朝食でコレステロールを減らす5つのコツ

11月 21, 2019
朝食の栄養やバランスを毎朝確認することは、高コレステロールの値を下げる為にできることの一つです。

定期検診を受けたら、血液中のコレステロール値が高いと言われてしまった…なんてことはありませんか?どうやってコレステロールを下げればいいのかお悩みの方に朗報です。実は、食生活を見直し、少し改善するだけでコレステロールは下げることができるかもしれません。そしてそのポイントは朝食です。

朝食は、1日を乗り切るエネルギーを摂取する、大切な食事です。そして朝は、体が特定の食べ物の栄養を吸収しやすい時間帯でもあります。

コレステロールを減らす基本は、ビタミン、ミネラル、健康的な酵素を適切な食材から摂取することです。今日ご紹介する5つの方法を参考に、より健康な自分になりましょう。

1. オートミール:コレステロールを減らす最高の穀物

ロールドオーツ
アメリカ、ミネソタのメイヨークリニックによると、オーツ麦は、LDLという名でも知られている悪玉コレステロールの値を減らす食品の一つであるそうです。

オートミールには、水溶性繊維が含まれています。水溶性繊維は、LDLを減らしてくれるでしょう。水溶性繊維はまた、キドニービーンズ、芽キャベツ、りんご、洋梨にも含まれています。

LDLを下げるには、1日あたり5〜10g以上の水溶性繊維を摂取すると良いでしょう。オートミールやオートブラン1食分には、3〜4gの水溶性繊維が含まれていますので、これにフルーツなどをプラスして食べると良いでしょう。

2. アボカド:コレステロールを減らす方法の一つ

半分に切ったアボカド

アボカドは脂肪分が多く、カロリーが高いため、コレステロール値が上がるのではないかと考え、アボカドを避けている人がいます。

ですが実際は、アボカドは栄養値の非常に高いフルーツです。オメガ3脂肪酸が含まれていますので、コレステロール値のバランスを取るには理想的でしょう。

あまりアボカドを食べない、という方は、ぜひこの機会にアボカドを普段から取り入れ、心臓の健康を促進しましょう。

お勧め

  • 全粒粉パンのスライスを1〜2枚トーストします。その上にアボカドとトマトのスライスを乗せましょう。
  • 残りのアボカドを細かく切り、潰したバナナと混ぜ合わせます。100%純正生はちみつを少し加えましょう。

3. レモンとにんにく:コレステロールを減らす

にんにくとレモン

にんにくは健康に良い食材の一つです。天然の抗菌作用がある上、利尿作用、浄化作用、殺菌作用も期待できるでしょう。朝、生のにんにくを食べるだけで、高コレステロールが下げられるかもしれません。

ここでは、にんにくとレモンを組み合わせた方法をご紹介します。

材料

  • レモン汁 レモン1個分
  • 生のにんにく 1欠片
  • 水 グラス1杯

作り方

  • 水を温め、レモン汁を加えます。
  • 空腹時に生のにんにくを食べます。そのあと、温かいレモン水を飲みます。
  • これを週に2〜3回行います。

 

こちらも合わせてどうぞ:善玉コレステロールを増やす食品トップ6

 

4. ライ麦パンのトーストとオリーブオイルでコレステロールを減らす

スライスしたパン

パンはすべて同じ、というわけではありません。つまり、パンを選ぶ時は、その種類や原材料をよく見て購入しましょう。精製された白い小麦よりも全粒粉を使ったものを選びましょう。

また、コレステロールを下げるには、加工度の高い市販のふわふわのパンや菓子パンは避けましょう。

体に良い食生活を送りたいのなら、ライ麦パンを取り入れましょう。様々な種類のパンの中で、ライ麦パンは最も繊維や栄養を多く含む種類です。コレステロール値を下げてくれるのに役立つ鉄分とビタミンB群が含まれています。さらに、これにエクストラバージンオリーブオイルを少し垂らして食べると最高でしょう!

エクストラバージンオリーブオイルは、オイル類の中でも最も栄養価の高いオイルの一つです。さらに、単価不飽和脂肪酸(オレイン酸)、ビタミンE、フィトステロールが含まれています。これらには、心臓を保護する作用があるでしょう。

お勧め

朝食には繊維の他にたんぱく質を摂ることが大切です。例えば、卵や肉を追加してはどうでしょうか。

週に1〜2回は、たんぱく質を何らかの形で朝食に取り入れましょう。

5. 白茶でコレステロールを減らす

白茶

白茶は、健康食を取り扱う店やお茶の専門店などで販売されています。

白茶は、高コレステロール値を下げる最高のお茶だと言えるでしょう。白茶は、コレステロール低下作用(血中のコレステロール地を下げる)や抗酸化作用があります。これらは、細胞組織にダメージを与える連鎖反応を引き起こすフリーラジカルなどの化学反応や酸化を妨げてくれるでしょう。ラッキーなことに、白茶はフリーラジカルと闘ってくれるでしょう。

さらに、白茶は東方諸国では、デトックス効果があると伝統的に飲まれています。代謝を刺激してくれ、減量ダイエットの助けにもなるでしょう。

 

こちらも合わせてどうぞ:減量に役立つ白茶

 

覚えておきましょう

上述した食材の中でも、白茶からは最も優れた効果が期待できるでしょう。ですが、魔法ではありませんので、白茶を飲むだけでコレステロールがぐんぐん下がるというわけではありません。

つまり、食生活や生活習慣全体を改善しなくてはいけないのです。

まず、加工食品はほぼ全部避けましょう。魅力的でかわいいパッケージ、美味しそうなコマーシャル、便利で簡単というキャッチフレーズ…こういった”食品”にはトランス脂肪酸がたくさん含まれています。また、塩分も多いのです。特に朝食用の加工食品には、精製された白い砂糖や人工甘味料も非常に多く含まれているでしょう。

朝食に何を食べるか、それは健康にプラスとなるものです。ですが、健康とは1日で作られるものではありません。ゆっくりであっても結果が見えてくるでしょう。

  • Josué Gonzalez. (2013). Colesterol. 1. https://doi.org/10.1109/FCST.2015.28.

  • Molina, M. T., Vázquez, C. M., & Ruiz Gutiérrez, V. (1991). Metabolismo del colesterol. Su regulación a nivel hepático e intestinal. Grasas y Aceites. https://doi.org/10.3989/gya.1991.v42.i4.1237.

  • Clínica, G., Galega, S., & Interna, D. M. (2011). Lípidos , colesterol y lipoproteínas. Galicia Clínica | Socieda de Galega de Medicina Interna.