美肌に効く!アルガンオイルの使い方6選

· 5月 5, 2018
アルガンオイルは保湿効果抜群で、さらにお肌のしわを予防するビタミン、抗酸化成分、必須脂肪酸が豊富なオイルです。

ここのところ、アルガンオイルは医療品としてだけでなくお肌への美容効果のあるオイルとしても注目され始めました。

モロッコ原産で、アルガンの木の種から抽出されます。抗酸化成分、脂肪酸、アミノ酸が非常に豊富に含まれています。

最近は様々な美容製品を作っている会社もアルガンオイルを扱い始めました。ですが、アルガンオイル100%のものを使う事も出来ます。

アルガンオイルの含まれたトリートメント商品なども効果がありますが、天然のそのままのアルガンオイルを好んで使う人も多くいます。その方が有効成分を十分に摂りいれることが出来るからです。

まだ試されたことのない方も多いかと思いますので、ここではアルガンオイルが美肌に効く6つの効能をお伝えします。

 

1.天然の保湿液

アルガンオイル保湿

アルガンオイルの肌触りは他のオイルと少し違います。そして最も保湿効果の優れたオイルの1つと言われています。

脂肪酸とビタミンEを多く含み、皮脂とお肌のphバランスを整えます。

使い方

・適量のアルガンオイルを手に取り、気になる部分に塗ります。

・完全にお肌に吸収されるまで2,3分マッサージします。

 

2.にきびと闘う

アルガンオイルには抗菌、抗炎症作用があり、にきびにも効果的です。

毛穴の汚れをきれいに取り除き、細胞の再生を促し、にきびを予防します。

使い方

・コットンにアルガンオイルとしみこませ、にきびに塗布します。

・そのまま拭き取らずお肌に吸収させます。毎晩寝る前に行ってください。

 

3.リップバームとして大活躍

アルガンリップバーム

わざわざ高いリップバームを買わなくても少量のアルガンオイルで唇を潤す事は出来ます。

ビタミンE、脂肪酸、抗酸化成分を多く含んでいるので、くちびるをしっかり守ります。

使い方

・指先に少量のアルガンオイルをとり、唇にマッサージをしながらつけていきます。

・洗い流さずそのまま吸収させます。1日2回ほどしてください。

 

4.やけどを緩和する

アルガンオイルには皮膚のやけどを緩和する効果もあります。

ビタミンE、脂肪酸、アミノ酸に治癒効果があるためです。細胞の再生を促します。

使い方

・やけどをした部分をきれいにしたらしばらく置きます。少量のアルガンオイルを塗布します。

・洗い流さずそのまま吸収させます。1日2回程度してください。

・塗布した後は日光に当たらないようにしてください。

 

5.ストレッチマークを予防する

ストレッチマーク

毎日アルガンオイルをつければ、ストレッチマークを予防することが出来ます。市販のクリームなどは必要ありません。

含まれるビタミンA、E、アミノ酸がお肌の弾力を取り戻し、繊維が断裂するのを防ぎます。

妊娠中などはとても役に立ちます。

使い方

・手のひらに適量を取り、気になる部分に塗布します。

・お肌にしっかり浸み込むまで約5分マッサージします。

・毎晩寝る前に行ってください。

 

6.しわを予防する

脂肪酸と抗酸化成分の働きでしわを予防することも出来ます。

目の周りのしわ「カラスの足跡」を作らないためにアルガンオイルを利用する人が多くいます。ですが体のどの部分にも気になるところには付けてください。

使い方

・指先にアルガンオイルをつけて目の周りや口の周りに付けます。

・また、おでこや首など他の老化が気になる部分に付けて下さい。

・毎晩行ってください。

アルガンオイルはつけ始めてすぐに効果が分かるものではありませんが、続けて使えば日ごとにお肌が美しくなっていくことに気付くでしょう。