あなたを幸せにするのはあなたを心から愛する人

· 10月 17, 2016

あなたを愛する人は、あなたを喜ばせるための最大の努力を惜しまず、あなたを幸せな気持ちにさせます。

「愛と苦しみは同義であり、恋愛関係を維持するために流す涙や苦しみは必要なことである」という恋愛論を唱える人が多くいますが、これは間違った考え方です。

この考え方は「真実の愛とは何か?」という質問への歪んだ答えであり、恋愛における「愛」に対する時代遅れで凝り固まったイメージに根づいたものです。

相手と真摯に向き合う健全な関係が恋愛です。

あなたを愛している人があなたを苦しめることはありません

人生のある瞬間、親しい人に次のように言われた経験はありませんか?

「恋愛が苦しいのは当たり前のこと。それを受け入れられないなら恋愛なんてやめてしまいなさい」

しかし、愛という定義の中に「苦しみ」は存在しません。

恋人を悲しませる人は、相手を心から愛していないか「不健全で間違った愛情」を抱く人だと、はっきり認識してください。

こちらの記事もご覧ください:あなたの心の傷が/愛する人を傷つけないように

 

黄金の涙

ロマンチックな愛? それとも苦しみを受け入れる愛?

「より多くの苦しみと独占欲の強い情熱的な恋愛こそが愛を深める」

これは、昔から映画や小説などでよく使われている恋愛における愛情に対する考え方です。

驚くべきことに、これはいまだに年配の人だけでなく若い人の間でも一般的な恋愛論です。

恋人を独占したりヤキモチを焼くことこそが愛情表現だと考える人も多くいますが、ヤキモチや独占欲は恋愛関係を危険な方向に導く行為です。

このような恋愛論を信じる人達は「恋愛の初期段階におけるロマンチックな愛は情熱に満ち溢れている」と言う考え方だけを鵜呑みにします。

心穏やかに相手を思いやる愛情こそが恋愛の次の段階、つまり成熟した大人の安定した恋愛へと発展していくことを理解していないのです。

ロマンチックな愛に苦しみは不可欠だという考え方や「恋愛中に悲しみの涙を流すのは当然であり、苦しみや涙を我慢して受け入れてこそ本当の恋愛だ」という考え方は絶対にお勧めしません。

破壊的で不幸な恋愛関係に陥る人々はたくさんいます。

破壊的と言われる理由は、このような恋愛関係では自尊心が完全に打ちのめされ、相手に過剰依存しながら、苦しみと涙に耐えて日々を過ごすからです。

恋愛には苦痛を伴わず、愛することは心や体の痛みの原因にはならないことを信じてください。健全な真実の愛は、決して破壊的な結果を招きません。

こちらの記事もご参考に:自尊心を高めるためのアドバイス

 

抱き合う二人

理性のある愛、成熟した大人の愛

愛のすべてを理解してこの世に生まれる人はいません。私たちは、落ち込んだり傷つきながら愛について学びます。また恋愛関係が終わりを迎えた時、改めて新しい自分を発見することもあります。

  • 失敗した時に自分を責めたり「愛に苦しみは不可欠だ」と考えてはいけません。
  • 理性のある愛とは、とてもシンプルで、自分を愛することと同じくらい私たちの人生に必要です。確固たる自尊心を持ち、自分に何が必要かをしっかりと理解することで、責任感のある健全で幸せな恋愛が始まります。
  • 成熟した愛は、私たちの内面から生まれ、素晴らしい恋愛関係へと発展します。
  • 自分に自信がある人は、相手を支配したいという独占欲や、相手に裏切られるかもしれない恐怖感に左右されることはありません。

あなたを愛し尊敬する人はあなたを信頼し、あなたを裏切ることは絶対にありません。

パートナー

愛する人を幸せにするべき

愛する人の幸せを探し求めることで、相手を幸せにするだけではなく自己形成に効果を発揮します。

恋愛において、悲しみの涙を流したり苦痛に耐えるのは全く意味のないことです。

「恋愛に涙や苦しみが伴うのは当然で、それが正しい恋愛のあり方だ」と考える人は、恋愛に関して破壊的で歪んだ考えを持つ人です。

自分のパートナーとの関係において、苦しみを経験するのは当然だと考える人も一部には存在します。しかし、恋愛で苦しみが生じるのは、たった一つのある明確な目的を達成する時のみです。

そうです、相手への独占欲と支配欲が芽生えたときです。独占欲と支配欲による苦しみは、同時にパートナーへの苛立ちにもなります。

あなたを幸せにしてくれる人といるときに自然と生まれる笑顔は、お互いの幸せと信頼から成り立つ関係を正常に保つための大切なエネルギーです。

大切にしてください。

愛する人を今大切にしましょう