あなたは脂肪肝ですか?

· 12月 5, 2015

脂肪肝になってしまう要因としては、不健康なライフスタイル、栄養の過剰摂取による太りすぎ、または逆に貧弱な食生活による栄養不良とされています。専門家たちは今の時代においてはごく一般的な現代病の一つだと言いますが、幸いなことにこの病気は一定のガイドラインに従って病気の原因となる不摂生を見直すことによって、肝臓から余分な脂肪を除去し元の健康な身体を取り戻すことができます。

この記事では、あなたの健康のため、またより良い明日を作るための方法を説明していきたいと思います。まずは、最も一般的な症状のいくつかを見ながら対処法についても説明しますので、すぐに試してみてください。そうすれば、すぐに元の健康な身体に戻ることができます! ただし、もし疑問を感じたり不安になったりした場合は、すぐにかかりつけの医師に相談するようにして下さい。

脂肪肝とは何か?原因は?

3-危険な症状.腹痛

医学用語では、脂肪肝(a fatty liver)は、「脂肪肝(肝細胞内に多量の中性脂肪が蓄積した状態)」(hepatic steatosis)と呼ばれます。まず、ご承知いただきたいのは、脂肪肝の状態それ自体は決して有害な疾患というわけではない、ということです。ただし、脂肪肝の状態をそのまま放置し適切な治療をしなければ、長期的にはより深刻な別の病気に発展する可能性が高いことが問題なのです

一般的に言うと脂肪酸およびトリグリセリドは、肝臓に蓄積して肝臓疾患を引き起こす原因物質となります。重篤な状況に陥った場合は、肝臓は元のような効果的な代謝機能や毒素の除去という本来の機能が働かない、言うなれば、肝臓が「シャットダウン」した状態になってしまいます。

余分な脂肪が肝臓に蓄積すると、肝臓はその脂肪を除去しようとして、その結果小さなケロイド状の疵(瘢痕組織;scar tissue)ができます。時間とともにそれらの疵が蓄積し、結果として肝硬変を引き起こすことになるのです。

肝臓にはどんな人のものにも脂肪分が含まれていますが、その脂肪のレベルが10%を超えた場合に、脂肪肝の状態または肝臓脂肪症を患っていると言えます。脂肪肝の状態になっているかどうかを確かめるためには、脂肪肝の状態では肝臓で適切に処理できなかった有害物質などが血液中には入り込むことを利用し、血液検査によって判定することができますので、炎症や不快感などの他の症状がある場合はいうに及ばず、是非検査を受けることをお勧めします。

何が脂肪肝の原因?

アルコールやその他の不健康な生活習慣と脂肪肝を関連付けたがる人も多いですが、必ずしもそうとは言い切れません。

次に掲げる事項も脂肪肝の原因となることを覚えておくと良いでしょう。

  • 過体重または肥満であること。
  • 遺伝性代謝障害。
  • 貧弱な食生活を続けている場合には、特に50歳を超えてから発症リスクが大きくなる。
  • 抗炎症剤、鎮痛剤、アスピリン、タモキシフェン、およびステロイドのような特定の薬の乱用。
  • 血液検査のトリグリセリド値によっては、コレステロールの値が悪くなくても脂肪肝につながる可能性がある場合があります。
  • II型糖尿病は、脂肪肝のその他の一般的な原因となります。

自分が脂肪肝であるかどうかを知るには?

脂肪肝の一般的な症状を次に示します。これらの症状は他の病気でも現れる症状ですので混同しがちですが、これらの症状のいずれかが数週間持続しているとか、あるいはこれらの症状が食生活や仕事に影響し、もはや日常生活や仕事を通常にできないと感じた場合には、是非医師にご相談ください。

疲労

極度の疲労感は、脂肪肝や他の肝臓病の最も顕著な兆候の一つで、特に朝に顕著に表れます。一日を乗り切る元気があるかな、と考えながらつらい状態で起床して食事をしたものの、その後により深い疲労感を感ずることが往々にしてありがちです。

不快

過剰な脂肪が肝臓に付いてしまった場合には、肝臓に炎症および肥大の症状を引き起こします。腹部の痛みとともに、肋骨から背骨にかけてあたかもホットプレートで焼かれるような痛みに似た圧迫感とともに非常に特徴的な不快感を伴います。

食欲不振

脂肪肝は、食事のあと胃が重苦しく痛みさえ感ずるような消化不良の原因となり、結果として食欲不振をもたらします。このような症状が出た場合は、結果的に体重の激減につながる前兆と考えてよいでしょう。

肝硬変のリスク

先に述べたように、肝臓に余分な脂肪が溜まると、肝硬変を引き起こす傷やケロイド状の疵を作る原因になります。また、これらをそのまま放置すれば皮膚や目が黄色かがった状態になってしまう黄疸にかかることにもなるでしょう。

注意すべきもう一つの重要な症状は身体や足、顔などの腫れやむくみです。そうなる原因はどこにあるのでしょうか?余分な脂肪が溜まった肝臓は、もはや十分にタンパク質を合成することができず、血液がいわば水っぽくなる低アルブミン血症状態となり、血管から染み出した水分が腫れやむくみを引き起こすのです。

医師

結論としては、肝臓内の余分な脂肪の存在は、適切に治療しなければ、より深刻な問題を引き起こす可能性がある健康リスクであるということです。これらの症状を正しく理解し、必要と感じた場合には遅滞なく主治医に相談することが最善の治療法ということになります。