頭痛やストレスを軽減する/指圧方法

指圧を正しく行えば、血流を促し、筋肉の緊張を和らげることができます。是非指圧を行い、エネルギーのバランスを整えましょう。
頭痛やストレスを軽減する/指圧方法

によって書かれた Carolina Betancourth

最後の更新: 22 12月, 2022

指圧は様々な体のトラブルに効く古代から伝わるセラビーです。指圧を行うには、例えば、こめかみを始め体のどの部分にツボがあり、何に効くかということを知っておかなくてはいけません。体の適切な部分を指圧することができれば、血流を促し、痛みを引き起こす筋肉の緊張を和らげることができるからです。

最も一般的な頭痛は、ストレスや気持ちの張りつめから起こります。今日ご紹介する指圧方法はこれらのトラブルを軽減しますので、是非実践してみてください。

指圧の方法

指圧をする際には、体の反対側にも同じ圧力を欠けましょう。そうすればエネルギーのバランスが整います。

指圧で刺激を与えたいなら、しっかりとした圧力をかけたり、ゆっくりと円を描くようなマッサージを与えたり、または強い摩擦を与えたりと、指圧する場所によって様々な方法があります。指、指関節、手のひら、親指等を使って指圧しましょう。

こちらの記事もご覧ください:よくある頭痛の原因5つ

頭痛やストレスを軽減する指圧

こめかみを指圧

こめかみとは頭の両側、ちょうど眉毛の高さに位置します。親指を眉尻に当てそのまま1.5㎝ほど頭の方にずらしたところがこめかみの正確な位置です。こめかみの場所がわかったら優しく指圧し、時計と反対周りにマッサージしましょう。マッサージ中は深く息をしながら、少なくとも1分間は続けましょう。

眉尻の内側をマッサージ

指圧.眉毛

 

梁と眉毛の内側にも頭痛や張りつめた気持ちを和らげるツボがあります。ここは指圧せず、人差し指を使って30秒程優しくマッサージしましょう。

小指と手首の間を指圧

小指と手首の間のツボは30秒程指圧しましょう。反対側の手にも同じ様に指圧を行います。頭痛や張りつめた気持ちが消えていくのを感じるでしょう。

指圧を利用してリラックスを

ストレスや頭痛から解放され、本当にリラックスしたいのならこの方法を試してみてください。まず、左手をゲンコツにします。この時、親指がゲンコツの外側にくるようにしてください。指圧するポイントは、親指と人差し指が当たる場所ー人差し指の上側と横側です。30秒間ずつ親指で指圧し、その後は反対側の手も同じように行います。

足を指圧

指圧.足

足のツボは体の内臓と関連しています。内臓の調子を良くし、頭痛を和らげるには足の親指と人差し指の間を指圧しましょう。指圧する際は手の親指を使い、30秒〜1分間圧力を欠けましょう。またその他、頭痛やストレスを軽減する方法として、足の裏のかかとに近い部分を30秒程指圧する方法もあります。両足忘れずに行いましょう。

こちらの記事もご覧ください:足の裏の硬くなった角質を取り除く方法

頭蓋低を指圧

頭蓋底にも頭痛や風邪の症状を和らげるツボがあります。両手の人差し指を1.7cm程離して頭蓋低に当て優しく圧力をかけたりマッサージを行います。約30秒〜1分間行いましょう。

こちらの記事もおすすめです。
素晴らしい効果のある顔のツボ5選
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
素晴らしい効果のある顔のツボ5選

指圧は日本独特の手技療法で、体全体の健康の改善やある特定の痛みや症状を軽減するために使われる療法です。これまで指圧のツボを押したことがない方は、ぜひ毎日の生活に取り入れて効果を実感してください。今回ご紹介するツボと呼ばれる指圧点を押すと、気分を改善するリラックス効果があります。



  • Agarwal A, Ranjan R, Dhiraaj S, et al. Acupressure for prevention of pre-operative anxiety: a prospective, randomised, placebo controlled study. Anaesthesia. 2005; 60: 978-981. https://doi.org/10.1111/j.1365-2044.2005.04332.x
  • Díaz Marín J, Molina Hurtado J. Efectos de un programa de arte – terapia basado en la técnica de acupresión de tapas en el estrés postraumático de socorristas de La Virginia (Colombia). Pereira (Colombia): Universidad Tecnológica de Pereira, 2009.
  • Dols G. Aplicaciones clínicas en los trastornos músculo-esqueléticos. Barcelona, España: Paidotribo, 2002.
  • Lozano López C, Mesa Jiménez J, de la Hoz Aizpurúa J, Pareja Grande J, Fernández de las Peñas C. Eficacia de la terapia manual en el tratamiento de la cefalea tensional. Una revisión sistemática desde el año 2000 hasta el 2013. Neurología. 2016; 31(6): 357-369.
  • Marx S. La salud está en tus manos: Las mejores técnicas de acupresión para sentirte bien. Madrid: EDAF, 2008.
  • Moreno Utkina A. Aplicación de la acupresión en el tratamiento de trastornos y lesiones musculoesqueléticas. Guía de aplicación. Guayaquil: Pontificia Universidad Católica de Ecuador, 2011.
  • Santiago-Vasco M, Béjar-Poveda C.  Metaanálisis sobre los efectos de la acupresión durante el parto. Matronas Prof. 2017; 18(2): 60-67.

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。