あなたは大丈夫?尿失禁の原因と治療法

3月 10, 2020
尿失禁は、子供や女性、そして高齢者により頻繁に起こる状態です。今回は、尿失禁の症状、原因、考えられる治療法について説明します。

尿失禁とは、膀胱を充満させることもコントロールすることもできなくなっている状態ですが、尿失禁そのものは病気ではりません。

尿失禁の特徴は、不随意の排尿です。

尿失禁を発症している人は膀胱を制御できないため、不適切な状況で尿が漏れます。

例えば、くしゃみや咳など、体に何らかの力がかかる時に尿が漏れたり、膀胱がいっぱいになった時に我慢できずに漏れることもあります。

尿失禁は、身体的な健康問題だけではなく、社会生活にも影響を与えます。

尿失禁に悩む人は、不適切な場所や時間、そして誰かの前で尿が漏れてしまうのではないかと恐怖心を感じていることもあります。

一過性尿失禁の原因

一過性尿失禁は、失禁が長期間続かない場合に発生します。これは、一般に、尿の生成を刺激する食品、飲料、または薬物が原因となる場合があります。

利尿作用を引き起こすなんらかの原因がなくなり、利尿作用が停止すると失禁も消えます。

尿失禁を引き起こす可能性のある物質には、清涼飲料水、アルコール、柑橘類、および特定の高血圧薬があります。

その他の原因は次のとおりです。

尿路感染症:膀胱への刺激が、尿漏れを引き起こすほど激しい場合があります。
便秘:腸は膀胱の近くにあり、硬い便がある場合に膀胱を刺激することがあります。
妊娠:妊娠中、ホルモンの変化と子宮の肥大という二つの原因により、膀胱が過剰に活動することがあります。

あなたは大丈夫?尿失禁の原因と治療法 膀胱のコントロール

続きを読む:産後よくある尿トラブル、尿閉を治す方法

慢性尿失禁の原因

尿失禁がいつまでも続く、慢性尿失禁の原因をご紹介します。

子宮脱:骨盤の筋肉が弱くなると、骨盤が下がります。これらの構造の低下が子宮脱と呼ばれます。たとえば、これは複雑な出産や多産の女性に起こります。
加齢:加齢は、膀胱の筋肉を含む身体の筋肉を弱めます。女性では、閉経によりエストロゲンが減少し、尿路系の組織も悪化します。
婦人科手術:膀胱は、他の臓器、特に子宮が保持する臓器です。女性が子宮領域で手術を受けると、尿失禁を経験する場合があります。
前立腺の問題:男性は、前立腺の問題が尿失禁を引き起こすことが多くあります。原因の一つ目は良性前立腺過形成ですが、より深刻なのは2番目の前立腺癌です。
神経障害:特定の神経障害は、膀胱の神経に影響を与え、尿もれの原因となります。この症状は「神経因性膀胱」と呼ばれ、実際に、パーキンソン病や多発性硬化症などで起こる可能性があります。
心理的要因:ストレスや不安も尿失禁の原因となることがあります。 6歳未満の子供のおねしょは、心理的要因による尿失禁の一例です。

あなたは大丈夫?尿失禁の原因と治療法 子供のおねしょ

こちらからさらに詳しく:子どものおもらしとおねしょについて

薬を使わない対処法

尿失禁の治療に、必ず薬が必要なわけではありません。

推奨事項の1つは、日中に飲む水分の量をコントロールすることです。

水分の摂取量を減らすことなくコントロールを行うためには、短時間で大量の水分を摂取するのを避けて、計画的に水を飲むことが大切です。

午前中により多くの水を飲み、その後は徐々に摂取量を減らしましょう。

おねしょをよくする子供の場合は、夕食を早めに食べるのが最善の方法かもしれません。

これは、食事と就寝時間までの間に十分な時間を取ることができるからです。

薬を使った治療法

自然な方法を試しても、尿失禁が改善されない場合は、必ず医師の診断を受けて正しい薬を服用することが大切です。

また何か別の病気を発症し服用薬がある場合は、その薬が尿失禁の原因となっている可能性があります。必ず医師に相談してください。

尿失禁を改善するためには、抗コリン薬と呼ばれる薬を使用します。この薬は膀胱が不本意に収縮しないようにするだけでなく、尿が膀胱に入る間、尿道が閉じたままになるようにします。

膀胱の筋肉が収縮しにくくする抗コリン薬は非常に効果的ですが、不快な副作用を引き起こす可能性があります。

また、緑内障と不整脈に苦しむ患者はこの薬を服用できません。

禁忌がない場合でも、副作用が強すぎる場合は、治療の中止について医師に相談してください。

最後に、自然な対処方法や処方薬の効果がない場合、最後の選択肢は手術です。

  • Madhuvrata P, Cody J, Ellis G, Herbison G, Hay-Smith E. Fármacos anticolinérgicos para el tratamiento sintomático de la vejiga hiperactiva en adultos. Cochrane Database of Systematic Reviews 2012 Issue 1. Art. No.: CD005429. DOI: 10.1002/14651858.CD005429
  • D.E. Irwin, I. Milsom, S. Hunskaar, K. Reilly, Z. Kopp, S. Herschorn, et al.Population-based survey of urinary incontinence, overactive bladder, and other lower urinary tract symptoms in five countries: results of the EPIC study
  • Eur Urol., 50 (6) (2006), pp. 1306-1315
  • Martínez Torres J, Rodríguez Adams E, García Delgado J. Tratamiento rehabilitador de las disfunciones del suelo pélvico. España: Editorial Académica Española; 2011. p. 2, 7.
  • Salinas J. Epidemiología de la incontinencia de orina en la menopausia. Revista Colombiana de Menopausia. 2014;5(3). Disponible en: https://encolombia.com/medicina/revistas-medicas/menopausia/vol- 5399/meno5399revison-incontinencia/