冷凍保存OKの離乳食10選

冷凍できる離乳食を知っていますか? 赤ちゃんの食事を変えたり、食事の準備時間を短縮できるいくつかのオプションをご紹介します。
冷凍保存OKの離乳食10選

最後の更新: 31 10月, 2021

親が多く時間を費やすものの1つは、子供たちの食事の用意です。皮をむいて、種を取り除いて、刻んで、混ぜて、茹でて・・・としている間に、あっという間に時間はなくなります。だからこそ、冷凍保存可能な離乳食の選択肢はとても心強いのです。

冷凍は食品を保存するための優れた方法です。適切な食品を選択し、いくつかの注意点を守って、栄養素、風味、食感を維持するのに気をつければ大丈夫です。

離乳食を冷凍するために必要なもの

離乳食を冷凍する前に、必要なものリストを作りましょう。これにより、冷凍庫を整理して鮮度を最大限に保つことができます。メルセデス・ピケラ氏よると、ほとんどの食品は、解凍後も元の特性、栄養価、風味、香りを保持できるそうです。

粘着テープと油性ペン

準備する食品の中には、ニンジンのピューレやピーチジャムなど、同じような色のものもありますが、これは混乱を招く可能性があります。そのため、袋分けなどをして、中身の名前と作った日付で識別する必要があります。

角氷トレイ

角氷トレイは、小さく分けて保存できるため、離乳食を冷凍する最も簡単な方法です。柔らかい素材の角氷トレイは、離乳食を取り出すことに関しては、固いものよりもやりやすいです。

トレイがない場合は、解凍時に扱いやすい小さなプラスチック容器でも代用できます。

マフィン型

マフィン型は氷トレイのように使えます。離乳食が凍ったら、プラスチック製のフリーザーバッグまたは蓋付きのプラスチック容器に移すこともできます。

離乳食を冷凍するために必要なもの
冷凍に適したビニール袋使いましょう。

クッキートレイ

離乳食をワックス紙やパーチメント紙で覆って冷凍したい場合は、クッキーを焼く時に使うトレイを使用することもできます。ピューレをスプーンでトレイに詰めたり、角を切り取った袋を使って、絞り出すこともできます。

フリーザーバッグ

ロベルト・マッシーニ教授によると、冷凍食品は冷凍焼けから保護する必要があります。これは、食品が汚染されたり、損傷したり、脱水したりする可能性があるからです。

フリーザーバッグは、冷凍食品を保護するための優れたオプションです。大きなバッグを使用して、より多くの量を保存することも可能です。そしてもちろん、食品の名前と作成日を書くことを忘れないでください。

どのような食品を冷凍できますか?

化学技術者のチームによると、ゆっくりと凍結すると、大きくて鋭い氷の結晶が形成されるそうです。結晶は食品の構造を破壊する可能性があるので、冷凍する前にすりつぶすかピューレにすることをお勧めします。

1.カボチャは冷凍離乳食に最適

カボチャなど、芋類を使用できます。雑誌Perspectivesin Human Nutritionは、ビタミンAの前駆体であるベータカロチンが豊富であるため、カボチャを推奨しています。さらに、赤ちゃんは甘い味が好きです。

カボチャを洗って皮をむき、細かく切って5〜8分煮るだけ。その後、水気を切り、手動またはフードプロセッサーでピューレ状にすりつぶします。

2.牛肉、鶏肉、魚

これらは乳児のタンパク質の主な供給源です。柔らかくなるまで野菜のブイヨンで煮込みましょう。次に、すりつぶし、少量のオリーブオイルを加えて、ピューレに変えます。

3.ブルーベリー、イチゴ、さくらんぼ

ガルゾン博士は、これらの果物には、体に抗酸化作用があることで知られる生物活性色素であるアントシアニンが豊富に含まれていると説明しています。また、便秘を防ぐのに役立つビタミンCと繊維が含まれています。

新鮮なものをブレンドして直接冷凍するか、10分ほど火を通すことができます。火を通すことで糖分を濃縮し、ピューレに甘い味を与えます。ブレンドする前によく洗うことを忘れないでください。

4.桃

スペイン栄養財団によると、桃はカリウム、ビタミンC、カロテノイド、抗酸化物質が豊富です。また、クマリンと呼ばれる天然の香りと風味の物質が含まれています。

種を洗い、皮をむき、取り除いた後、それらを切り刻み、フードプロセッサーで粉砕します。天然の糖分を抽出するために、少量の水で約15分間調理します。ピューレを室温で休ませてから、パックして冷凍します。

5.ビーツとニンジン

赤ちゃんが早くに食べ始めることができる2つの根菜はビーツとニンジンです。これらの野菜の甘さは通常、子供のお気に入りになります。

ニンジンには、ビタミンA、繊維、カリウムに変換されるベータカロチンが含まれています。ルイス・レイバ教授は、ビートの栄養上の利点について語っています。糖分、食物繊維、葉酸、鉄、カリウム、および抗酸化物質を含んでいるそうです。

水溶性植物化学物質や栄養素の損失を避けるために、皮をつけたまま茹でるのがおすすめです。柔らかくなったら、皮をむいてつぶします。冷ましたら、冷凍庫で保管できます。

6.サツマイモ

サツマイモは、でんぷん、糖分、カロテノイドが豊富な根菜です。ジャガイモと似た外観と食感で、ピューレの作り方に最適です。

洗って皮をむき、細かく刻む。その後、15〜20分または柔らかくなるまで煮ます。冷ましてからマッシュして冷凍庫に保存しましょう。

7.豆、レンズ豆、インゲン

マメ科植物は離乳食に不可欠です。これらの豆類は、植物性タンパク質、でんぷん、繊維の供給源です。また、亜鉛、鉄、マグネシウム、カルシウム、リン、ビタミンB群も豊富に含まれています。

マメ科植物の調理時間は、柔らかいかどうかによって異なる傾向があります。乾燥豆を8時間ほど水に浸してから調理して柔らかくすることをお勧めします。レンズ豆は、浸さずに15〜20分で柔らかくなります。

柔らかくなったら、フードプロセッサーに入れてピューレにします。にんにくや玉ねぎを少し混ぜて味を引き立てるのもおすすめです。冷凍庫に長期間保存が可能です。

豆、レンズ豆、インゲン
マメ類は大人と子供の両方にとって栄養が豊富で、多くの栄養素が含まれています。

8.トウモロコシ

コーンは、粉砕と冷凍に最適です。この穀物には、水分、繊維、タンパク質、糖分が豊富に含まれています。赤ちゃんが噛むのが難しいので、殻を取り除くために6時間水に浸す必要があります。

その後、約45分間火にかけ、休ませます。その後、ブレンダーで少量のオリーブオイルと水で混ぜます。形成されたペーストは、冷凍する前に濾す必要があります。

9.ズッキーニ

ズッキーニは消化しやすい野菜で、そのマイルドな味わいは、子供の間でも人気です。水分と食物繊維が豊富です。

洗った後、細かく切ってにんにく、玉ねぎ、ねぎで炒めます。にんじんやさつまいもと混ぜても大丈夫です。次にブレンドすると、凍結する準備が整います。

10.カリフラワーとブロッコリー

カリフラワーとブロッコリーは、アブラナ科の野菜の同じファミリーに属しています。 スペインの農業消費者局によると、ブロッコリーにはビタミンA、K、葉酸、ビタミンCが含まれています。ニコラス・ペドレロス教授は、生物活性化合物の供給源としてカリフラワーを強調しています。

5分間蒸して柔らかくすることができます。次に、マッシュして室温で冷ましてから冷凍します。

冷凍には不向きな食品

すべての食品が冷凍に適しているわけではありません。中には不快な茶色を帯びたり、非常に水っぽくなり、風味を失うものもあります。

ある 専門家グループは、色を改善するために、 レモンを絞るか、食品を3分間蒸すように勧めています。冷凍に不向きな食品には次のものが含まれます。

  • 洋ナシ
  • アボカド
  • プラム
  • アプリコット
  • キュウリ
  • キウイフルーツ

離乳食を冷凍する方法のヒント

栄養価に影響を与えずに安全に冷凍するためのヒントを次に示します。

  • コンテナについて。隙間がないように、しっかりと密閉する必要があります。消毒し、注意深く洗浄する必要があります。できれば熱湯で殺菌してください。また、調理した日付と名前を必ず書いてください。
  • 梱包するときは十分なスペースを残してください。冷凍すると量が増えます。そのため、タッパーや袋の一番上まで入れないでください。冷凍中に食品がこぼれる可能性があります。
  • ピューレの調理について。ピューレに塊がないように、食品を適切に茹でる必要があります。塩を加えないでください。そして、凍結する前にピューレが十分冷ました状態であることを確認してください。小さじ1杯の油は加えても大丈夫です。

離乳食は、自家製だと、より安全で、安く、栄養価が高くなります。マッシュポテトやピューレを冷凍することは、毎日新しく準備する時間の短縮になります。

こちらの記事もおすすめです。
離乳食に切り替える時に知っておきたいこと
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
離乳食に切り替える時に知っておきたいこと

生後6ヶ月ごろになると、赤ちゃんの食生活に重要な変化が起こります。そう、これは 離乳食 へ 切り替える 時期なのです。赤ちゃんに離乳食を与えることは、親にとっては大変なことですが、赤ちゃんの体は固形食を食べる準備ができています。