騒音が引き起こす健康被害5つ

11月 13, 2019
免疫を強く保つためには、大きな音やストレスの多い環境から遠ざかりましょう。騒音公害は身体的のみならず、心理的な影響としても現れます。

騒音公害はいたるところにあります。一見無害に思えますが、大音量のスピーカーやその他の大きな音にずっとさらされると、生活の質に悪影響を与える可能性があります。したがって、騒音が健康にどのように影響するかを認識する必要があるのです。

私たちは毎日、過剰な聴覚刺激と共存しています。しかし、いつそれは私たちの健康に有害なものになるのでしょう?

ほとんどの場合、騒音は健康にとって危険で、望ましくないリスクです。あるヨーロッパの組織が実施した調査では、ノイズ(騒音)は「振動現象に起因するエネルギーの放出」と説明されています。この感覚は、とりわけ、聞き慣れないものや、普段の環境に合っていない音であるとき、引き立ちます。

基本的に、何らかの不快感を感じると健康上のリスクが生まれます。というのも、大きすぎる音量が有害だからです。

騒音が引き起こす健康被害
大きな音、つまり騒音公害に晒されると、深刻な健康被害を引き起こす可能性があります。

世界中で問題となっている騒音

現在、騒音は世界中で公衆衛生レベルの環境問題となっています。問題の大きさから、2020年の欧州連合の目標の1つは、騒音公害を世界保健機関が推奨するレベルに近づけることです(つまり、勤務時間の1日8時間の間で85 dB未満に抑えることです)。

世界保健機関によると、後天性難聴の原因のいくつかは、バー、ディスコ、コンサート、その他の音楽イベントなどのレクリエーション活動で非常に大きな音にさらされることが原因である、とされています。大音量で長時間オーディオデバイスを使用することも大きな要因です。そのため、適切な音量で音楽を聴くことが非常に重要です。

こちらもお読みください:音楽があなたの気分にもたらす効果

ただし、騒音の影響は、難聴だけに留まりません。実際、これらの刺激は私たちが考えている以上に身体的および感情的健康に影響を与えます。以下に、騒音の影響について詳しく説明します。

騒音が健康に及ぼす5つの影響

1.難聴

これは多くの人がおそらく最も心配する影響ですが、これだけではありません。長時間にわたる騒音への職業的曝露は、難聴の主な原因の1つです。難聴は、ノイズが内耳の感覚細胞を損傷するために発生します。

そして、聴力の損失は、不安、抑うつ、差別、仕事と学業成績の低下、さらには孤立さえも引き起こす可能性があります。体にストレスをかける刺激を避けることが大事な理由がお分かりいただけるはずです。

2.睡眠障害の悪化

睡眠障害 騒音が引き起こす健康被害
騒音が睡眠サイクルを妨げます。

周囲の騒音は、睡眠の質が悪くなる主な原因の1つです。それはやがて不眠症につながり、睡眠サイクルを変えるため、適切に休養を取ることができません。

眠れないことが慢性化すると、気分にムラが出て、集中力とパフォーマンスを損ないます。さらに、注意力に大きな影響を与えます。

こちらもお読みください:心の健康促進:瞑想の持つ7つの利点

3.循環器系への悪影響

あらゆる場所で常に大きな音にさらされると、心血管疾患のリスクが高まります。つまり、狭心症や心筋梗塞に苦しむ可能性が高まり、血圧も上昇します。

65dBを超える音、または80〜85 dBを超える急性暴露は、長期的な心臓疾患を引き起こすことがあります。これは、騒音が生物学的ストレッサーとして作用し、神経ホルモンを活性化させ、血圧と心拍数を増加させるために起こります。

4.ストレスによる苛立ち

ストレスは、外部環境に対する体の反応です。しかし、それが長時間続く場合、健康に悪影響を与えます。また、騒音によって引き起こされるストレスは、内分泌系および免疫系の障害に関連します。

この一連の副作用として、騒音公害は学習および記憶プロセスに影響を及ぼし、問題解決能力を妨げます。また、それにより苛立ちと攻撃性が増加します。

5.免疫系の変化

弱まる免疫力 騒音が引き起こす健康被害
ストレスにより免疫力が大幅に下がる。

人間の免疫系は、正常に機能するために多くのエネルギーを必要とします。しかし、ストレスは警戒状態を生み出し、体から多くのエネルギーを奪います。体が慢性的なストレスにさらされると、一種の免疫学的スランプが発生するのです。

もうお分かりだと思いますが、免疫系に影響が出ると、免疫力が下がり、悪の連鎖が始まります。そうすると、体内に侵入するバクテリアやウイルスを攻撃する能力が無くなります。そのため、騒音公害などのストレスにさらされている場合、ウイルス性疾患にかかりやすくなる、ということです。

騒音の影響を避ける方法

騒音がどれほど健康に影響するかが分かった今、身体への影響を減らす方法を知ることも重要です。以下に、いくつかの方法を挙げました。

  • まず、どんなに大好きな歌があっても、大音量で聴かないでください。音楽を聴くときやテレビを見ているときは、決して100デシベルを超えないようにしましょう。あなたの耳はきっとその選択に感謝することでしょう。
  • コンサート、イベント、パーティーに行く場合は、スピーカーやその他の大きな音の発生源から離れてください。
  • また、居住区や職場で大きな音にさらされている場合は、その場から離れてください。無理な場合は、聴覚保護具を着用しましょう。
  • また、大音量の機器には近づかないでください。
  • 最後に、ヘッドフォンで音楽を60分以上聴かないでください。

どれも簡単にできることばかりで、耳の健康を維持できます。しかし聴力に問題を感じた場合は、耳鼻咽喉科の医師からアドバイスを受けるようにしましょう

  • Organización Mundial de la Salud. Sordera y pérdida de la audición. (2018) [Online] Available at: www.who.int/es/news-room/fact-sheets/detail/deafness-and-hearing-loss
  • Unión Europea, Observatorio de Salud y Medio Ambiente de Andalucía, Junta de Andalucía. Ruido y Salud. [Online] Available at: www.diba.cat/c/document_library/get_file?uuid=72b1d2fd-c5e5-4751-b071-8822dfdfdded&groupId=7294824