心の健康促進:瞑想の持つ7つの利点

ゆっくりと呼吸を行い、自分の毎日の生活、そして人生について考えましょう。その後、自分が直面している問題や困難な状況についても考えてください。
心の健康促進:瞑想の持つ7つの利点

最後の更新: 13 10月, 2019

瞑想は、精神面を鍛えるメンタルトレーニングの一種と考えられています。

瞑想の目的は、思考に集中して正しい方向へと転換することです。

今回の記事では、瞑想の7つの利点について学びましょう。

瞑想には、個人の意識レベルの向上、毎日の生活における疲労感を軽減、集中力を強化するなどの目的の他に、睡眠障害や行動障害の治療に使われることもあります。

基本的には全体的な気分の改善効果が期待できます。

ここからは、瞑想が私たちの日常生活にもたらす主な利点の一部をご紹介します。

瞑想の効果

1. ストレスを軽減する

瞑想の利点を活用する

ある研究はでは瞑想がストレスの効果的な治療法であることが明らかになりました。

ストレスが身体に及ぼす影響は計り知れないものであり、とても深刻な症状を引き起こす可能性も否定できません。

私たちができることは、可能な限りストレスを軽減することです。

瞑想を行なったことがない場合は、インストラクターの指導による瞑想クラスなどに参加して、自分に合う正しく効果的な瞑想テクニックを取得することをお勧めします。

2. 不安発作のコントロールに役立つ

日常的に大きなストレスに苦しんでいる場合、不安発作を引き起こす可能性があります。

不安障害や発作は、日常生活を送ることができないほどの身体的な症状が現れる可能性があります。

そのため、毎日の生活の中に瞑想を取り入れることで、ストレスに起因する不安を減らすことができます。

一部の研究では、瞑想が、不安障害、恐怖症、パニック発作、および妄想的な思考を解消するのに役立つことが確認されています。

3. 心の健康を促進する

瞑想は、自尊心と全体的な気分を改善するのに役立ちます。

さまざまな研究が、瞑想がうつ病の治療に役立つと発表しています。

また、瞑想を継続して行うことで、人は楽観的になり、人生の様々な問題や困難な状況に立ち向かう力を得ることができます。

瞑想により集中力が高まるため、自分の人生に対してより前向きになるのに役立ちます。

4. 注意力の向上

瞑想を実践する人々

ある研究によると、瞑想は私たち人間の注意力や集中力を改善できることがわかりました。

瞑想を継続して行うことで、毎日の生活における注意力が改善し、色々なことに集中できるようになるからです。

忙しい毎日を送る人には特に効果が期待できる瞑想は、何か大きなイベントがある時などの前日に行うことをお勧めします。

5. 記憶力の改善

瞑想は、記憶力の向上にも役立ちます。物事をよりよく覚えることができ、心を若く保つのに役立ちます。

科学的研究によると、瞑想は記憶障害の効果的な治療法であり、アルツハイマー病のような病気の予防にも役立ちます。

このため、瞑想は若い人だけでなく、年配の人にもお勧めです。また、あらゆる年齢の人が日常生活に取り入れるべき素晴らしいテクニックです!

ご存知ですか?:精神的に強くなる7つの鍵

6. 依存症や悪習慣の解消に役立つ

多くの研究から、瞑想がある特定の依存症の緩和や乱れた生活習慣の解消に役立つことがわかっています。

また、人間関係における依存関係や自分がやめられない行動、そして食生活の乱れを解消するのにも役立ちます。

ただし、有害な依存症や中毒症状に苦しんでいる場合は、すぐに医師の診察を受けて正しい治療を開始してください。

7. 睡眠の質を改善する

瞑想で睡眠の質を改善

毎日の生活の中に瞑想を取り入れることで、睡眠の質を改善し、落ち着いた状態で深い眠りにつくのを助けます。

瞑想を始めると、これまでよりもはるかにリラックスした状態で眠りにつくだけでなく、朝起きたときにはエネルギーに満ちていると感じるでしょう。

いくつかの研究によると、特定の睡眠障害の治療として瞑想が使用されています。

毎日瞑想を行うべき時間

1回につき30~45分間瞑想をすると、内なる自分と繋がる時間を確保できます。

瞑想を始めたばかりの人にとっては長く感じるかもしれませんが、慣れてくると簡単に行うことができます。

慣れるまでは、1日10分で十分なメリットがあります。

最初の数日間は、数分間ずつ瞑想し、徐々に瞑想する時間を増やしていきましょう。

また、自分にとって最適な瞑想法を見つけることをお勧めします。

最後のヒント

完全に音のしない静かな場所で瞑想をするのが最善の方法だという人もいれば、リラックスミュージックと呼ばれる、静かな音楽がある方が快適に感じる人もいます。

またウォーキングを行いながら瞑想を行う人もいます。

これまでに瞑想を試したことはありますか?

今回の記事を参考に、毎日の生活に瞑想を取り入れ、その効果を最大限に活用してくださいね!

それはあなたに興味があるかもしれません...
7つの瞑想法とその効果
みんな健康Read it in みんな健康
7つの瞑想法とその効果

ストレス、不安感、そして何をしてもコントロールできない気持ちを抱える多くの人が、瞑想を取り入れ始めています。瞑想と言っても、様々な異なる瞑想法があるため、瞑想について理解をし、自分に合うものを選ぶのが最善の方法です。ここでは瞑想の種類と効果、そしてどういった人に瞑想が合うのかをご紹介します。



  • Goyal, M., Singh, S., Sibinga, E. M., Gould, N. F., Rowland-Seymour, A., Sharma, R., … & Haythornthwaite, J. A. (2014). Meditation programs for psychological stress and well-being: a systematic review and meta-analysis. JAMA internal medicine, 174(3), 357-368.
  • Carmody, J., & Baer, R. A. (2008). Relationships between mindfulness practice and levels of mindfulness, medical and psychological symptoms and well-being in a mindfulness-based stress reduction program. Journal of behavioral medicine, 31(1), 23-33.
  • Jha, A. P., Krompinger, J., & Baime, M. J. (2007). Mindfulness training modifies subsystems of attention. Cognitive, Affective, & Behavioral Neuroscience, 7(2), 109-119.
  • Khalsa, D. S. (2015). Stress, meditation, and Alzheimer’s disease prevention: where the evidence stands. Journal of Alzheimer’s Disease, 48(1), 1-12.
  • Zgierska, A., Rabago, D., Zuelsdorff, M., Coe, C., Miller, M., & Fleming, M. (2008). Mindfulness meditation for alcohol relapse prevention: a feasibility pilot study. Journal of addiction medicine, 2(3), 165.
  • Martires, J., & Zeidler, M. (2015). The value of mindfulness meditation in the treatment of insomnia. Current opinion in pulmonary medicine, 21(6), 547-552.
  • Jain FA, Walsh RN, Eisendrath SJ, Christensen S, Rael Cahn B. Critical analysis of the efficacy of meditation therapies for acute and subacute phase treatment of depressive disorders: a systematic review. Psychosomatics. 2015
    Mar-Apr;56(2):140-52. doi: 10.1016/j.psym.2014.10.007. Epub 2014 Oct 22. Review. PubMed PMID: 25591492; PubMed Central PMCID: PMC4383597.
  • Jha, A.P., Krompinger, J. & Baime, M.J. Cognitive, Affective, & Behavioral Neuroscience (2007) 7: 109. https://doi.org/10.3758/CABN.7.2.109