常、胸膜や腹腔などにカテーテルを使って挿入される。
  • 極限状態の場合、血液透析装置が使用される場合があります。この機械は患者から血液を採取するものです。採血した血の温度を上げた後、患者の体内に戻します。

いずれにせよ、低体温症は、訓練された医療チームによる適切な措置で直ちに治療されるべきです。軽度の場合にのみ、衣服や飲み物だけで十分に体温が上がることがあります。