あなたのpHバランスは/大丈夫ですか?

2月 23, 2016
体内の酸化を防ぎ、pHバランスを保つためには、食生活が非常に重要な要素となってきます。

毎日の生活の中で消費するもののほとんどが、体内のpHを下げるか、または酸性度を上げる効果があることに注意しないといけません。すなわち、普段何気なく口にしている食べ物によって、それが非常に重大で深刻な病を引き起こすことに繋がっていることがあるのです。

体内のpHバランスが体の健康状態に及ぼす影響についてもう少し詳しく説明しましょう。pHとは、酸性、アルカリ性を測るもので、1~14の範囲でその度数を表します。pH1に近いほど酸性の性質が強く、pH14に近いほどアルカリ性の性質が強いことになります。健康体の人は通常pH7.35~pH7.45の間の数値となります。

しかし、現代の食生活では、特殊な種類の食べ物を摂取することで、pHバランスを正常値に戻すこともでき、また、より酸性に、よりアルカリ性にもすることができます。従って、食生活をよりよくするためには、アルカリ性質の食物(偶然にも胸やけを解消する効果もあります)の消費を増やしていくことがとても重要になってきます。

酸化を防ぐ4つの方法

栄養

上記のとおり、酸性、アルカリ性をコントロールし、pHバランスを保つには食べ物が重要な役割を担っています。そして、体内をより酸性にする食べ物は何か、またよりアルカリ性にするものは何かを知っておく必要があります。

“何食べる?”これまでもこれからも毎日問い続けるでしょう。

日々の食生活にアルカリ性の食品を増やすことでダイエットにも効果があり、豊富なカリウム、マグネシウム、カルシウムを摂取することに繋がるからです。

  • アルカリ性食品:果物、野菜(特に葉物野菜)、穀物、蜂蜜
  • 酸性が含まれる食品:乳製品、チーズ、赤身の肉、穀物、白砂糖、紅茶、コーヒー

運動

運動

普段の生活がデスクワーク中心の生活になると、体内のpHバランスを保つことがより難しくなり、体内の働きも同時に弱くなります。専門家がすすめていることは、各個人の年齢や日々の運動量に応じて、適切な食事や運動を習慣づけることです。

そうすることで、新陳代謝が活性化され、体内の毒素を排出し、臓器をより効率的に機能させることができるようになります。

デットクス

一般的にデトックスというと、酸性度の高い体を作り出すことや病に罹りにくくすることができます。蓄積された毒素は体内のpHを下げる働きをします。そのため健康的な体をつくるにはそれらの毒素を排除することが重要になってきます。普段の生活に、新鮮なスムージーやハーブティーを取り入れることで、より早く毒素を浄化し健康体を取り戻すことができます。

感情のコントロール

世界保健機関(WHO)によると、健康的な体を手に入れることは、健全な社会環境に身を置くことに加えて、物理的、精神的にも両方が充実していることが必要と言われています。“心身一体”

ストレスに長時間さらされると、体内のホルモンは正常に機能せず、逆に毒素が蓄積されていきます。体内のpHを上げるためにはストレスとうまく付き合って感情をコントロールすることが重要になってきます。

体内の酸化を防ぎ、pHを高める2つのスムージー

グリーンスムージー

グリーンスムージー

非常に美味しくビタミンやミネラルが豊富で、毎日のエネルギー源となります。そして、pH値を高め、毒素を除去し、より中性化することができます。

【材料】

・クレメンタイン  10個

・パイナップル   1/2

・バジル      一つまみ

・ほうれん草、ロメインレタス、パセリ 一つまみ 

【作り方】

オレンジを角切りにし、パイナップルも適度な大きさに切ります。そのほかの葉物の野菜と一緒にミキサーに入れます。ミキサーにかけてよく混ぜたら、数分間チルドで冷やします。できるだけ空腹時に飲むようにしてください。

ほうれん草のスムージー

ほうれん草

緑葉野菜は、繊維が多く含まれており、ビタミン、ミネラルも摂れることができるので、消化を促進し毒素を排除する効果が期待できます。このほうれん草のスムージーは、pHバランスを保ちながら、健康体を作り出し、病気の予防といった効果もあります。

【材料】

・ほうれん草の葉  6~8枚

・赤ブドウ     1カップ

・皮をむいたオレンジ 1個

・バナナ       1本

・水        2カップ

【作り方】

すべての材料をミキサーにかけてよく混ぜたら、数分間チルドで冷やします。できるだけ空腹時に飲むようにしてください。

あなたへおすすめ