科学的に証明/脳のメカニズムで禁煙に導く!

5月 27, 2017
あなたは禁煙したいと思っていますか? どうしてなかなか禁煙することができない人がいるのかということを調べた研究を見ていきましょう。

あなたは喫煙者ですか?  禁煙したいと思っていますか?

『JAMA Psychiatry』で紹介された、ある最近行われた喫煙習慣に関する研究では、ある重大な進展がありました。

この調査では、私たちの脳阻害メカニズムの強さまたは弱さが禁煙することが難しいか否かを決定づけることが発見されました。

自動的な行動

タバコを吸うことは自動的な行動であり、特定の回路によってコントロールされるのです。

多くの喫煙者の脳のこれらの回路は、破壊され正常に働くことができなくなっているのです。

一日一箱タバコを吸う人は、その習慣を機械化された、繰り返すものとしてしまっているのです。簡単に言えば、脳がこの行動に慣れてしまっているため、しなくてはいけないことだと認識しているのです。

これはニコチンを始めタバコに含まれる物質に対する中毒というものを超えてしまっています。

禁止制御回路の血液酸素化の値が低くなると、タバコを吸いたいという誘惑に打ち勝つ可能性が高くなるという研究結果があります。

どうしてタバコを止めるのが難しいかという説明にもなり得る、神経生物学的なはっきりとした決定要因があるのです。

このデータに基づき、様々な治療法の可能性について分析することが可能となります。

これらのセラピーは喫煙者の禁止制御回路内のコミュニケーションを強化することを狙いとすることができるかもしれません。つまり、喫煙を止めさせることができるかもしれないのです。

テストの詳細

この調査の始めには、専門家が何人かの喫煙者の脳の禁止制御回路を検査しました。

その喫煙者はニコチンに頼っており、数週間続くプログラムで禁煙を目指すと決意していました。

プログラム開始当初、研究者は脳の活動をモニターするため、機能的磁気共鳴画像法(fMRI)を使いました。同時に、禁煙したいと望んでいる患者が禁止制御タスクを行いました。

研究の参加者は、スクリーンに色のついた円が現れる度にコンピューターのキーを押すことが求められました。

時には別の色の円が現れました。

血液中の酸素に関連する反応は、”稀な”円が現れた時にキーを押すという自動的な反応を抑制するため、脳がより機転を利かせたということを示しています。

研究結果

2ヶ月後、禁煙したいと参加した人のうちの50%が辞めてしまおうとしました。

喫煙習慣を断ち切ることに失敗した患者は、禁止制御タスクでは禁煙に成功する人と同じスコアを示しました。

しかし、この研究の結果の一つとして、このグループの自動的な行動はとても強く、とても

これらのテストは、なぜ喫煙者の中でも禁煙に成功しやすい人とそうでない人がいるかということは生物学的差異が説明できることを明言しています。

禁煙したいなら是非取り入れたい習慣

禁煙に向けた最初のステップは、タバコを吸うチャンスがあるのはいつなのかをはっきりとさせることです。

朝起きた時かもしれませんし、食後やセックスの後、運転中でしょうか?

また、家族、友達、同僚などの協力を得るのも良いですね。

  • 家族や友達、同僚に協力してもらう場合は、まず禁煙を目指していることを話しましょう。そして、持っているタバコは全て手放しましょう。
  • 衣類や家具など、タバコの匂いが付いてしまっているものは全て取り除くか綺麗に匂いを落としましょう
  • タバコを置いていた場所にキャンディやクッキーを置くのも良いでしょう。
  • 特に神経質な人やじっとしていられないタイプの人に良いのは、手を使う活動をして楽しむことです。
  • 携帯電話でゲームをしたり、クロスワードパズルなどをしましょう。

新しいライフスタイル

毎日の習慣やスケジュールを変えなくてはいけないでしょう。これが禁煙へとつながるのです。

例えば、食事は一度に多く食べるのではなく、少量を何度も食べる、部屋を変える、家具を変えるなどです。

禁煙したいなら、エクササイズももちろんオススメです。ストレスや不安感が減らされるだけでなく、身体的・精神的に満たされ、タバコを吸いたいという欲求を減らすことにつながるのです。

あなたへおすすめ