乳房嚢胞の治療法

· 7月 16, 2018
乳房嚢胞は危険な状態ではありませんが、婦人科医の検診による正確な診断を受ける必要があります。

乳房嚢腫は、乳房組織の乳腺内で乳管に分泌物が溜まり嚢胞になったもので、乳がんのセルフチェックなど自分で乳房を確認している時や、マンモグラフィーで発見されることが多いですが、良性のため深刻に考える必要はありません。

一方または両方の胸に現れる水で膨らんだブドウやボールのように感じますが、サイズと形状はさまざまです。30〜60歳の女性ではよく見られますが、どの年齢も発症する可能性があります。

症状が進行して疼痛および炎症が発症した場合に、乳房嚢胞を治療する方法がいくつかあります。

本記事では、乳房嚢胞の主な原因や治療の選択肢をご紹介します。

乳房嚢胞の原因

乳房嚢胞は良性の乳腺の変化が原因で起こりますが、多くの場合は分泌物が溜まって閉塞を起こし、液体が嚢胞として蓄積します。

正確な原因はまだ明らかになっていませんが、次の要因と深い関連があると言われています。

  • 閉経中または閉経後の突然のホルモン変化
  • 太り過ぎまたは肥満であること
  • 過度の飲酒や喫煙
  • 食生活の乱れ

乳房嚢胞の症状

乳房嚢胞の症状

乳房嚢胞は片方または両方の乳房に形成されることがあります。

またそのその症状は、検出される段階によって個人差がありますが、一般的には次のような兆候が現れます。

  • 円形または楕円形の膨らみまたはボール状の嚢胞。形状は様々で触れると気づく
  • 胸の一箇所または複数箇所での痛み
  • しこりのある場所の痛み
  • 乳首からの透明または黄色の分泌物

乳房嚢胞の治療

ほとんどの嚢胞は非常に小さく、マンモグラフィーや乳房の超音波検査でしか検出されません。また深刻な問題ではありませんが、定期的に医師が診断を行い、合併症がないことを確認してください。

嚢胞が大きくなった場合の治療法:

  • 針で刺して水を外に出す
  • 皮下注射
針を使った治療

ほとんどの嚢胞は癌性ではありませんが、不快感や痛みを緩和するために水分を外に出す必要があります。

  • 医師が触診ですぐわかる程度のサイズならば、注射針を使って水分を外に出します。
  • 治療はほとんど痛みを伴わない上に、数分で終わります。
  • 治療が完了すると嚢胞はかなり小さくなり、消えたように感じます。
  • 再発した場合は、同じ手順を繰り返します。

ホルモン治療

ホルモンバランスの乱れが嚢胞の原因である場合は、避妊薬や他のホルモン治療法が医師から提案されます。これは治療に加えて再発を防ぐ効果があります。

ただしこれは最善の方法ではないため、患者の健康状態や想定される副作用についてしっかりと調べることが大切です。また重篤な乳房嚢胞を発症している患者にのみ推奨されます。

乳房嚢胞を除去する手術

乳房嚢胞の摘出術は、医者が除去する必要があると考える「注意すべき」症状が現れている場合です。

医師が除去手術を提案する症状のいくつかをご紹介します。

  • 嚢胞は毎日の不快感を引き起こす場合
  • 嚢胞の水を取り除いても、1ヶ月後に再発した場合
  • 体液嚢が血液を含んでいる場合
  • 癌性の腫瘍である場合

自然療法

食事の改善

ある特定の自然療法が、乳房嚢胞の痛みを軽減します。また、食生活を改善することで、乳房嚢胞の予防や症状を解消する効果があります。

温冷湿布

アイスパックなどの冷たい湿布と温かい湿布には、数分で痛みを和らげることができる抗炎症作用と鎮痛効果があるため、乳房に軽い圧迫を加えることで敏感になっている胸の症状を緩和する効果があります。

お茶

ハーブティーやお茶の利尿作用、解毒作用、抗炎症作用は、嚢胞の大きさを減少させるのに役立ちます。

次のお茶をお試しください:

  • カモミールティー
  • 緑茶
  • トクサ茶
  • プランテイン茶

食事

ビタミンEとオメガ3脂肪酸が豊富な健康的でバランスの取れた食事は、健康全般を維持する効果がある上、乳房の嚢胞を小さくする効果もあります。

逆に過剰な塩分、加工食品、脂肪の含有率が高い食品、そしてカフェインの摂取はお勧めしません。

乳房にいつもと違うしこりや塊を感じたら、適切な診察を受けてその深刻度を判断するためにすぐに医師に相談することが大切です。