愛と執着心の違い

· 12月 13, 2017
その気持ちは愛情なのでしょうか、執着心なのでしょうか。愛情が執着心に変わると同時に、相手は大切な存在から自分のためだけにあるべき存在へと変貌を遂げます。 その人を失うのを極端に恐れるようになるのです。どういうことなのか、もう少し詳しく見ていきましょう。

愛情というのは、時として激しくなり制御不能になることになり、気づかないうちに執着へとすり替わってしまう傾向があります。

相手に対する深い愛情と執着の違いを、自分で認知して自覚するのは容易ではありません。

今回は愛情と執着心の基本的な違いをいくつか紹介します。

愛情か執着心か

独占欲

カップル

相手に対する執着心が、徐々に独占欲を生み出すことがあります。

必要以上に二人の関係にこだわり、他人を寄せ付けない場合などは、独占欲が現れていると考えてよいでしょう。

相手の何もかもを支配したいと思うときは、独占欲に溺れているような状態で、実際二人で楽しく過ごしている時でさえ、猜疑心が芽生えます。

これと反対に、愛情とは、二人の関係において、いかに素直になれるのかという点に価値を見出します。

執着心と自尊心

自尊心が低いと執着を引き起こしやすくなります。

これは、「満足」という感情を知らないため、いつまでも手に入らないものばかりを求めて執着心が芽生えます。

どのような時でも自分を見失ってはいけません。

「この人がいなくなったら自分が自分でいられない」というのは錯覚です。

自分は自分だけでしっかりと生きていける自立した存在です。

こちらもご参考に:自分を好きになる方法

受け入れること

カップル

恋人と破局を迎えるときには、常に痛みが伴います。

最初は乗り越えられないように感じるかもしれませんが、時間の経過とともに受け入れ、乗り越えられるようになります。

しかし相手に対する執着心を持っているとそうはいきません。

心は痛くて悲鳴を上げているのに,その痛みにしがみつき、感情に流されてそこから抜け出せなくなります。

現実を直視できない状況に陥る人もいるため、自分の力ではどうにもできないと気づいたら、専門家に相談して、必要に応じてカウンセリングを受けるようにしてください。

相手だって一人の人間

執着心により相手が自分の所有物のように感じ、相手は自分だけのものだと思い込む人がいます。

また、相手が自分の側にいるのが当然で、その人なしでは生きていけないと思い込み、徐々に、相手も人格のある一人の人間であり、相手には相手の人生があるという事実を忘れて相手に執着してしまいます。

これとは逆に、相手が自由と自分の権利を謳歌する姿を思い浮かべ、相手が自分の人生を送ることを喜ぶことができるなら、これは愛情と呼ぶことができます。

思い通りに相手を操る

あやつられるひと

恋人同士や夫婦の関係で、片方が相手への興味を失うことがあります。

愛情を持っているならば、これはとても悲しい事実であり、受け入れられないように感じるかもしれませんが、愛情を持っていれば、やがて別れを決意できるようになります。

しかし愛情ではなく相手への執着心を持っていると、そうはなりません。

むしろ相手を攻撃の対象として考え、自分への興味を失ったことに対して、相手に罪悪感を抱かせようと画策します。

こちらもお見逃しなく:マニュピュレーターから距離をおく方法

コミュニケーションの大切さ

コミュニケーションと相手に寄り添う気持ちは,どんなカップルにとっても不可欠であり、愛情のある関係にこの2つが加わることで、あらゆることがスムーズに運びます。

しかし二人の関係に執着心が存在するとコミュニケーションがなくなる代わりに、相手が自分から逃げるのではないか、自分を見捨てるのではないか、どこかに置き去りにされるのではないかという不安だけが残ります。

そして徐々に現実から目を背けることになります。

愛情と執着は似て非なるものです。

悲しみ

この2つの「愛情」と、愛情もどきである「執着」の区別はつきましたか?

執着心にとらわれれば、結局のところ自分の心が深く傷つくだけです。

たとえすべての状況が変わったとしても、執着心を持っていては、完全に自分の感情のコントロールを失うだけです。

執着心から逃れられる唯一とも言える方法は、自分を見つめ直すことです。