執着から抜け出す方法

執着から抜け出すのは簡単ではありません。何を試しても良い結果が得られなかった場合は、ここでご紹介するアイデアを試してください。
執着から抜け出す方法

最後の更新: 16 12月, 2021

強迫観念は、心を攻撃する考えによって引き起こされる気分の乱れです。 強迫性障害(OCD)や強迫性パーソナリティ障害(OCPD)など、多くの種類の強迫観念があります。何かに心が執着していると思うなら、この記事でご紹介する、強迫観念から自分を解放する方法についてヒントを読んでみてください。

執着は、愛が生む感情だとか、清潔さへの固執としてしばしば考えられますが、執着とは何かに夢中になり、しばしば強迫観念だけに依存するようになる可能性もありますオルトレキシア、ブランコレクシア、およびタノレキシアは、その例です。

執着から自分を解放するためのステップは、上記の例でいう摂食障害の衝動を克服するのに役立ちます。ただし、訓練を受けた専門家の助けは絶対に必要だと覚えておくことが重要です。

執着から抜け出すための7つのステップ

専門家によると、強迫観念は、自生と反応の2つのカテゴリに分類できます。自生の強迫観念は、識別可能な外部刺激なしで発達しますが、反応性依存症は、この刺激が現れることを必要とします。

執着から抜け出すことは不可能だと思う人も多いです。 しかし、さまざまな研究調査により効果的な治療が可能であることが示されているため、これは誤った考えです。一部の心理学者は、執着を克服するためにグループセッションを提案していますが、個別のセッションを開始することを選択することをお勧めします

執着心が治療できるようになるには、それに伴うすべての症状(不安、うつ病、恐怖など)を知ることが非常に重要です。自分を解放するためにあなたが取ることができる7つのステップを見てみましょう。

1.専門家の助けを求める

専門家の助けを求める 執着
心理学者は、執着や脅迫観念の発症を軽減することを目的とした治療法を正しく実践するように訓練されています。

執着を克服するためにできる最も賢いことは、まずは専門家の助けを求めることです。一般的に、ほとんどの執着は心理療法または薬物療法で治療されます。メンタルヘルスの専門家に頼ることは、執着から抜け出すための最初のステップです。

こちらもお読みください:メンタルヘルスと無オルガズム症の関係

精神科のイメージに何かネガティブなことがあって、助けを求めることに警戒するかもしれません。でも、克服したい場合は、そんなイメージを排除する必要があります。心臓に繰り返し不快感を感じるときに心臓専門医に行くのと同じように、治療できる状態があるなら、心理学者に行ったって当然のことです。

この種の状態の予後は非常に良好ですが、自分に最も適した治療モデルを見つけるまでに、おそらく多少の時間がかかるでしょう。また、多くの執着は子供時代または青年期のトラウマによるものであることを忘れないでください。症状の背後にあるものを発見することは、問題を克服するのに非常に役立ちます

2.強迫観念から解放されるには、強迫観念から気をそらす

強迫観念から自分を解放するための2番目のステップは、 強迫観念から意識をそらすことです。外部からの刺激なしに発生する自生の強迫観念は、人と過ごして賑やかでいるときよりも、一人でいるときに起こる可能性がはるかに高いのです。

このため、友達と一緒にいたり、強迫観念が頭に浮かぶのを防ぐようなことを何かしたりして、気を散らしてみてください。本を読んだり、散歩に出かけたり、映画館に行ったり、スポーツをしたりです。執着が頭の中で形になっていると感じたらすぐに、他の何かに注意を向けるようにしてください。

3.自分を孤立させない

前の考えにも関係しますが、ひとりになるような環境は避けるのが大切です。つまり、友達や家族とのコミュニケーションをすべて遮断せず、一人で強迫観念と戦おうとしないでください一人で立ち向かおうとすれば、おそらく執着に完全に屈服し、執着する心がますます深くなるかもしれません。

救いの手は、常に大きな助けになります。自分を孤立させることは決して解決策ではなく、不安やうつ病などの症状を実際に増加させる可能性があります。あなたの執着を誰かと共有することに警戒するのは当然ですが、最初のステップで書いた専門医の話を覚えておいてください。

4.執着の源から離れる

アルコール依存症を克服するのと同じように、原因のもとから逃げなければなりませんよね?

執着心を克服するには、執着の源につながる原因を断ち切る必要があります。もちろん、簡単ではありませんが、徐々に行うことから始めます。

執着とのつながりを突然断ち切ると、離脱症状に苦しむ可能性があります。理想的には、強迫的な思考を引き起こすことなく、強迫観念の対象と一緒に暮らすことを学んだ方がよいでしょう。まずは、原因になりそうなものから離れるべきです。

非常に簡単な例を挙げると、掃除に以上に執着している場合は、他の誰かに家の掃除をしてもらうようにしてください。また、必要な量のクリーニング用品だけを用意するようにしてください。これには固い意志とコミットメントが必要です。ただし、前の3つのステップを考慮に入れて、執着から解放されれば、今後はうまく管理できるようになります。

5.新しい習慣を始める

新しい人生の目標に考えを集中させることは非常に重要です。何でもかまいません。重要なことは、それがこれまで上で紹介したことと矛盾しないことです(つまり、自分を孤立させたりしない目標を立てましょう)。

編み物、ヨガ、絵画、執筆、慈善団体でのボランティア、料理教室、ダンス教室、釣り、ガーデニング、写真撮影、歌などは趣味のほんの一例です。人生の新しい見方を見出すのを助けるだけでなく、執着を手放す助けにもなるはずです。

6.瞑想する

瞑想する
瞑想を通して熟考とリラクゼーションを実践することは、強迫観念を手放すために重要です。

専門家研究者が示すように、瞑想は執着に対処するための確かなツールです。また、強迫性障害に伴うことが多い不安、うつ病、緊張に対処するための代替手段でもあります。言うまでもなく、グループで練習する場合は、隔離を回避するための優れた戦略でもあります。

瞑想は、これらのタイプの障害に対処するための過小評価されているテクニックです。その利点を過小評価しないでください。また、衝動を制御するのに役立つことに気づいたら、瞑想を放棄するべきではありません。必要に応じて、自宅で練習を開始し、慣れたらグループセッションに参加することを検討してください。

7.執着は人生の優先事項ではないことを理解する

最後に、執着から自分を解放するためにできるもう1つのことは、執着があなたの人生の優先事項ではないことを理解することです。

今、執着していることについて考えてください。その性質に関係なく、おそらく良いことよりも害を与えているものではないでしょうか。さらに、それを完全に減らしたり排除したりしても、健康に何の影響も及ぼさない行動である可能性があります。

もちろん、これだけを理解しても執着はすぐに消えませんが、手放すことをがんばり続けるための励ましになるでしょう。強迫観念が自分を傷つけ、不健康にさせ流もので、人生で必要ではないことを知っていると、きっと克服しようと思うようになります。

最後に、これらのヒントがお役に立てば幸いです。自分で闘おうとしても問題はありませんが、専門家の助けが不可欠だと覚えておいてください。自分の執着が手に負えなくなったら、必ず専門家に相談してください。

こちらの記事もおすすめです。
【ストレス溜めてないですか?】感情の健康のケアをしよう
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
【ストレス溜めてないですか?】感情の健康のケアをしよう

感情の健康 を持つことは、ストレスの多い状況での自分の反応をよりよくコントロールするのに役立ちます。多くの場合、身体的な健康に焦点を当てがちではないでしょうか。困難な状況に対応するために感情のバランスを保つことがどれほど重要であるかに気づかないのです。



  • Lee, H. J., & Kwon, S. M. Two different types of obsession: autogenous obsessions and reactive obsessions. Behaviour research and Therapy. 2003; 41(1): 11-29.
  • Krisanaprakornkit, T., Sriraj, W., Piyavhatkul, N., & Laopaiboon, M. Meditation therapy for anxiety disorders. Cochrane Database of Systematic Reviews. 2006; (1).
  • O’Connor, K., Freeston, M. H., Gareau, D., Careau, Y., Dufour, M. J., Aardema, F., & Todorov, C. Group versus individual treatment in obsessions without compulsions. Clinical Psychology & Psychotherapy. 2005; 12(2): 87-96.
  • Shannahoff-Khalsa, D. S., Ray, L. E., Levine, S., Gallen, C. C., Schwartz, B. J., & Sidorowich, J. J. Randomized controlled trial of yogic meditation techniques for patients with obsessive-compulsive disorder. CNS spectrums. 1999; 4(12): 34-47.
  • Woody, S. R., Whittal, M. L., & McLean, P. D. Mechanisms of symptom reduction in treatment for obsessions. Journal of consulting and clinical psychology. 2011; 79(5): 653.
  • Whittal, M. L., Woody, S. R., McLean, P. D., Rachman, S. J., & Robichaud, M. Treatment of obsessions: A randomized controlled trial. Behaviour research and therapy. 2010; 48(4): 295-303.