新トレンド:半永久ネイル

· 1月 11, 2019
トレンドのジェルネイル。従来のマニキュアと違ってとても長持ちします。

マニキュアやネイルアートが好きな女性なら、おそらくネイルサロンでの最新トレンドである半永久ネイルについても聞いたことがあるでしょう。美しく上品なネイルを維持するには時間とスキルが必要になりますが、時間が経つと共にカレンダーは予定で埋まってしまって、ネイルの予約の時間が取れなくなってしまったりします。

ですが、この新しいネイルがあれば、友達がみなうらやましがるようなネイルを手先に半永久的に留めておくことができます。時間がないという言い訳は、もうネイルの手入れができないという理由にはなりません。今日は、このトレンドのネイルケアについてご紹介します。

半永久ネイルとは

半永久ネイルは、剥がれたり、欠けたりしない、より丈夫なポリッシュでできているため、20日間は完璧なネイルを維持できるという新しい技術です。従来のマニキュアとは違う最大の魅力は、ポリッシュがジェルでできているので爪の成長に適応し、より長い期間、素晴らしい見た目を維持することができるというものです。

このポリッシュは家でつけることもできますし、「ジェルネイル」サービスを行っているネイルサロンでやってもらうこともできます。

ブルーの爪 半永久ネイル

このネイルポリッシュは、従来のマニキュアと同様の手順を踏んでつけましょう。

  • 爪と甘皮を消毒します。
  • 爪をやすりにかけます。
  • 甘皮をキレイにし、角質やささくれを取り除きます。
  • 透明のベースコートかハードナーポリッシュを塗ります
  • 乾くまで待ち、乾いたら、半永久ネイルポリッシュを塗ります。
  • 光沢を出すために透明のトップコートを塗り、光を当てて乾かします。

また、この過程で使われているネイルポリッシュは普通のネイルポリッシュよりも強力なので、跡が残らないようにきれいに落とすには、特別な除光液が必要になることを覚えておいて下さい。

あわせて読みたい:爪のトラブルに効くナチュラルトリートメント

自分で半永久ネイルをつける方法

自分で半永久ネイルをつけるには、もちろん、半永久ネイルポリッシュ、爪の手入れツール、LEDランプなど必要なツールを全て持っていなければいけません。このタイプのマニキュアの利点は、ネイルが長持ちするので、ネイルの見栄えをさほど頻繁に気にしなくてよいところです。また、光沢もなくならないので、最低2週間はつけたてのように見えます。

この記事で紹介する以下の手順やコツにならって、プロにやってもらう代わりに自分でやってみましょう

手順

  • ベースコートを塗ります。
  • 色のついたネイルポリッシュを2回に分けて塗ります。
  • 最後に、透明なトップコートで仕上げます。

最初に気づく従来製のものとの違いは、ネイルポリッシュを塗る度に、ランプで乾かさないといけないところです。また、もう1回分、続けて塗るには約30秒間待たなければいけません。

必要な分を全部塗って完全に乾いたら、ネイルポリッシュを完全にコーティングするのに消毒用アルコールを少し塗りましょう。自分でネイルを完成させるには全行程に大体30分程かかります。

爪を塗る 半永久ネイル

半永久ネイルはどれくらい持続する?

持続期間に保証はありません。人は誰しもマニキュアの質に影響を与えるようなことをしてしまうためです。

一般的に2週間は保証されていますが、全ては覚えておくべきいくつかの側面次第です。

  • 自爪の成長速度
  • 定期的に手を使ってする作業の種類
  • 自爪の質や質感(人によって爪の硬さが違うため

この記事も読みたい:爪の成長を促進する自家製トリートメント5選

最後に

こうしたジェルネイルをつけると決めた人に、ネイルケアに必要な実用的なコツをここにご紹介しましょう。

  • 爪を噛む癖のある人は、ジェルネイルの使用は避けるのがベストです。
  • ネイルに湿気が蓄積すると、真菌が繁殖します。
  • 爪がとても薄く弱い人はこのタイプのネイルポリッシュは使わないで下さい。
  • ジェルネイルが初めての人は、ネイルサロンで働くプロに自分の爪を見てもらって、ジェルネイルが自分に適しているかどうか見定めてもらいましょう。
  • ジェルネイルを落とす時は、エナメルを全てきちんと取り除くことが大切です。