ブルーベリーの驚くべき効能8選

ブルーベリーは、他のベリー類と同じように、高い抗酸化成分で知られています。それに加えて、抗がん性、そして抗炎症作用があるのをご存知でしたか?
ブルーベリーの驚くべき効能8選
Nelton Abdon Ramos Rojas

によってレビューと承認されています。 医者 Nelton Abdon Ramos Rojas.

によって書かれた Daniela Echeverri Castro

最後の更新: 17 12月, 2022

ブルーベリーは北アメリカ原産。現在でもアメリカは最大のブルーベリーの生産地であり、消費数も世界一です。

特徴的な味のあるブルーベリーは、生はもちろん、ケーキ、ジャム、ワイン、スムージーなど色々な方法で食べられるフルーツです。

美味しいだけではなく、身体に多くのメリットをもたらす必須の栄養素を豊富に含んでいるため、たくさんの人に愛されています。

その小さいサイズにも関わらず、抗酸化物質の濃度が最も高い食品の一つです。私たちの身体は、フリーラジカルによる細胞の損傷を防ぐために、抗酸化物質を必要とします。

その他にも、ブルーベリーに含まれるビタミンやミネラルは、多くの病気の予防と治療に役立つかもしれません。

まだブルーベリーの素晴らしいメリットを知らない方に、今日はブルーベリーの驚くべき効能を8つご紹介します。

1.がんと闘う

がん細胞

ブルーベリーの強力な抗酸化物質は、様々なタイプのがんの発症リスクを下げてくれるかもしれません。

抗酸化物質は、フリーラジカルや環境汚染物質から細胞を保護します。これは、腫瘍の増殖を防ぐためにとても重要です。

ブルーベリーには、悪性細胞の変異を避けながら、DNAの修復と合成を助ける葉酸も含まれています。

 

2.骨や歯を強くする

この小さな果物に含まれる必須ミネラルは、骨密度と歯の健康を保護するのに役立ちます。

ブルーベリーを食べる習慣をつけると、骨粗しょう症や歯の健康に影響を与える感染症の予防ができるかもしれません。

実際、以下の栄養素が含まれているため、カルシウムやビタミンDの吸収を促進すると証明されています。

  • ミネラル(カリウム、鉄、マグネシウム、亜鉛、マンガン)
  • ビタミンK

こちらもお読みください『骨を強くする8つの方法

3.心臓の健康を守る

心臓の健康

お伝えしたように、ブルーベリーにはかなりの量のカリウムとマグネシウムが含まれています。これらは、身体の炎症を沈め、心疾患のリスクを軽減するのに役立つ2つの必須ミネラルです。

これらの栄養素は組織内のバランスを整え、高血圧や心臓発作の発症リスクを下げてくれるかもしれません。

さらに、細胞の循環および酸素供給を改善してくれるでしょう。これによって、心臓が過剰に働き負担がかかるのを抑えることができるでしょう。

 

4.糖尿病を予防する

血糖値が高い人や糖尿病のリスクがある人は、この小さな果実に救われるかもしれません。

ブルーベリーには、食物繊維と酸化防止剤が含まれています。体内に吸収されると、血糖値を下げ、砂糖をエネルギー源に変える代謝プロセスを促進します。

 

5.記憶力を上げる

記憶力

ブルーベリーを頻繁に食べることと記憶力の高さは関係していると言われています。

酸化防止剤が酸化ストレスを最小限に抑え、認知障害を引き起こす細胞の損傷を減らすと研究で証明されています。

これらの化合物は、他のビタミンやミネラルと共に、脳活動と中枢神経系を正常に保ちます。これらの働きにより、認知症などのリスクを低下させてくれるかもしれません。

 

6.尿路感染症と闘う

天然のブルーベリージュースは、そのアルカリ性のpHと抗菌性化合物のおかげで尿路感染の予防と治療に有効かもしれません。

ブルーベリーは、細菌が増殖している環境を正常な環境に切り替え、その抗炎症作用から痛みを和らげます。

尿の生産を促進し、腎臓から老廃物をきれいに体外へ排出する手助けをします。

こちらもお読みください『尿路感染症に効果的な5つの飲み物

7.目の健康を守る

目の健康

さらに、この果物にはカロテノイドとかなりの量のビタミンEが含まれています。カロテノイドやビタミンEは視力を改善し、目への感染症などの予防が期待できるでしょう。

強力な抗酸化物質が網膜や黄斑を保護し、白内障や黄斑変性症などの病気も予防してくれるかもしれません。

さらに、ストレスが原因で起こる目の充血や乾燥などを自然に癒してくれるかもしれません。

 

8.お肌を若々しく保つ

ブルーベリーを定期的に食べると、身体の内外から早期老化を予防することができるかもしれません。

まず、抗酸化物質は、過剰な炎症が原因で起こる慢性疾患のリスクを減らしてくれるかもしれません。そして、お肌の老化を加速させる細胞の損傷を遅らせてくれることが期待できるでしょう。

果物、ナチュラルジュース、どちらとも、老化に伴うシワやたるみを防ぐのに役立つとされています。

ブルーベリーを食べるべき理由を、お分かりいただけましたか? おいしいブルーベリーを早速買って、身体の中に質の良い栄養素を届けましょう!

こちらの記事もおすすめです。
肝臓をデトックスするブルーベリーとビーツのスムージー
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
肝臓をデトックスするブルーベリーとビーツのスムージー

肝臓は、代謝、ホルモンの分泌、体内のデトックスなどの機能に影響を与えています。肝臓には、血液中の有害物質を体外に排出する機能があり、このフィルター機能により多くの疾患が進行するのを予防します。本記事では、肝臓を健康に保ちながら肝臓疾患を予防するブルーベリーとビーツを使った自家製スムージーをご紹...



  • Ames B. M, Shigenaga M. K, et al. Oxidants, antioxidants, and the degenerative diseases of aging. PNAS. Septiembre 1993. 90 (17): 7915-7922.
  • Butamante, J. (2010). Arándanos. Informe Centro de Competitividad Del Maule.
  • A, I. B., & Baumann, L. (2009). Antioxidantes. Rev. Chilena Dermatol.
  • Calero Romero, O., Rojas, G. Q., Rojas, M. R., Barreto, I. R., Centeno, J., & Solís, N. P. (2009). Envejecimiento prematuro de la piel. Universitas.
  • Carey A, Gomes S, et al. Blueberry supplementation improves memory in middle-aged mice fed a high-fat diet. Journal of Agricultural and Food Chemistry. 2014. 62 (18): 3972-3978.
  • Cassidy A, Mukamal K. j, et al. High anthocyanin intake is associated with a reduced risk of myocardial infarction in young and middle-aged women. Circulation. Enero 2013. 127 (2): 188-96.
  • Huang H, Chen G, et al. Effects of berries consumption on cardiovascular risk factors: a meta-analysis with trial sequential analysis of randomized controlled trials. Scientific Reports. 2016. 6: 23635.
  • Johnson S. A, Arjmandi B. H. Evidence for anti-cancer properties of blueberries: a mini-review. Anticancer Agents in Medicinal Chemistry. Octubre 2013. 13 (8): 1142-8.
  • National Institutes of Health. Office of Dietary Supplements. Vitamina C. U. S. Department of Health and Human Services. Diciembre 2019.
  • Ofek I, Goldhar J, et al. Anti-Escherichia coli adhesin activity of cranberry and blueberry juices. The New England Journal of Medicine. Mayo 1991. 324 (22): 1599.
  • Stull A. J, Cash K. C, et al. Bioactive in blueberries improve insulin sensivity in obese, insulin-resistant men and women. The Journal of Nutrition. Octubre 2010. 140 (10): 1764-1768.

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。