あなたには当てはまりませんか?/食道疾患の症状

· 11月 7, 2015

食道は人間の身体の中でとても重要な役割を果たしている器官で、食べ物や飲み物を運んでくれます。

でも私たちがその存在を感じるのは、すごく大きなものを飲み込んだ時や、思いのほか冷たいものや熱いものを飲んだ時ぐらいのものです。

食道の疾患で一般的なのは胃食道逆流症ですが、その他にも特有の症状を持つ疾患があります。

食道の疾患を発症すると、身体に必要な栄養分を正常に摂取できなくなる恐れもあるほどです。

本記事では食道の疾患についてご説明します。

食道の疾患とその症状

shokudou-no-ichi

1、食道無弛緩症

食道無弛緩症とは、輪状の形をした食道の収縮が止まり、食物を胃に正常に運ぶことができなくなる疾患です。

症状

・食べた物が食道にとどまって飲み込みにくい感覚がある。

・一時的に症状は治まるが、だんだん液体も飲み込みにくくなってくる。

・横たわると吐き気がしたり、濃度の高い液体を嘔吐する。

・嘔吐した物の味が通常の嘔吐物の味とは違う。(これは食べた物が胃まで達していないからです。)

・咳が出る。

肺炎を発症する

・胸から背中や下あごにかけて痛みがある。

・体重減少。

2、胃食道逆流症

胃は、食物を消化するために胃酸やペプシンを分泌していますが、その胃と食道の間にある弁に問題が生じると、胃酸が食道に漏れ出して食道に損傷を与えてしまいます

これが胃食道逆流症です。

症状

・胸や喉に焼けるような感覚がある。

・食べた物が喉に戻ってくる。

突然胃液が喉まで上がってきて、喉に刺激を感じる。

・夜、寝ている間に息ができなくなる

・吐血する。

・黒ずんだ便が出る。

・体重減少。

こちらの記事もご参考に:胃食道逆流症の人にオススメの食生活

3、食道静脈瘤

食道静脈瘤は、食道下部にある静脈が異常に拡張する疾患で、姫路赤十字病院は「食道の粘膜を流れる静脈が瘤(こぶ)のようにふくらんで曲がりくねってでこぼこになった状態」と定義しています。

またこの病気を発症しているときに肝臓が悪くなると、この静脈瘤が破れ、深刻な症状を発症するため注意が必要です

症状

・黒ずんだ便が出る。

・繰り返し嘔吐し、吐いたものは血液かコーヒーのようなものに見えます。

・目まい、寒気、脱力感がある…これらは失血していることを示しています。

4、食道がん

食道がんは悪性細胞が食道の組織を攻撃し、侵入して起こる疾患です。食道がんの原因のほとんどは喫煙ですが、まれに原因不明のものもあります。

症状

・液体も固形物も飲み込むことが困難になる。

・濃度の濃い、ねばねばの唾液になる。

・胸が痛む。

・飲み込む時に痛みを感じる。

胃酸過多:食道がんと胃食道逆流症の区別を難しくする原因。

・体重減少。

・持続性の咳が出る。

・しゃっくりが出る。

・肺炎を発症する。

・全身の骨の痛みと極度の疲労感がある。

・貧血になる。内出血が起こると黒ずんだ便が出たり、吐き気がする。

こちらの記事もご参考に:貧血を自然に緩和する7つの食品

いかがでしたか?この中に思い当たる症状がなかったでしょうか。もし思い当たる場合は、すぐに医師に相談し症状が悪化する前に治療しましょう。