“ブロークンハート心筋症” /女性の心筋症

11月 16, 2015
この病気の症状は心臓発作と大変よく似ていますが、死に至る確率は心臓発作ほどに高くはありません。

ブロークンハート心筋症。ロマンチックな名前に聞こえますがそうではありません。これは心筋症の一種で主に女性に起こりやすいとされています。たこつぼ型(ストレス性)心筋症という名でも知られ、主にストレスやある症状から引き起こされます。

今日はこの病気の症状と、心身の健康と平安の保ち方についてみていきましょう。日ごろさまざまな責任を抱えこんでいる方、長期的にストレスや不安感を感じている方は特にこの記事をよく読んでください。

ブロークンハート・シンドロームとは?

挫折や失望、愛する人を失った悲しみ、または単に日々のストレスによりまるで心臓発作のようになることがあります。ストレスを感じることで心不全のような状態となるのですが、心臓発作ほどには深刻な問題ではありません。

たこつぼ型心筋症とは未だに解明されていない部分がたくさんある病気です。この病気が初めて記述されたのは1990年代の日本です。この心筋症により心臓の筋肉がまるで日本の漁師がタコを捕獲する際に使用するタコツボの形のように変形することからその名が付けられました。大変興味深いですね。

悲しみ、 苦しみ、慢性的なストレスといったネガティブな感情は心臓の左心室の形をわずかに変形させ、冠状動脈を狭くしてしまいます。 痛みや、まるで息が出来ないような感じに襲われますが、この心筋症による死亡率はおよそ5%と極めて低いものとなっています。それでももちろん、気をつけるべき深刻な心臓の問題であることにかわりはありません。

ブロークンハート心筋症の原因となるものは?

2-ブロークンハート.心臓チェックアップ

  • 専門家によると、 この病気に苦しむ患者の約90%は強いストレスを感じた経験のある女性です。ストレスは体の新陳代謝の変化を引き起こします。カテコールアミンが大量に分泌されすぎると心臓の筋肉にはよくありません
  • 状況的ストレス、不安感、感情的に受けたショックもまたこういった発作のきっかけとなるアドレナリンラッシュ(興奮状態)を引き起こします。
  • まるで誰かに抑えられ溺れているかのような息苦しさを感じるでしょう。これは充血性の心不全で、心電図ではっきりと確認されるでしょう。心臓発作の症状と大変よく似ていますが、もたらす結果は心臓発作ほどひどくはないでしょう。

ブロークンハート・シンドロームの症状とは?

3-ブロークンハート.疲労

  • 強い感情的打撃を受けた後に、症状が突然現れることがあります。まず始めに起こる症状として、息をすることによって燃えるような強い胸の痛みがあります。
  • 冷や汗や左腕の痛みもよく知られています。これらの症状は普通の心臓発作にも大変よく似た症状です。
  • 上記に挙げた症状は、悪い知らせ等を受けた後に起こることが特徴です。心臓はカテコールアミンとアドレナリンの上昇に影響を受けますが、これらの物質は心臓にダメージを与えることがあります。しかし覚えておくべきなのは、毎日のちょっとしたネガティブな感情やストレスもその積み重なりによってゆっくりと心臓の健康を害することがあるということです。では、あなたの身に悪いことが起こるかもしれないとどうしたら分かるのでしょう? 例えば普段、階段を上がる時などに息が切れるかなど疲労感に気をつけましょう。顎や背中の痛みはありませんか? これらは心臓が必要以上に激しく動いていることが原因となります。またいつも午後になると疲れる、脚が異様にむくむなどの症状があればメモをしておきましょう。

ブロークンハート・シンドロームを予防する方法とは?

4-ブロークンハート.幸福

ではどうしてこの種の心筋症は主に女性にみられるのでしょうか? 専門家は、ストレスには女性のほうが苦しみやすいからだと見ています。一方の男性はというと、女性よりもストレスを感じにくいとされていますが、ストレス管理に乏しいともされています。つまり死に至る心臓発作に苦しむ率が高くなっているのです。

  • ストレスは頭痛、筋骨格系の病気、たこつぼ型心筋症の患者にみられるような心臓疾患をもたらします。女性の方が男性よりもストレスや不安感に対応することができるといわれています。それは一体どのようにしてでしょうか?
  • 女性の方がコミュニケーションが上手。 私たちは自分の考え、感情、問題を言葉で表現することができます。男性と比べ、誰かと話してストレスを解消することがしやすいといえるでしょう。
  • 一般的に女性の方がより過敏であり、直感的です。つまり、何か問題を抱えた時、私たちはいろいろな視点からの利点を考えつつその問題に取り組もうとします。しかし、そうするには楽観的でなければいけませんし、率直かつ正しいモチベーションがなければいけません。
  • 日々の問題はほったらかしにせずすぐに解決する。様々な場面でたくさんの責任を抱える女性もいます。例えば仕事、育児、親の介護・・・自分の為に使う時間が思うように取れないこともあるでしょう。しかしそれでは息が詰まってしまいますし、幸せを感じることができないでしょう。そんなときは日々の生活の中で少しでも変化を作ってみましょう。そしてあなた自身は幸せに値する人間なのだということを忘れないでください。もう少し自分自身を大切にしましょう!
あなたへおすすめ