マンゴーを食べるべき7つの理由

4月 27, 2017
マンゴーには繊維が豊富に含まれていますので、消化系の健康に良く、腸の働きを正常に保つ働きがあります。その他にも6つの優れた効能があります。今日はマンゴーの持つ7つの優れた働きを見ていきましょう。

マンゴーと聞くとあなたは何を思いますか?  多くの人は甘いこと、いろいろな形で食べられる南国のフルーツであることを思い浮かべるのではないでしょうか?

実は、知らない人が多いかと思いますが、マンゴーはとても健康に良いフルーツなのです。

マンゴーはフルーツの王様だと呼ぶ人もいますし、典型的なカリブのフルーツだと呼ぶ人もいます。マンゴーは無視することのできない素晴らしいフルーツなのです。

今日はマンゴーを食べるべき7つの理由について見ていきましょう。

1. マンゴーで消化系の健康を促進

マンゴーは消化不良や胸焼けといったトラブルに効果的です。マンゴーに含まれる消化酵素が、自然で効果的な消化を促します。

エステル、テルペン、アルデヒドといった生物活性成分が豊富に含まれていますので、食欲を上げ、消化系の働きを改善します。

特に、小さな子供にとって優れたフルーツだと言えるでしょう。

2. がん予防と心臓の健康を促進

マンゴーにはペクチンが豊富に含まれています。ペクチンは血液中の脂肪率を下げる効果のある水溶性食物繊維です。

信じられないかもしれませんが、マンゴーを食べることで消化器ガンの発症を下げる効果があるかもしれません。

マンゴーは他のフルーツ同様、熱帯の地域の先住民コミュニティの間では薬の作用があるとされてきたフルーツなのです。

3. 健康的に体重を減らすダイエット効果

素早くダイエットをしたいという方は、マンゴーを定期的に食べることをオススメします。なかなか理想的な体重にならないとお悩みの方は試してみてください。

マンゴー150gは、わずか86カロリーしかありません。そして、体に簡単に吸収されるのです。

マンゴーにはまた、でんぷんが含まれているのですが、このでんぷんは糖に代わり、100%自然な方法で体にエネルギーを与えてくれるのです。

マンゴージュースにして飲むのも良いでしょう。

簡単で美味しいマンゴージュースの作り方を以下にご紹介します。

材料

  • 小さめのマンゴー 1/2個
  • 牛乳 1カップ(200ml)

作り方

  • マンゴーの皮をむき、実を一口大に切ります。牛乳と一緒にブレンダーに入れ、よく撹拌しましょう。
  • お好みで氷を入れて飲みましょう。

4. アンチエイジング効果

マンゴーを食べると、顔が美しく健康的になります。日光によるシミやニキビ跡などを取り除く作用があるからです。これはマンゴーにビタミンAやビタミンCが含まれているからです。

この2つのビタミンは、コラーゲンの生成を促します。この美容効果を得たい方は、小さめのマンゴーを1日1個、しばらくの間毎日食べましょう。

5. 免疫系を強化する

ニンジンと同じように、マンゴーもβカロチンが豊富です。βカロチンは免疫系の働きを助け、体を細菌や毒素から守る働きをします。

βカロチンやビタミンAを十分に摂取していると、免疫系を能率的に利用できる抗酸化物質の層が形成されるのです。

つまり、有毒なフリーラジカルに対する保護層が体内にできるようなものなのです。

6. 糖尿病の予防

極端に食べるのはいけませんが、適度にマンゴーを食べることで糖尿病を自然にコントロールすることができます。もしかすると、糖尿病の人はマンゴーを食べてはいけないと聞いたことがあるかもしれませんが、それは必ずしも真実とは言い難いでしょう。

マンゴーは甘いフルーツですが、少量であれば糖尿病を管理するのに役立ちます。これは、マンゴーには繊維が含まれているからということ、そしてマンゴーの糖質は100%天然のものだからです。

1週間に1〜2回程度、少量を食べることをオススメします。

材料

  • マンゴーの葉 15枚
  • 水 1カップ(200ml)

準備

  • 水1カップに葉を入れて一晩置きます
  • 翌朝、葉を取り除いたものを空腹時に飲みましょう。他の食べ物と一緒に摂らないようにします。

7. 貧血予防と妊娠を促す

貧血と妊娠の共通点は何か知っていますか?どちらも鉄分を十分に摂らないといけないという点です。

マンゴーには鉄分が豊富に含まれていますので、貧血予防に効果的です。鉄分は血液の基本的な構成物質の一つです。

妊娠中の女性は2人分の鉄分をしっかりと摂りましょう。お腹の赤ちゃんの内臓が正常に成長するには鉄分をしっかりと摂ることが必要です。

妊娠中の女性は、サプリメントで鉄分を摂取することをオススメします。ただし、問題は、鉄分の独特な味を受け付けない妊婦さんもいるということです。

その場合は、マンゴーとほうれん草のスムージーを是非食生活に取り入れてくださいね。

マンゴーの季節を十分に活用しましょう

マンゴーは一年中簡単に手に入るものではありません。したがってマンゴーのシーズン時には是非共、積極的に食生活に取り入れると良いでしょう。

ただし、体に良いからといって1日1個以上食べないように気をつけましょう。そして、エクササイズをしてカロリーを燃焼しましょう。

あなたへおすすめ