バナナとプランテンが持つ栄養素の3つの主な違い

· 4月 6, 2018
多くの人がバナナとプランテンを同じ物と捉えていますが、この二つが持つ栄養価がその違いを表しています。

バナナとプランテンは熱帯気候の国から来た果物の種類です。

バナナとプランテンは私達人間が日頃摂取する基本的な食べ物であり、多くの恩恵を人々に与えてくれています。

バナナとプランテンは同じような見た目で、両方共バショウ科の植物です。また、料理でも揚げる、茹でる、焼くなど、同じような方法で調理されたり、生で食べることもあります。

この二つの違いはその形や味が少し異なるだけではありません。この二つの栄養素にも違いがあるのです。

もしバナナとプランテンの違いを知りたいなら、今日紹介するこの記事を見逃さないようにしましょう!

プランテン

プランテン

上記ですでに述べたように、プランテンは熱帯地域原産でバショウ科の果物です。

そのため、メキシコ、エクアドル、ブラジル、そしてコスタリカなど暑くて海に近い熱帯地域の国々では簡単に見つけられることが出来ます。

この果物はあなたも知っているようにこの長い形で緑色の皮が黄色に変わり、さらに熟すと黒色に変化する特徴を持っています。。

ではプランテン100グラムあたりの栄養価を見ていきましょう。

  • エネルギー:96.4カロリー
  • 食物繊維:2.5%
  • カルシウム:7.8mg
  • マグネシウム:38.5mg
  • 鉄分:0.3mg
  • 銅:0.1mg
  • 亜鉛:0.2mg
  • マンガン:0.1mg
  • ビタミンC:17.5mg
  • タンパク質:1.7%
  • カリウム:490mg
  • リン:59.1mg
  • 炭水化物:22.5%

プランテンが熟した時、この栄養素はこの果物をジューシーにします。また、これはデンプンも含んでおり、炭素、酸素、そして、水素も入っています。

このデンプンはゴムのように固まって乾燥しているので、プランテンは調理しないと食べることが出来ないのです。

  • 一般的に緑色であれば、揚げる、茹でるなどの調理が可能です。
  • 黄色になるまで熟したら、焼いて食べることが出来ます。

バナナ

バナナ

バナナもまたバショウ科の果物ですが、アクミネータ種でもあります。そして、バナナはウガンダやエクアドル、そしてフィリピンなどで多く栽培されています。

バナナの主な特徴は、円筒形で柔らかく滑らかな形です。中は白くて、プランテンと同様に緑色の皮は熟すと黄色に変わります。

バナナ100グラムあたりの栄養価も見ていきましょう。

  • エネルギー110.15カロリー
  • 食物繊維:2.3%
  • カルシウム:12.5mg
  • マグネシウム:41.5mg
  • 鉄分:0.9mg
  • 銅:0.3mg
  • 亜鉛:0.2mg
  • マンガン:0.1mg
  • ビタミンC:18.5mg
  • タンパク質:0.3mg
  • カリウム:434mg
  • リン:59.1mg
  • 炭水化物:26.2%

プランテンと違い、バナナはデンプンを含んでいないので、調理しなくても生で食べることが出来ます。

また、バナナは甘い香りとペースト状の果肉を持っており、世界中で人気の果物で、最高の食べ物の一つとも言えるでしょう。

こちらもご覧ください 白内障のリスクを軽減する7つの食べ物

バナナとプランテンの違い

バナナとプランテンの違い

この二つの特性はほとんど同じですが、バナナとプランテンには次のような理由から明確に区別がすることが出来ます。

1.マイクロミネラル

プランテンにはバナナよりも次のようなマイクロミネラルの含有量が少ないです。

しかし、プランテンはバナナより100グラムあたり、63.3mg多くカリウムを含んでいます。

また、ナトリウムも100グラムあたり、2mgずつ多く含んでいます。

こちらもご覧ください うつ病と闘うビタミンとミネラル

2.カロリー

バナナはプランテンより多くカロリーが含まれており、100グラムあたりのバナナに、およそ110のカロリーがあるのです。

その為、プランテンの方がカロリーの低い健康的な食事に向いています。

3.タンパク質

バナナの方がカロリーは高いですが、プランテンの方がおよそ6倍多くタンパク質を含んでいるので、プロテインを摂取したい時の最適な選択肢の一つです。

プランテンはダイエットを目標とした場合、とても良い食材です。そして、バナナはより多くのビタミンやミネラルなどの栄養素を含んでいるのです。