ハイブランドの服にお金をかける価値ってあるの?

ブランド物とジェネリック服のどちらを購入するか悩むことはありますか? この記事では、そんな選択をする際に考慮すべきことについて説明します。
ハイブランドの服にお金をかける価値ってあるの?

最後の更新: 28 1月, 2022

服を買うことになると、どんな服を選ぶ方法に関して多くの偏見があります。社会的圧力がある一方で、財布も気にしないといけません。また、材料、品質、製造プロセスに関する考慮事項も重要な役割を果たします。これらは、「ブランドの服に投資する価値があるかどうか」という永遠の疑問を提起します。

有名なブランド物を持つことは、社会的な成功と名声のしるしとして解釈することができます。同様に、ブランドの服は、長期にわたる耐久性を保証する優れた品質を持つ傾向があります。

しかし、お金を節約し、より少ないお金でより多くの服を手に入れることを望むのは誰もが同じなので、これは一般的な(ジェネリック)服を選ぶようにする経済的要因と言えるでしょう。しかし、服を買うときに価格だけに頼るのは間違いです。

ブランドまたはジェネリック服を購入する際の考慮事項

ブランド自体だけでなく、服を選ぶときに考慮すべきより重要な要素が他にもあります。つまり、倫理的、技術的、さらには心理的な要因があるのです

さらに、ハイブランドは、名前が知られているからといって必ずしも品質を保証するものではないことを覚えておく必要があります。一部のデザイナーは非常に有名なので、製品が名声のために必要以上に高価になっていることもあります。

心に留めておくべきいくつかのことを見てみましょう。

ブランドまたはジェネリック服

材料と品質

ブランドの服に投資することを決める理由の大部分は、その素材と品質であるはずです。どちらも、服が長期間続くことを保証する要因です。

実際、最初は高価だとしても、何年もの間より良い状態を保つ良質の衣服に投資することは、すぐにダメになる安価な衣服を購入するよりも良い買い物です。ただし、一部の小さなブランドやデザイナーは知名度がなくとも、責任ある高品質の製造プロセスを守っています。

社会的および環境的責任

グリーンピースや他の多くの組織によると、ファッション業界は今日最も汚染されている業界の1つであるそうです

環境問題に加えて、ブランドの背後にある倫理を考慮することも重要です。特にアジア諸国では、労働搾取で非難されています。

インド南部に拠点を置く100以上の組織を代表する組織が、 タミルナードゥ宣言を作成しました。この宣言は、アパレルブランドに深刻な搾取と人権侵害を阻止するよう呼びかけています。これらの理由から、ファッション企業の社会的および環境的責任について知ることは、ブランドの衣料品に投資する価値があるかどうかを判断するための鍵となります。

テクノロジーとデザイン

一部の衣料品ブランドは、多くの場合、特殊な衣料品を製造しているため、価格も高くなっています。 これは、スポーツ活動や非常に特殊なニーズのための服を探す場合に当てはまります。この場合、技術により快適と心地よさを提供しているからこその値段です

ブランドの服に投資してどう見られたいのか

一口に言うことはできませんが、ブランドアイテムを所有することで名声を示し たり、おしゃれに見られる傾向があります。多くの場合、トレンドのものを購入したいという欲求は、除け者にされたくないという気持ちから来ていることがあります。有名人やインフルエンサーも、このような考えを利用して宣伝していることがよくあります。

このため、有名人の流行を盲目的に追うのは意味がありません。実際、コロンビアの大学が実施した「若者の衝動買いと唯物論」というタイトルの研究は、身体的外観が仕事、社会的、さらには感情的にも成功を収めるための基準であると指摘しています。広告はこの概念を利用して、存在しないニーズを生み出し、消費を促進しています。

唯物論は、消費すればするほど幸せに近づくという信念によって生きるトレンドです。このため、買い物をめぐる教育キャンペーンや子供の頃からの唯物論的な考えは非常に重要です。

なぜ服を買いたいのか、そして衝動的に服を買うように導く感情的な要因があるかどうかを知ることが重要です。実際、買い物は本当の幸せの源ではありません。これを認識することは、私たちのアイデンティティをよりよく定義するのに役立ちます。

ブランドの服に投資
買い物中毒とは、唯物論への愛着と、持つこと幸福との関連を意味します。これは服だけが対象ではありません。

サーキュラーファッションを選び、創造的になろう

「サーキュラーファッション」とは、環境への悪影響が少なく、責任ある生産工程を担うファッション商品を指すために、近年造られたコンセプトです。つまり、ファストファッションとして知られているものに代わるものです。

責任あるファッションを楽しむためには、生産工程を知り、意識的に決断する必要があります。 また、環境問題を無視する消費者にならず、できるだけ長く服を使うことをお勧めします。

ブランドの服に投資する価値があるかどうかを考えたいま、より環境に優しい方法でクローゼットの中を揃えましょう! 人としての自分の価値は、持っている服の数やクローゼットを構成するブランドによって定義されるものではないことを忘れないでください。それどころか、自分が自分であるだけで価値があることを忘れないでいましょう。なので、創造力を使えば、どんなブランドにも依存しない自分だけの味を持つファッションを楽しむことができます!

こちらの記事もおすすめです。
クローゼットに揃えておくべき服装5つ
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
クローゼットに揃えておくべき服装5つ

どんな女性だって、その日に着る服がある状態を望むものです。かと言って、毎日着る服がある状態を常に保つことは不可能ですし、あり合わせの服でやり過ごさなくてはいけないこともよくあります。以下に紹介する服装がクローゼットに常にあれば、代わりに着る服がないなんてことは問題になりませんよ。



  • Arocas, R.L., Arrieta, S.P., & Botero, M.M. (2004). La Compra Impulsiva y el Materialismo en los jóvenes: Estudio exploratorio en Estudiantes Universitarios de Barranquilla (Colombia).
  • Fast fashion: de tu armario al vertedero. (s/f). Greenpeace.org. Recuperado el 14 de diciembre de 2021, de https://www.greenpeace.org/mexico/blog/9514/fast-fashion/
  • (S/f). Tamilnadudeclaration.org. Recuperado el 13 de diciembre de 2021, de https://tamilnadudeclaration.org/