水泳の健康上の利点について

水泳には多くの健康上の利点があります。この記事では、体に負担が少ない運動である水泳の利点についてお伝えします。
水泳の健康上の利点について

最後の更新: 17 10月, 2021

水中を動き回るときは、体の筋肉のほぼ3分の2を使用しているため、全身の運動になります。今回の記事では、水泳の健康上の利点について見ていきます。

水泳はさまざまな方法で適応できる運動であるため、体重を減らしたり、免疫力を高めたり、調子を整えたり、怪我を克服したり、事故後のリハビリをしたい人に最適です。この記事で、水泳の全身運動の利点をぜひ学んでみましょう。

水泳の健康上の利点

怪我をしていない人や身体に不自由がない人にとっては、活動の強度を変えることができるので水泳は素晴らしいスポーツです。自分で調節すれば、倦怠感や無理をしすぎることを心配する必要がなくなります。週に3回、各セッション約15〜45分間泳ぐことをお勧めします。下記で水泳の健康上の利点を見てみましょう。

柔軟性が向上する

上半身と下半身のほとんどの筋肉を動かすことで、多くの関節も機能します。その結果、筋肉を強化しながら、より広い可動域を発達させることができます。したがって、 柔軟性が向上し、怪我のリスクが減少します(主に背中)。

柔軟性が向上する 水泳

カロリーを消費する

適度なペースで1時間泳ぐと、最大500カロリーを消費すると言われます。したがって、ダイエットの目標を持つ人にとって理想的な運動です。

肺活量を増加させる

水泳は呼吸する力も鍛えるので、肺活量が多くなります。そうすることで肺がよりよく働き、血圧を調整し、そして血液に酸素を送り込むのを助けます。

ストレスを解消する

プールに入って、体の動きと呼吸にすべての注意を向けることで、よりリラックスした気分になります。水泳の最も優れた健康上の利点の1つは、ストレス、抑うつ障害、不安発作と戦うことです。さらに、運動するとエンドルフィンが放出されます。エンドルフィンは、ポジティブな感情を促進する脳の領域を刺激します。

慢性疾患に役立つ

水泳のもう1つの大きな健康上の利点は、糖尿病、喘息、高コレステロール血症などの慢性疾患に関係しています。水泳などの有酸素運動は、インスリン感受性を高め、呼吸器系を改善し、コレステロール値を調節します。

運動能力を向上させる

水泳は、筋肉の協調性、バランス、反応時間にプラスの効果をもたらします。つまり、運動能力の向上につながります。これは、体の成長と発達の過程で特に重要です。

怪我をしている人のための水泳の健康上の利点

水泳の一般的な健康上の利点がわかった次は、怪我をしている人にとっても最高の運動の1つであることに注目してみましょう。水泳は関節と骨のリハビリを助ける負担の少ない運動だからです。

骨折、靭帯の断裂、捻挫のリハビリ中は、水中での低負荷の運動から始めることをお勧めします。その後、リハビリの最終段階ではさまざまな水泳スタイルを取り入れることができます。

怪我をしているときの水泳

怪我からの回復に役立つ水泳と水中リハビリの方法は次のようなものがあります。

  • 水中ウォーキング:泳いでいるわけではありませんが、水中で立つので、理学療法士は腱炎と運動能力の回復のために水中でのウォーキングを推奨しています。水の深さは、怪我によって異なります。
  • 水中エクササイズ:これらのエクササイズは、リハビリを支援するために特定の筋肉を対象としています。
  • クロール:クロールの泳ぎ方は脊椎にあまり圧力をかけないため、腰痛や変形性関節症に最適です。クロールの動きは、広背筋、胸筋、三角筋、上腕三頭筋、および上腕二頭筋に作用します。
  • 平泳ぎ:この動きは中程度の強度なので、複雑な怪我のリハビリテーションプロセスの最終的な強化段階でのみ使用する必要があります。主に胸筋、 上腕二頭筋、上腕三頭筋、三角筋、広背筋、大円筋、僧帽筋、臀筋、大腿四頭筋に作用します。
怪我をしているときの水泳 リハビリ

注意事項

怪我に苦しむ人々は、リスクを回避するために特定の予防措置を講じる必要があります。例えば下記の通りです:

  • 水泳の前に、怪我が正しく治癒していることを確認してください。
  • 手すり付きのスロープまたは階段があるプールを選択してください。
  • リハビリ中は強度を強くしすぎることは避けてください。
  • 他の怪我を避けるために正しい水泳技術を習得してください。
  • 痛みが増した場合は運動をやめてください。

まとめ

お読みいただいたとおり、水泳には多くの健康上の利点があります。ただし、怪我をしている場合は、スイミングを開始する前に専門家に相談する必要があります。医師から、水泳をする際のリスクを教えてもらえるはずです。また、水中での運動に支障がある怪我がある場合は、医師の診察を受ける必要があります。

こちらの記事もおすすめです。
エクササイズと生理周期
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
エクササイズと生理周期

生理周期とは、はがれ落ちた子宮内膜と血液が膣から排出される生理で始まり、次の生理が始まるまでの期間を言います。この期間中に様々な段階があり、ホルモンの量が変化します。大まかに言うと、生理中や生理前は、ストレスの値が高く、運動パフォーマンスにも大きく影響を与えるでしょう。